F-Secure FREEDOME

ソート順:
この記事は、次の FREEDOME マルチデバイス サブスクリプションを対象としています。次の形式の FREEDOME サブスクリプション コード: AAAA-BBBB-CCCC F-Secure TOTAL のサブスクリプション
記事全体を表示
Android デバイスで Play Store を開き、「F-Secure FREEDOME VPN」を検索します。
記事全体を表示
F-Secure FREEDOME VPNのサブスクリプション コードを紛失または忘れた場合、次のいずれかを行います。F-Secure の Web ストアから F-Secure FREEDOME VPN を購入した場合、F-Secure カスタマサポートにお問い合わせください。サブスクリプション...
記事全体を表示
症状 Freedome VPN の接続が頻繁に切れるようになった。 診断 お客様の Freedome VPN 接続が頻繁に落ちる場合、電話またはタブレットで optimizer アプリが作動している可能性があります。 Optimizer アプリは Android デバイスのベンダーカスタマイズ・バージョンに組み込まれていて、デバイス中の F-Secure Freedome を無音で制止します。Optimizer はデバイスのバッテリーやその他のシステム資源をセーブします。Optimizer によると、Freedome はバックグラウンドで動作する必要がないようです。 解決方法 一般的に、お客様が optimizer アプリを設定して特定のアプリを無視することができます。お客様の optimizer アプリで可能な場合、F-Secure Freedome を許可アプリのリストに追加してください。 関連情報 Freedome VPN の接続は Samsung デバイスで頻繁に切れます Freedome VPN の接続は Huawei/Huawei Honor デバイスで頻繁に切れます この記事を英語で表示する
記事全体を表示
この記事は Android デバイスにのみ適用します。 Freedome が初めて VPN 接続を試みる際、ダイアログが表示されます。このダイアログで、Freedome が全てのネットワーク・トラフィックのインターセプトに関する許可を求めます。同様のダイアログが、デバイスの再起動の際にも Freedome の再起動の際にも表示されます。 Freedome を正常に動作させるためには [アプリケーションを信頼する] を選択します。 [OK] をタップします。 [アプリケーションを信頼する] チェックボックスを選択できない場合、他のアプリケーションがダイアログの上部を覆っている可能性があります。原因となるアプリで分かっているものは、Lux Brightness、Night Mode、および Twilight です。 この問題の回避には、バックグラウンドで動作している可能性のあるアプリを全て閉じます。 この記事を英語で表示する
記事全体を表示
症状 Samsung のデバイス上の Freedome VPN を接続する際、お客様の Freedome VPN 接続が不安定であるか、断続的な接続の中断が起こっています。 診断 Samsung の Smart Manager は、Freedome がバックグラウンドで動作することを無音で制止し、デバイスのバッテリーやシステム資源を節約します。 解決方法 Smart Manager が Freedome を停止することを防ぐために、Freedome を無効にします: Smart Manager アプリを起動します。 [バッテリ] にタップします。 アプリの最適化オプションで、[詳細 (Detail)] をタップします。 一覧から Freedome を見つけ、タップします。 注: リストはアルファベット順である必要はありません。 アプリの最適化ダイアログで [無効にする] を選択します。 注: Smart Manager アプリで使用する妥当な表現はバージョンに依存します。 関連情報 Freedome VPN の接続が Huawei/Huawei Honor デバイスで頻繁に切れます この記事を英語で表示する
記事全体を表示
症状 Huawei または Huawei Honor のデバイス上の Freedome VPN を接続する際、お客様の Freedome VPN 接続が不安定であるか、断続的な接続の中断が起こっています。 診断 Huawei の Emotion UI (EMUI) は、Freedome がバックグラウンドで動作することを無音で制止し、デバイスのバッテリーやシステム資源を節約します。 解決方法 EMUI による Freedome の制止を防止するためには、お客様は Freedome を保護アプリとして EMUI 設定にロックする必要があります。 注: EMUI のバージョンによって手順が異なることがあります。 [節電] の EMUI デバイス管理設定では、デバイス節電モードを [ノーマル/スマート] または [パフォーマンス] に設定します。 Freedome アプリを、EMUI 設定 (EMUI 3.x) あるいはデバイス管理アプリ (EMUI 4.0)経由の [保護アプリ] と定義します。 オープン・アプリケーションのリストを開くか、Freedome アプリをリストに少しだけドラッグして、Freedome アプリを手動でロックします。 注: お客様は、デバイスの再起動後には上記ステップを再度行う必要があります。これは、デバイスを再起動すると EMUI の設定は初期化されるからです。 関連情報 Freedome VPN の接続が Samsung デバイスで頻繁に切れます この記事を英語で表示する
記事全体を表示
FREEDOMEのマルチデバイス サブスクリプションは、3、5または7台のデバイスで構成され、F-Secure または F-Secure の公式リセラー (代理店) から入手できるサブスクリプション オプションです。1台のデバイスは、マルチデバイス...
記事全体を表示
F-Secure Freedome では、お客様のネットワーク・トラフィック全てが経由するロケーションを選択できます。例えば、ドイツ在住のお客様が Freedome ではフィンランドをバーチャル・ロケーションとしてお選びの場合、お客様のトラフィックは全てフィンランドにある当社ゲートウェイ・サーバを経由します。 インターネットには Geolocation サービスや GeoIP サービスがあります (例: http://www.whatismyip.com/)。これは、アクセスの際にお客様の IP アドレスのロケーションを確認するものです。ほとんどの場合は問題なく機能します。上記の例で説明しますと、ドイツのユーザーはサービスの利用によってフィンランド経由の接続になっていると理解します。 しかし、こういったサービスは常に期待通りに機能するわけではなく、IP アドレスの地理位置情報が常に信頼できるわけでもありません。対象となる IP アドレスを所有するユーザーが多国籍企業であることもあります。例えば、オランダの企業が日本の位置情報を有する IP アドレスを所有していることもあり得ます。GeoIP データベース・プロバイダーは多岐にわたります。これらのプロバイダーは IP アドレスの位置付けを様々な国や都市に分散しようと試みますが、こういったデータベースは包括的なものではなく、そもそも情報として正しいものかどうかも分かりません。当社の日本の事例で考えると、IP アドレスが GeoIP サービスではオランダの IP アドレスとして表示される可能性もあります。 F-Secure Freedome で利用できるバーチャル・ロケーションの国は全て、当社ユーザー・インターフェースに表示してあります。GeoIP サービスで別の国が表示されているかもしれませんが、信頼なさらないようご注意ください。 この記事を英語で表示する
記事全体を表示
F-Secure Freedome を使い始めると、お客様のネットワーク・トラフィックを以前とは全く異なる方法で扱うことになります。F-Secure Freedome は、バーチャル・プライベート・ネットワーク (VPN) 製品であり、ネットワーク・トラフィックを全て継承し、暗号化してから、お客様がご選択あるいは製品が自動選択したバーチャル・ロケーション経由で送信を行います。Freedome をご利用にならない場合、お客様のネットワーク・アクセスは全て、何も経由せず直接的になります。 Freedome は、お客様がいかなるバーチャル・ロケーションをご利用になっていてもネットワーク・トラフィックを全て暗号化し送信するので、ネットワークの距離によって観測されるネットワーク速度に対してオーバーヘッドが生じます。原則として、バーチャル・ロケーションのネットワーク化が進めば進むほど、データの転送時間が長くなります。データは同じルートで戻ってくる必要があるのでご注意ください。お客様が例えばスウェーデンに滞在し、オーストラリアのバーチャル・ロケーションの利用を選択していると仮定してみてください。たとえお客様がスウェーデンのニュース・サイトを読んでいるとしても、ネットワーク・トラフィックは全てオーストラリア経由になります。 最も近いバーチャル・ロケーションが分からない場合も時々あります。従って、速度に問題があるようなら他のバーチャル・ロケーションを試してみる価値があります。当社では、ユーザーに速度の制限を課してはいませんが、バーチャル・ロケーションの中に他のユーザーによる使用が非常に活発なものがあれば、ネットワーク速度も落ちることになります。 この記事を英語で表示する
記事全体を表示