キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

F-Secure SAFE

ソート順:
何らかの更新エラーが発生した場合、コンピュータがインターネットに長時間接続されていないか、コンポーネントの自動更新がブロックされてインストールがブロックされている可能性があります。アップデートは7日過ぎた時点で「古い」とみなされます。 1. 最新のアップデートを確認します...
記事全体を表示
通常、ネットワーク インストーラのサイズは小さく、初期ダウンロードがすぐに終わります。追加コンポーネントのダウンロードを管理するため、インストールの信頼性が高くなります。
記事全体を表示
家族や友達 (サブユーザ) を My F-Secure のグループに招待することでライセンスを共有できます。これにより、余ったライセンスを効率よく他のユーザのデバイスで使用できます。サブユーザを最大で8ユーザ追加できます。
記事全体を表示
いいえ、その必要はありません。ウイルスとスパイウェア スキャンはリアルタイム スキャンを含み、コンピュータにリアルタイムでウイルスのスキャンが実行されることを意味します。スケジュール スキャンは1~2週間ごとに行うことを推奨します。
記事全体を表示
有効なアカウントがないと、F-Secure SAFE または F-Secure TOTAL でデバイスを保護することができないため、My F-Secure に登録する必要があります。まず自分の My F-Secure...
記事全体を表示
ファイアウォールを無効にすると、すべてのネットワーク ファイルを許可できます。
記事全体を表示
コンピュータにマルウェアやリスクウェアが一切存在しないことを確認したい場合、コンピュータの完全スキャンを実行してください。マルウェアスキャンとハードディスク スキャンを両方行なうため、最も長く時間がかかります。また、ルートキットによって隠されているアイテムもチェックします。
記事全体を表示
追加のライセンスが必要ですか? 次の方法で F-Secure のライセンスを追加できます。オンライン決済は F-Secure の電子商取引パートナーである cleverbridge が処理します。
記事全体を表示
F-Secure の「ブラウザ保護」は、F-Secure SAFE に含まれているブラウザの拡張機能/アドオンです。この拡張機能は現在、Internet Explorer、Firefox、Chrome、および Safari で利用できます。拡張機能は F-Secure SAFE...ブラウザで拡張機能を有効にすると、ブラウザ保護 (モバイル デバイスでは「セーフ ブラウジング]) は暗号化された (HTTPS) トラフィック (データ通信) と非暗号化 (HTTP) トラフィックを両方サポートするため、安全なブラウジングと安全なインターネット バンキングを実現できます。ブラウザ保護は、有害な Web サイトや不審な Web サイトをブロックして、コンピュータや個人データの安全性を保証します。たとえば、望ましくない Web ページは「ブロックページ」通知でブロックできます。 また、HTTPS...
記事全体を表示
「My F-Secure」はセキュリティを管理できるホーム画面です。F-Secure SAFE または F-Secure TOTAL のサブスクリプションで保護されているすべてのデバイスを管理できるポータルで、さまざまなデバイスのセキュリティ保護を設定できます。
記事全体を表示
変更されたホスト ファイルは、ホストファイルエントリを手動で変更した場合でも、使用するプログラムであっても、検出(リダイレクトされたホスト ファイル) を引き起こす可能性があります。当社のセキュリティ製品のスキャン エンジンは、ホスト...
記事全体を表示
この記事は、F-Secure SAFE のサブスクリプションを手動で更新することを選択した場合に適用されます。サブスクリプションが終了し、F-Secure SAFE のサブスクリプションを更新するための通知を受け取った場合、次のようにしてください。
記事全体を表示
ファイアウォールが有効になっている場合、コンピュータとのアクセスが制限されます。一部のアプリケーションは、適切に動作させるためにファイアウォールを介してのアクセスを許可する必要があります。F-Secure のセキュリティ製品はコンピュータを保護するために Windows...
記事全体を表示
ブラウザ保護を有効にすると、危険な Web サイトに対するアクセスがブロックされます。
記事全体を表示
コンピュータの完全スキャンはすべてのハード ドライブに対してスパイウェア、ウイルス、ルートキットなどのマルウェアを検出するスキャンを実行します。初期スキャン以降のスキャンでは変更されたファイルのみスキャンの対象になるため、スキャン時間が短くなります。
記事全体を表示
スケジュール スキャンを設定すると、コンピュータを使用していない時間にスキャンが自動的に開始するようにしたり、特定の時間にスキャンを定期的に実行できるようになります。
記事全体を表示
ゲーム モードは、本製品が使用しているシステム リソースを開放して、ゲームを快適に実行できるようにします。ゲーム モードを有効にしても本製品の主な機能性は維持されます。自動更新および CPU とネットワークの負荷が高い機能は無効になります。
記事全体を表示
「ファミリー ルール」は一元管理が可能のペアレンタル コントロール機能で、画面の時間制限、望ましくない Web サイトのアクセス ブロック、紛失や盗難したデバイスの発見などを提供します。My F-Secure ポータルを通じて遠隔からファミリー...
記事全体を表示
F-Secure セキュリティ製品は脅威を報告し、感染したファイルを自動的に削除できないと通知します。この場合、ファイルを手動で削除することをが確認されます。また、通知されたファイルがシステムにすでに存在しない場合もあります。
記事全体を表示
F-Secure インターネット セキュリティのインストール時に使用できるライセンスをすべて使用した場合、アプリがライセンス キーコードが最大インストール数 (使用済みライセンス) に達したことを検出し、ライセンス転送に関するメッセージを表示します(ライセンスの再利用 )。
記事全体を表示
当社ではユーザご家族の各々に対して別個の Windows ユーザ アカウントを設定することを推奨します。コンピュータを使用する各ユーザに対して個別の Windows ユーザ...
記事全体を表示
次の方法で検索結果の Web サイトの評価をオン/オフにできます。
記事全体を表示
アップデートは公開されてから7日間過ぎた時点で「古い」とみなされます。ウイルスが素早く変更することがあるため、パターン ファイルのデータベースは常に最新の状態にすることを推奨します。また、F-Secure は1日の間にアップデートを複数回公開することもあります。
記事全体を表示
「アプリ制御」は、F-Secure SAFE のファミリー ルール機能に含まれている機能です。アプリ制御は現在、Android 用の F-Secure SAFE で利用できます。アプリ制御は、チャイルド ユーザの Android デバイスのインストール時にファミリー...
記事全体を表示
名前、連絡先情報およびパスワードを変更できるページが表示されます。
記事全体を表示
My F-Secure のログイン ページで [今すぐ登録] をクリックします。
記事全体を表示
注: ライセンスをデバイスから外しても F-Secure SAFE はデバイスからアンインストールされません。F-Secure SAFE はデバイスから手動でアンインストールする必要があります。
記事全体を表示
「My F-Secure」ページの上からライセンスの詳細 (ライセンス期間、残り日数、使用できるライセンスの数) を確認できます。
記事全体を表示
ここでは、対応 OS に関する F-Secure SAFE のシステム要件について説明します。
記事全体を表示
次の方法で Mac コンピュータから F-Secure SAFE をアンインストールできます。
記事全体を表示
この記事では、F-Secure SAFE の「ファミリー ルール」機能を使用してお子様の Android デバイスを保護する方法を紹介します。また、デバイスで子供のインターネットの使用制限、アプリケーション通信制御、時間制限およびコンテンツ フィルタを設定する方法についても説明します。
記事全体を表示
F-Secure SAFE が正常にインストールされると、本製品はバックグラウンドで静かに作動します。 F-Secure SAFE 製品が正常に稼動しているかを確認するにはいくつかの方法があります。
記事全体を表示
F-Secure SAFE は次のブラウザに対応しています。
記事全体を表示
SAFE はコンピュータ、スマートフォン、タブレットをあらゆる脅威から守るセキュリティ サービスです。
記事全体を表示
「注文と支払い」ページで保護するデバイスの数の管理、領収書の確認、および支払い方法の変更を行えます。
記事全体を表示
ライセンスを有効にし、アップデート情報を受けとるには、インターネット環境が必要です。また、ブラウザ設定で Javascript を有効にする必要があります。
記事全体を表示
注: この記事は次の製品を対象としています: F-Secure インターネット セキュリティ、F-Secure アンチウイルス (PC 版)、F-Secure モバイル セキュリティ (Android 版)
記事全体を表示
バンキング保護を有効にすると、オンライン バンキングのセッションは保護されます。銀行の Web サイトにアクセスしたりオンラインで支払いを行うと、バンキング保護が有効になり、その時点で安全とみなされる接続のみが許可されます。
記事全体を表示
F-Secure インターネット セキュリティまたはアンチウイルス (PC 向け) のライセンスを更新すると、次の方法で新しいライセンス キーコード (メールにて提供される) を有効にできます。
記事全体を表示
オンラインショップで F-Secure インターネット セキュリティのライセンスを更新すると、ライセンス キーコードが注文処理の最後にある注文確認ページに表示されます。
記事全体を表示
スキャンから特定のファイル/フォルダを除外することができます。除外リストに追加されたアイテムはスキャンされません。
記事全体を表示
製品のインストールを行う前にコンピュータが次のシステム要件を満たしていることを確認してください。
記事全体を表示
バンキング保護を有効にすると、オンライン バンキングのセッションは保護されます。銀行の Web サイトにアクセスしたりオンラインで支払いを行うと、バンキング保護が有効になり、その時点で安全とみなされる接続のみが許可されます。
記事全体を表示
MacOS を 10.13 (High Sierra) にアップグレードすると、F-Secure メニュー バーのアプリ (F アイコン)...
記事全体を表示
F-Secure SAFE をコンピュータにインストールした後、ブラウザを開いて、次の方法でブラウザ保護の拡張機能 (アドオン) を有効にしてください。
記事全体を表示
F-Secure SAFE を PC にインストールした後、ブラウザを開いて、次の方法でブラウザ保護の拡張機能 (アドオン) を有効にしてください。
記事全体を表示
F-Secure SAFE をコンピュータにインストールした後、ブラウザを開いて、次の方法でブラウザ保護の拡張機能 (アドオン) を有効にしてください。
記事全体を表示
注: 以下が、F-Secure SAFE を現在ご使用のコンピュータに、インストールする手順です。
記事全体を表示
「ペアレンタル コントロール」はお子様・未成年ユーザのインターネット使用に安全性を提供する、 F-Secure インターネット セキュリティとモバイル セキュリティ (Android 版) の機能です。インターネットにアクセスしている際にお子様・未成年ユーザは危険な Web...
記事全体を表示
バンキング保護は、セキュリティにさらにもう一つのレイヤを追加するものであり、オンライン バンキングや、オンラインでの金銭取引を保護する機能です。
記事全体を表示