F-Secure SAFE

ソート順:
F-Secureセキュリティ製品に「コンピュータは完全に保護されていません」というメッセージが表示された場合、製品が最新バージョンにアップグレードできなかったことを意味します。以下の手順に従って問題を解決してください。
記事全体を表示
現在 F-Secure Internet Security をお使いで、ライセンスを更新する必要がある場合、Internet Security を F-Secure SAFE にアップグレードすることをお勧めします。SAFE...
記事全体を表示
F-Secure インターネット セキュリティのサブスクリプションの更新には、次の2つの手順があります。オンライン ショップからサブスクリプションを購入して、 コードをアクティベートすること
記事全体を表示
Windows の場合、プログラムのアンインストール方法が OS によって異なります。この記事では、本製品が対応している各 Windows バージョンに関するアンインストール方法を説明します。
記事全体を表示
お子様のオンライン活動にもっと注意を払い、[ペアレンタル コントロール] でデバイスとコンテンツの制限を設定してください。
記事全体を表示
検索エンジンで表示される各リンクの横に評価アイコンを表示させることが可能です。検索結果の Web サイトの評価をオン/オフにするにはどうすれば良いですか?
記事全体を表示
バンキング保護を有効にすると、オンライン バンキングのセッションは保護されます。銀行の Web サイトにアクセスしたりオンラインで支払いを行うと、バンキング保護が有効になり、その時点で安全とみなされる接続のみが許可されます。
記事全体を表示
ライセンスはバックグラウンドで自動的に転送されるため、積極的に転送する必要はありません。F-Secure インターネット セキュリティのインストール時に利用できるライセンスをすべて適用した場合、サブスクリプションが最大インストール数 (使用できるライセンス)...
記事全体を表示
スケジュール スキャンを設定すると、コンピュータを使用していない時間にスキャンが自動的に開始するようにしたり、特定の時間にスキャンを定期的に実行できるようになります。
記事全体を表示
自動更新は、F-Secure 製品をインストールすると同時に有効になります。コンピュータがインターネットに接続されているとき、製品は自動的に2時間ごとに最新のウイルス定義アップデートをチェックし、毎日の更新情報をダウンロードします。
記事全体を表示
F-Secure Internet Security または Anti-Virus をインストールする前に次のことを確認してください。Windows が最新の状態であること。 他社の互換性のないソフトウェアをアンインストールしていること。...
記事全体を表示
変更されたホスト ファイルは、ホストファイルエントリを手動で変更した場合でも、使用するプログラムであっても、検出(リダイレクトされたホスト ファイル) を引き起こす可能性があります。当社のセキュリティ製品のスキャン エンジンは、ホスト...
記事全体を表示
スキャンから特定のファイル/フォルダを除外することができます。除外リストに追加されたアイテムはスキャンされません。
記事全体を表示
製品は自動的にデフォルトのシステム言語を検出して、製品を同じ言語に設定します。インストール中に、F-Secure SAFE の設定ページ (エンドユーザ ライセンス規約の同意ページ) で希望の言語を選択できます。製品の言語を後から変更したい場合、製品の新規インストールを行い、セットアップ中に言語を選択してください。
記事全体を表示
F-Secure のセキュリティ製品は、Windows Defender ファイアウォールを使用してコンピュータを保護します。ファイアウォールを有効にすると、コンピュータのアクセスが制限されます。
記事全体を表示
F-Secure SAFE を開きます。 画面の下にある [ブラウザ保護] をクリックします。 変更するユーザ アカウントを選択した後に [設定] をクリックします。ユーザ アカウント制御のメッセージが表示されたら [はい] をクリックします。 [ブラウザ保護] タブを開きます。ウィンドウの下にある [Web サイトの例外を表示] リンクをクリックします。 Web サイトに例外 (ホワイトリスト) を追加するには、[許可] タブを開き、[追加] をクリックして URL を入力します。[OK] をクリックします。 Web サイトを拒否 (ブラックリスト) するには、[拒否] タブを開き、[追加] をクリックして URL を入力します。[OK] をクリックします。 例外を削除するには [許可] または [拒否] タブから Web サイトを選択し、[削除] をクリックします。 関連情報 ブラウザ保護とは何ですか? この記事を英語で表示する
記事全体を表示
この記事は次の状況を対象しています。F-Secure インターネット セキュリティのサブスクリプションをすでに更新している 新しいサブスクリプション コードをすでに持っている
記事全体を表示
セキュリティ機能を無効するとコンピュータが無防備になるため、無効にすることは推奨しません。すべてのプログラムを無効にする必要がある場合、次の方法で無効にできます。
記事全体を表示
ブラウザ保護を有効にすると、危険な Web サイトに対するアクセスがブロックされます。
記事全体を表示
コンピュータにマルウェアやリスクウェアが存在しないことを完全に確認したい場合、コンピュータの完全スキャンを実行してください。マルウェア スキャンとハードディスク スキャンを組み合わせるため、このスキャンは時間が最も長くかかります。また、ルートキットによって隠されているアイテムもチェックします。
記事全体を表示
お子様がデバイスにどのくらい時間を費やしているのか、もっと詳しく監視したいですか? ペアレンタル コントロールを使用して、お子様がデバイスを使用する時間を制限する方法をご覧ください。
記事全体を表示
注: この記事は次の製品を対象としています: F-Secure インターネット セキュリティ、F-Secure アンチウイルス (PC 版)、F-Secure モバイル セキュリティ (Android 版)
記事全体を表示
ご家族を不適切なコンテンツを含む Web サイトから守る方法をお探しですか? これらの脅威から身を守り、コンテンツ ブロックを有効にしてください。
記事全体を表示
F-Secure セキュリティ製品は脅威を報告し、感染したファイルを自動的に削除できないと通知します。この場合、ファイルを手動で削除することをが確認されます。また、通知されたファイルがシステムにすでに存在しない場合もあります。
記事全体を表示
銀行サイトにアクセスする際にバンキング保護のバナーが表示されません。
記事全体を表示
オンライン バンクからログアウトしてもバンキング保護が終了せず、他の Web サイトへのアクセスができなくなる場合があり、そのとき、通知バナーがコンピュータ画面の上部に表示されたままになります。
記事全体を表示
はい。F-Secure のセキュリティ製品のサポートされているすべてのバージョン (12.1以降) は、Windows 7、8、または8.1からアップグレードすると自動的に引き継がれます。Windows 10では、F-Secure のセキュリティ アプリケーションが削除される場合が2つあります。
記事全体を表示
当社ではユーザご家族の各々に対して別個の Windows ユーザ アカウントを設定することを推奨します。コンピュータを使用する各ユーザに対して個別の Windows ユーザ...
記事全体を表示
通常、ネットワーク インストーラのサイズは小さく、初期ダウンロードがすぐに終わります。追加コンポーネントのダウンロードを管理するため、インストールの信頼性が高くなります。
記事全体を表示
お使いのコンピュータ上でバンキング保護が有効化されている場合、本機能はサイバー犯罪者がお客様のパーソナル バンキングのデータへ進入するために使用するいくつかのテクニックを未然に防ぐレイヤーを提供します。使用される最も一般的なテクニックを以下で紹介します。
記事全体を表示
メールによる通知は、EC パートナーである Cleverbridge から送信されます。サブスクリプションを更新したにもかかわらず、メール通知を受信し続ける場合、いくつかの原因が考えられます。
記事全体を表示
F-Secure の「Security Cloud」は、最新のインターネット脅威に対して高速なセキュリティ対策を提供します。
記事全体を表示
「ペアレンタル コントロール」はお子様・未成年ユーザのインターネット使用に安全性を提供する、 F-Secure インターネット セキュリティとモバイル セキュリティ (Android 版) の機能です。インターネットにアクセスしている際にお子様・未成年ユーザは危険な Web...
記事全体を表示
ゲーム モードは、本製品が使用しているシステム リソースを開放して、ゲームを快適に実行できるようにします。ゲーム モードを有効にしても本製品の主な機能性は維持されます。自動更新および CPU とネットワークの負荷が高い機能は無効になります。
記事全体を表示
F-Secure の「ブラウザ保護」は、F-Secure SAFE に含まれているブラウザの拡張機能/アドオンです。この拡張機能は現在、Internet Explorer、Firefox、Chrome、および Safari で利用できます。拡張機能は F-Secure SAFE...ブラウザで拡張機能を有効にすると、ブラウザ保護 (モバイル デバイスでは「セーフ ブラウジング]) は暗号化された (HTTPS) トラフィック (データ通信) と非暗号化 (HTTP) トラフィックを両方サポートするため、安全なブラウジングと安全なインターネット バンキングを実現できます。ブラウザ保護は、有害な Web サイトや不審な Web サイトをブロックして、コンピュータや個人データの安全性を保証します。たとえば、望ましくない Web ページは「ブロックページ」通知でブロックできます。 また、HTTPS...
記事全体を表示
バンキング保護は、セキュリティにさらにもう一つのレイヤを追加するものであり、オンライン バンキングや、オンラインでの金銭取引を保護する機能です。
記事全体を表示
F-Secure SAFE をインストールしている場合、Web サイトの安全性評価は検索結果をカテゴリ化して、Web サイトの安全性と危険性を示します。
記事全体を表示
データ カウンターは、製品がユーザとコンピュータをどのように保護しているかに関する情報を表示します。カウンターはメインの製品ビューの下部にあり、記録されている最新情報を順番にスライドさせながら表示します。
記事全体を表示
この記事では、対応 OS に関する F-Secure Internet Security のシステム要件について説明します。
記事全体を表示
F-Secure SAFE は次のブラウザに対応しています。
記事全体を表示
ペアレンタル コントロールを使用すると、複数のコンテンツ タイプへのアクセスをブロックできます。さまざまなコンテン ツタイプについて、次の表で説明します。
記事全体を表示
この記事では、F-Secure SAFE (PC とインターネット セキュリティ用) の最新バージョンに関する重要な変更点と機能、およびリリースされた修正について説明します。
記事全体を表示
いいえ、その必要はありません。ウイルスとスパイウェア スキャンはリアルタイム スキャンを含み、コンピュータにリアルタイムでウイルスのスキャンが実行されることを意味します。スケジュール スキャンは1~2週間ごとに行うことを推奨します。
記事全体を表示
オンラインショップで F-Secure インターネット セキュリティのライセンスを更新すると、サブスクリプション キーが注文処理の最後にある注文確認ページに表示されます。
記事全体を表示
F-Secure インターネット セキュリティのサブスクリプションが更新の段階にある場合、更新リマインダーが製品のポップアップで表示されます。また、メールアドレスを提供している場合、メールのリマインダーも送信されます。これらのリマインダー通知は、製品をインストールしサブスクリプションがアクティベートされた日ではなく、製品の購入日に基づいて送られております。
記事全体を表示