F-Secure SAFE

ソート順:
この記事は次に場合にて適用します。F-Secure インターネット セキュリティのサブスクリプションをすでに更新している 新しいのライセンス キーコードをすでに持っている
記事全体を表示
お子様がデバイスにどのくらい時間を費やしているのか、もっと詳しく監視したいですか? ペアレンタル コントロールを使用して、お子様がデバイスを使用する時間を制限する方法をご覧ください。
記事全体を表示
オンライン バンクからログアウトしてもバンキング保護が終了せず、他の Web サイトへのアクセスができなくなる場合があり、そのとき、通知バナーがコンピュータ画面の上部に表示されたままになります。
記事全体を表示
バンキング保護は、セキュリティにさらにもう一つのレイヤを追加するものであり、オンライン バンキングや、オンラインでの金銭取引を保護する機能です。
記事全体を表示
お使いのコンピュータ上でバンキング保護が有効化されている場合、本機能はサイバー犯罪者がお客様のパーソナル バンキングのデータへ進入するために使用するいくつかのテクニックを未然に防ぐレイヤーを提供します。使用される最も一般的なテクニックを以下で紹介します。
記事全体を表示
ご家族を不適切なコンテンツを含む Web サイトから守る方法をお探しですか? これらの脅威から身を守り、コンテンツ ブロックを有効にしてください。
記事全体を表示
この記事では、対応 OS に関する F-Secure Internet Security のシステム要件について説明します。
記事全体を表示
この記事では、F-Secure SAFE (PC とインターネット セキュリティ用) の最新バージョンに関する重要な変更点と機能、およびリリースされた修正について説明します。
記事全体を表示
お子様のオンライン活動にもっと注意を払い、[ペアレンタル コントロール] でデバイスとコンテンツの制限を設定してください。
記事全体を表示
ライセンスはバックグラウンドで自動的に転送されるため、積極的に転送する必要はありません。F-Secure インターネット セキュリティのインストール時に利用できるライセンスをすべて適用した場合、サブスクリプションが最大インストール数 (使用できるライセンス)...
記事全体を表示
変更されたホスト ファイルは、ホストファイルエントリを手動で変更した場合でも、使用するプログラムであっても、検出(リダイレクトされたホスト ファイル) を引き起こす可能性があります。当社のセキュリティ製品のスキャン エンジンは、ホスト...
記事全体を表示
F-Secure SAFE をインストールしている場合、Web サイトの安全性評価は検索結果をカテゴリ化して、Web サイトの安全性と危険性を示します。
記事全体を表示
現在 F-Secure Internet Security をお使いで、ライセンスを更新する必要がある場合、Internet Security を F-Secure SAFE にアップグレードすることをお勧めします。SAFE...
記事全体を表示
F-Secure Internet Security のサブスクリプションは、製品または F-Secure の Web サイトから更新できます。
記事全体を表示
F-Secure Internet Security または Anti-Virus をインストールする前に次のことを確認してください。Windows が最新の状態であること。 他社の互換性のないソフトウェアをアンインストールしていること。...
記事全体を表示
製品は自動的にデフォルトのシステム言語を検出して、製品を同じ言語に設定します。インストール中に、F-Secure SAFE の設定ページ (エンドユーザ ライセンス規約の同意ページ) で希望の言語を選択できます。製品の言語を後から変更したい場合、製品の新規インストールを行い、セットアップ中に言語を選択してください。
記事全体を表示
オンラインショップで F-Secure インターネット セキュリティのライセンスを更新すると、サブスクリプション キーが注文処理の最後にある注文確認ページに表示されます。
記事全体を表示
注: この記事は次の製品を対象としています。F-Secure Internet Security / F-Secure Anti-Virus for PC / F-Secure Mobile Security for Android
記事全体を表示
F-Secure SAFE は次のブラウザに対応しています。
記事全体を表示
お客様のサブスクリプションの有効期限が近づくと、サブスクリプション更新のご案内が送信されます。
記事全体を表示
通常、ネットワーク インストーラのサイズは小さく、初期ダウンロードがすぐに終わります。追加コンポーネントのダウンロードを管理するため、インストールの信頼性が高くなります。
記事全体を表示
いいえ、その必要はありません。ウイルスとスパイウェア スキャンはリアルタイム スキャンを含み、コンピュータにリアルタイムでウイルスのスキャンが実行されることを意味します。スケジュール スキャンは1~2週間ごとに行うことを推奨します。
記事全体を表示
ファイアウォールを無効にすると、すべてのネットワーク ファイルを許可できます。
記事全体を表示
コンピュータにマルウェアやリスクウェアが一切存在しないことを確認したい場合、コンピュータの完全スキャンを実行してください。マルウェアスキャンとハードディスク スキャンを両方行なうため、最も長く時間がかかります。また、ルートキットによって隠されているアイテムもチェックします。
記事全体を表示
F-Secure の「ブラウザ保護」は、F-Secure SAFE に含まれているブラウザの拡張機能/アドオンです。この拡張機能は現在、Internet Explorer、Firefox、Chrome、および Safari で利用できます。拡張機能は F-Secure SAFE...ブラウザで拡張機能を有効にすると、ブラウザ保護 (モバイル デバイスでは「セーフ ブラウジング]) は暗号化された (HTTPS) トラフィック (データ通信) と非暗号化 (HTTP) トラフィックを両方サポートするため、安全なブラウジングと安全なインターネット バンキングを実現できます。ブラウザ保護は、有害な Web サイトや不審な Web サイトをブロックして、コンピュータや個人データの安全性を保証します。たとえば、望ましくない Web ページは「ブロックページ」通知でブロックできます。 また、HTTPS...
記事全体を表示
ファイアウォールが有効になっている場合、コンピュータとのアクセスが制限されます。一部のアプリケーションは、適切に動作させるためにファイアウォールを介してのアクセスを許可する必要があります。F-Secure のセキュリティ製品はコンピュータを保護するために Windows...
記事全体を表示
ブラウザ保護を有効にすると、危険な Web サイトに対するアクセスがブロックされます。
記事全体を表示
コンピュータの完全スキャンはすべてのハード ドライブに対してスパイウェア、ウイルス、ルートキットなどのマルウェアを検出するスキャンを実行します。初期スキャン以降のスキャンでは変更されたファイルのみスキャンの対象になるため、スキャン時間が短くなります。
記事全体を表示
スケジュール スキャンを設定すると、コンピュータを使用していない時間にスキャンが自動的に開始するようにしたり、特定の時間にスキャンを定期的に実行できるようになります。
記事全体を表示
ゲーム モードは、本製品が使用しているシステム リソースを開放して、ゲームを快適に実行できるようにします。ゲーム モードを有効にしても本製品の主な機能性は維持されます。自動更新および CPU とネットワークの負荷が高い機能は無効になります。
記事全体を表示
F-Secure セキュリティ製品は脅威を報告し、感染したファイルを自動的に削除できないと通知します。この場合、ファイルを手動で削除することをが確認されます。また、通知されたファイルがシステムにすでに存在しない場合もあります。
記事全体を表示
当社ではユーザご家族の各々に対して別個の Windows ユーザ アカウントを設定することを推奨します。コンピュータを使用する各ユーザに対して個別の Windows ユーザ...
記事全体を表示
次の方法で検索結果の Web サイトの評価をオン/オフにできます。
記事全体を表示
スキャンから特定のファイル/フォルダを除外することができます。除外リストに追加されたアイテムはスキャンされません。
記事全体を表示
「ペアレンタル コントロール」はお子様・未成年ユーザのインターネット使用に安全性を提供する、 F-Secure インターネット セキュリティとモバイル セキュリティ (Android 版) の機能です。インターネットにアクセスしている際にお子様・未成年ユーザは危険な Web...
記事全体を表示
Windows の場合、プログラムのアンインストール方法が OS によって異なります。この記事では、本製品が対応している各 Windows バージョンに関するアンインストール方法を説明します。
記事全体を表示
弊社「F-Secure SAFE」および「F-Secure インターネット セキュリティ」の Windows Vista サポートは、オペレーティングシステムへの延長サポートを提供させていただいたのち、 2017年6月30日をもちまして、終了させていただきます。Microsoftは、Windows...
記事全体を表示
弊社「F-Secure SAFE」および「F-Secure インターネット セキュリティ」の Windows XP サポートは、オペレーティングシステムへの延長サポートを提供させていただいたのち、 2016年6月をもちまして、終了させていただきます。Microsoftは、Windows XP...
記事全体を表示
自動更新は、F-Secure ソフトウェアをインストールすると同時に有効になります。コンピュータがインターネットに接続されているとき、F-Secure の製品は自動的に2時間ごとに最新アップデートをチェックし、毎日の更新情報をダウンロードします。 更新パッケージ全体のサイズは非常に大きいので、ダウンロード時間はインターネット接続の速度によります。コンピュータが過去7日間立ち上げられていなかった場合、すべての更新パッケージがダウンロード、およびインストールされるため、通常の更新よりも時間がかかります。 注: 参考: できるだけ早くダウンロードを行うには、コンピュータを少なくても週に1回インターネットへ接続することを推奨します。 最新のデータベース アップデートを確認するには システムトレイにある製品アイコンをクリックして、ユーザ インターフェースを表示させます。 [設定] をクリックします。 [その他の設定] で [データベースのアップデート] を選択します。 バージョン番号が最も高い更新パッケージの日付とバージョンが表示されます。バージョン番号が高くても最新のアップデートであるとは限りません。 製品で使用可能な個別スキャン エンジンについて、最新のアップデートがインストールされているか確認するには システムトレイにある製品アイコンを右クリックして [共通の設定を開く] を選択します。 [インストール] の下にある [アップデート] を選択します。 「アップデート」の一覧からエンジン名と最新のアップデート バージョンを確認できます。 アップデートを手動で確認するには システムトレイの製品アイコンを右クリックして [アップデートを確認] をクリックします。 新しいアップデートが確認され、必要な場合にはアップデートがインストールされます。 この記事を英語で表示する
記事全体を表示