F-Secure SAFE

ソート順:
お子様がデバイスにどのくらい時間を費やしているのか、もっと詳しく監視したいですか? ペアレンタル コントロールを使用して、お子様がデバイスを使用する時間を制限する方法をご覧ください。
記事全体を表示
ご家族を不適切なコンテンツを含む Web サイトから守る方法をお探しですか? これらの脅威から身を守り、コンテンツ ブロックを有効にしてください。
記事全体を表示
お子様のオンライン活動にもっと注意を払い、[ペアレンタル コントロール] でデバイスとコンテンツの制限を設定してください。
記事全体を表示
コンピュータにマルウェアやリスクウェアが一切存在しないことを確認したい場合、コンピュータの完全スキャンを実行してください。マルウェアスキャンとハードディスク スキャンを両方行なうため、最も長く時間がかかります。また、ルートキットによって隠されているアイテムもチェックします。
記事全体を表示
ファイアウォールが有効になっている場合、コンピュータとのアクセスが制限されます。一部のアプリケーションは、適切に動作させるためにファイアウォールを介してのアクセスを許可する必要があります。F-Secure のセキュリティ製品はコンピュータを保護するために Windows...
記事全体を表示
ブラウザ保護を有効にすると、危険な Web サイトに対するアクセスがブロックされます。
記事全体を表示
スキャンから特定のファイル/フォルダを除外することができます。除外リストに追加されたアイテムはスキャンされません。
記事全体を表示
コンピュータがインターネットに接続する方法を設定することができます。通常、デフォルトの設定を変更する必要はありません。
記事全体を表示
Microsoft Outlook 2007 でスパムのメール ルールを設定するには   Outlook を起動します。 [ツール] > [仕訳ルールと通知] の順にクリックします。 「電子メールの仕訳ルール」タブで [新しい仕訳ルール] をクリックします。 「新しい仕訳ルールを作成する」で [受信メール用に独自の仕訳ルールを作成する] を選択し、[次へ] をクリックします。 「ステップ 1: 条件を選択してください」で [件名に 特定の文字 が含まれている場合] を選択します。 「ステップ 2: 仕訳メールの説明を編集してください」で [特定の文字] を選択します。 [件名に含まれる文字] フィールドで [SPAM] を入力し、[追加] をクリックしてから [OK] をクリックします。 [次へ] をクリックします。 「ステップ 1. アクションを選択してください」で [指定したフォルダに移動する] を選択します。 「ステップ 2: 仕訳メールの説明を編集してください」で [特定のフォルダ] を選択します。 [迷惑メール] を選択し、[OK] をクリックします。「ルールの説明」で次の内容が表示されていることを確認してください。 メッセージを受信してから、このルールを適用する [件名] に [SPAM] が含まれる場合 迷惑メールに移動する [次へ] をクリックします。 ルールに例外がないので [次へ] をクリックします。 「ステップ 1: 仕訳ルールの名前を指定してください」でルールの名前 (「SPAM」など) を入力します。 「ステップ 2: 仕訳ルールのオプションを設定してください」で [この仕訳ルールのオプションを設定してください] を選択し、[完了] をクリックします。新しいルールがルール一覧の一番上に表示されます。 ルールが適用される順序を変更する場合、ルールを選択して [ 上へ] および [下へ] ボタンを使用してください。 ルールの順序を設定したら [適用] をクリックします。 [OK] をクリックします。 スパム メールに対するルールが設定されます。     この記事を英語で表示する
記事全体を表示
Microsoft Outlook Express でスパムのメール ルールを設定するには   Outlook Express を起動します。 [ツール] > [メッセージ ルール] > [メール] の順にクリックします。「新規のメッセージ ルール」ウィンドウが表示されます。 [新規作成] をクリックします。 「1. ルールの条件を選択してください」で [件名に指定した言葉が含まれる場合] を選択します。 「2. ルールのアクションを選択してください」で [指定したフォルダに移動する] を選択します。 「3. ルールの説明」で [指定した言葉が含まれる] を選択します。 [SPAM] を入力し、[追加] をクリックしてから [OK] をクリックします。 「3. ルールの説明」で [指定したフォルダ] を選択します。 [迷惑メール] を選択し、[OK] をクリックします。「ルールの説明」で次の内容が表示されていることを確認してください。 メッセージを受信してから、このルールを適用する 件名に [SPAM] を含む場合 迷惑メールに移動する 「4. ルール名」で ルールの名前 (「SPAM」など) を入力して [OK] をクリックします。 「メール ルール」タブで「SPAM」が表示されるようになります。 受信トレイのメールにルールを適用する場合、[適用] をクリックします。 [OK] をクリックします。 参考: ホワイトリストやブラックリスト ルールなど他のメール ルールを設定した場合、ルール一覧でホワイトリストが一番上にあって、そのすぐ下にブラックリスト、そしてその後にスパムのルールが表示されていることを確認してください。[ 上へ] および [下へ] ボタンを使用してルールの順序を変更できます。   この記事を英語で表示する
記事全体を表示
質問 製品の更新に関連するライセンス キーコードを追加するにはどうすれば良いですか? 回答 F-Secure インターネット セキュリティ Anti-Virus (PC 向け) のライセンスを更新すると、次の方法で新しいライセンス キーコード (メールにて提供される) を有効にできます。   システム トレイの F-Secure アイコンを右クリックし、[ライセンスを表示する] を選択します。ライセンスを確認できる画面が表示されます。 画面の下にある[ライセンスを追加] リンクをクリックします。新しいライセンスを追加できる画面が表示されます。 ライセンス キーコードを入力して、[次へ] をクリックします。 [認証する] をクリックします。   この記事を英語で表示する
記事全体を表示
質問 ディープガードがブロックしたアプリケーションを許可するにはどうすれば良いですか? 回答 ディープガードはまれに安全なアプリケーションの動作をブロックすることもあります。これは、アプリケーションがシステムを変更する可能性があり、危険性があると判断されることで起こります。また、ディープガードのポップアップが表示されたときに、ユーザがアプリケーションを誤ってブロックした可能性もあります。   ディープガードがブロックしたアプリケーションを許可するには   システムトレイにある製品アイコンをクリックして、ユーザ インターフェースを表示させます。 「ツール」タブ > [アプリケーションの権限] の順にクリックします。「監視しているアプリケーション」リストが表示されます。 許可するアプリケーションを探します。 参考: 列のタイトルをクリックすると、リストをソースできます。たとえば、[権限] 列をクリックすると、アプリケーションを許可/ブロックした順に並び替えできます。 「権限」列を右クリックしてポップアップ メニューから [許可] を選択します。 [閉じる] を選択します。 ディープガードがアプリケーションを許可します。   この記事を英語で表示する
記事全体を表示
質問 オンライン銀行取引のセッション中に他の Web サイトを許可するにはどうすれば良いですか? 回答 オンライン銀行取引のセッション中に他の Web サイトを許可するにはどうすれば良いですか?   システムトレイにある製品アイコンをクリックして、ユーザ インターフェースを表示させます。 画面の下にある [ブラウザ保護] をクリックします。 編集するユーザ アカウントを選択します。 参考: 他のユーザ アカウントの設定を変更するには管理者の権限が必要です。 [設定] をクリックします。 「ブラウザ保護」画面で [Web サイトの例外を表示する] を選択します。Web サイトの例外を確認できる画面が表示されます。 「許可」タブで [追加] をクリックします。 Web サイトをフィールドに入力して [OK] をクリックします。 この記事を英語で表示する
記事全体を表示