F-Secure SAFE

ソート順:
このビデオでは、F-Secure SAFE を使用してお子様の PC を保護する方法を紹介します。また、デバイスで子供のインターネットの時間制限とコンテンツ フィルタを設定する方法についても説明します。
記事全体を表示
F-Secure SAFE が正常にインストールされると、本製品はバックグラウンドで静かに作動します。 F-Secure SAFE 製品が正常に稼動しているかを確認するにはいくつかの方法があります。
記事全体を表示
自動更新は、F-Secure ソフトウェアをインストールすると同時に有効になります。コンピュータがインターネットに接続されているとき、F-Secure の製品は自動的に2時間ごとに最新アップデートをチェックし、毎日の更新情報をダウンロードします。 更新パッケージ全体のサイズは非常に大きいので、ダウンロード時間はインターネット接続の速度によります。コンピュータが過去7日間立ち上げられていなかった場合、すべての更新パッケージがダウンロード、およびインストールされるため、通常の更新よりも時間がかかります。 注: 参考: できるだけ早くダウンロードを行うには、コンピュータを少なくても週に1回インターネットへ接続することを推奨します。 最新のデータベース アップデートを確認するには システムトレイにある製品アイコンをクリックして、ユーザ インターフェースを表示させます。 [設定] をクリックします。 [その他の設定] で [データベースのアップデート] を選択します。 バージョン番号が最も高い更新パッケージの日付とバージョンが表示されます。バージョン番号が高くても最新のアップデートであるとは限りません。 製品で使用可能な個別スキャン エンジンについて、最新のアップデートがインストールされているか確認するには システムトレイにある製品アイコンを右クリックして [共通の設定を開く] を選択します。 [インストール] の下にある [アップデート] を選択します。 「アップデート」の一覧からエンジン名と最新のアップデート バージョンを確認できます。 アップデートを手動で確認するには システムトレイの製品アイコンを右クリックして [アップデートを確認] をクリックします。 新しいアップデートが確認され、必要な場合にはアップデートがインストールされます。 この記事を英語で表示する
記事全体を表示
この記事は、F-Secure SAFE のサブスクリプションを手動で更新することを選択したユーザが対象です。
記事全体を表示
F-Secure SAFE をインストールする前に次のことを必ず確認してください。
記事全体を表示
Security Cloud のセキュリティ機能を改善するために悪意のあるプログラムと Web サイトに関するセキュリティ データを貢献できます。匿名データの提供は製品の設定からいつでも停止することができます。 タスクバーの通知エリア (システム トレイ) で F-Secure アイコンを右クリックして [共通設定を開く] を選択します。 左のペインで [プライバシー] をクリックします。 [Security Cloud に参加する] を無効にします。 [OK] をクリックします。 注: Security Cloud は本製品の保護を提供する上で不可欠な機能を提供するため、ディープガード ネットワークに関連するネットワーク トラフィックを完全に停止することはできません。 関連情報 Security Cloud とは何ですか? この記事を英語で表示する
記事全体を表示
F-Secure SAFE を開きます。 「ツール」タブをクリックします。 [更新] を選択します。 この記事を英語で表示する
記事全体を表示
注: 以下が、F-Secure SAFE を現在ご使用のコンピュータに、インストールする手順です。
記事全体を表示
F-Secure SAFE をインストールする前に次のことを必ず確認してください。
記事全体を表示
製品は自動的にデフォルトのシステム言語を検出して、製品を同じ言語に設定します。インストール中に、F-Secure SAFE の設定ページ (エンドユーザ ライセンス規約の同意ページ) で希望の言語を選択できます。製品の言語を後から変更したい場合、製品の新規インストールを行い、セットアップ中に言語を選択してください。
記事全体を表示
F-Secure SAFE を開きます。 画面の下にある [ブラウザ保護] をクリックします。 変更するユーザ アカウントを選択した後に [設定] をクリックします。ユーザ アカウント制御のメッセージが表示されたら [はい] をクリックします。 [ブラウザ保護] タブを開きます。ウィンドウの下にある [Web サイトの例外を表示] リンクをクリックします。 Web サイトに例外 (ホワイトリスト) を追加するには、[許可] タブを開き、[追加] をクリックして URL を入力します。[OK] をクリックします。 Web サイトを拒否 (ブラックリスト) するには、[拒否] タブを開き、[追加] をクリックして URL を入力します。[OK] をクリックします。 例外を削除するには [許可] または [拒否] タブから Web サイトを選択し、[削除] をクリックします。 関連情報 ブラウザ保護とは何ですか? この記事を英語で表示する
記事全体を表示
デバイスが盗難に遭った疑いがある場合、デバイスに保存している個人データとアプリを遠隔からすべて削除できます。 注: この機能は SAFE for Android にのみ搭載されています。機能を有効にするためには [デバイスをロック/ワイプ] 設定を有効にする必要があります。この設定はデフォルトでは無効です。設定を有効にするには F-Secure SAFE がデバイスで管理者権限を必要とします。Android OS 6.0 のデバイスの場合、ワイプ コマンドはAndroid OS 6.0 から導入された権限の同意クエリにより、SD カードの中身を自動的に削除できません。 別のコンピュータまたはデバイスから My F-Secure にログインします。 「My F-Secure」ページでサークル内からロックするデバイスを探します。 デバイスのアイコンをクリック/タップします。 デバイスの基本情報を確認できるウィンドウが表示されます。 [ファインダー] をクリック/タップします。 [ファインダー] ウィンドウで [データ削除] をクリック/タップします。 デバイスのデータを削除する場合、赤色の [ワイプ] ボタンをクリック/タップします。 F-Secure SAFE を含め、デバイスのすべてのデータとアプリが削除されます。この操作により対象のデバイスは My F-Secure から削除されます。 関連情報 F-Secure SAFE のファインダー機能は何ですか? My F-Secure からデバイスのロック/アンロックを行うにはどうすれば良いですか? My F-Secure からデバイスのアラームを再生するにはどうすれば良いですか? この記事を英語で表示する
記事全体を表示
追加のライセンスが必要ですか? 次の方法で F-Secure のライセンスを追加できます。オンライン決済は F-Secure の電子商取引パートナーである cleverbridge が処理します。
記事全体を表示
質問 インターネットセキュリティを PC にインストールしていたら、”すべてのライセンスが使用されています” とメッセージが出ました。 回答 既に購入済のライセンス数の PC に製品がインストールされています。 メッセージ画面の以下から選択してください。   追加 : インストールしたすべての PC でも継続して使用したい場合は、別ライセンスを購入してください。 ライセンスの再.. : 過去にインストールした PC で、現在は使用されていない PC がある場合、こちらを選んでください。なお、PC から F-Secure を削除しないでネットにつなげると、その PC も使用中のライセンス数にカウントされます。ご注意ください。
記事全体を表示
質問 ディープガードがブロックしたアプリケーションを許可するにはどうすれば良いですか? 回答 ディープガードはまれに安全なアプリケーションの動作をブロックすることもあります。これは、アプリケーションがシステムを変更する可能性があり、危険性があると判断されることで起こります。また、ディープガードのポップアップが表示されたときに、ユーザがアプリケーションを誤ってブロックした可能性もあります。   ディープガードがブロックしたアプリケーションを許可するには   システムトレイにある製品アイコンをクリックして、ユーザ インターフェースを表示させます。 「ツール」タブ > [アプリケーションの権限] の順にクリックします。「監視しているアプリケーション」リストが表示されます。 許可するアプリケーションを探します。 参考: 列のタイトルをクリックすると、リストをソースできます。たとえば、[権限] 列をクリックすると、アプリケーションを許可/ブロックした順に並び替えできます。 「権限」列を右クリックしてポップアップ メニューから [許可] を選択します。 [閉じる] を選択します。 ディープガードがアプリケーションを許可します。   この記事を英語で表示する
記事全体を表示
質問 オンライン銀行取引のセッション中に他の Web サイトを許可するにはどうすれば良いですか? 回答 オンライン銀行取引のセッション中に他の Web サイトを許可するにはどうすれば良いですか?   システムトレイにある製品アイコンをクリックして、ユーザ インターフェースを表示させます。 画面の下にある [ブラウザ保護] をクリックします。 編集するユーザ アカウントを選択します。 参考: 他のユーザ アカウントの設定を変更するには管理者の権限が必要です。 [設定] をクリックします。 「ブラウザ保護」画面で [Web サイトの例外を表示する] を選択します。Web サイトの例外を確認できる画面が表示されます。 「許可」タブで [追加] をクリックします。 Web サイトをフィールドに入力して [OK] をクリックします。 この記事を英語で表示する
記事全体を表示
質問 製品の更新に関連するライセンス キーコードを追加するにはどうすれば良いですか? 回答 F-Secure インターネット セキュリティ Anti-Virus (PC 向け) のライセンスを更新すると、次の方法で新しいライセンス キーコード (メールにて提供される) を有効にできます。   システム トレイの F-Secure アイコンを右クリックし、[ライセンスを表示する] を選択します。ライセンスを確認できる画面が表示されます。 画面の下にある[ライセンスを追加] リンクをクリックします。新しいライセンスを追加できる画面が表示されます。 ライセンス キーコードを入力して、[次へ] をクリックします。 [認証する] をクリックします。   この記事を英語で表示する
記事全体を表示
質問 Android デバイスのデータをリモートから削除するにはどうすれば良いですか? 回答 モバイル デバイスを紛失した場合、第三者にデバイスを使われないようにするためにリモートからデバイスのデータを削除することが可能です。ただし、そのためにはアンチセフト (盗難・紛失対策機能) の設定を行う必要があります。   リモートからデータ削除を行うと、デバイス本体に保存されている個人情報がすべて削除されます。削除された情報を復元することはできません。   リモートのデータ削除は工場出荷時設定のリセットを行い、デバイスのメモリからすべてのユーザ データを削除します。システム フォルダ、内部メモリ カードとドライブ、外部メモリ カードのデータがすべて削除されます。メモリ カードに対しては、大容量のメモリ カードのデータ削除は時間がかかることもあって、インデックステーブルが破損されます。データが削除されたメモリ カード (インデックステーブルも破損) にアクセスしようとすると、カードのフォーマットを行うよう要請されます。メモリー カードはデバイスから簡単に取り外すことができるため、貴重なデータはデバイスの本体に保存することを推奨します。   デバイスのデータをリモートから削除するには   デバイスに次の SMS を送ります。 #WIPE#<セキュリティ コード> (例: #WIPE#abcd1234 )。 デバイスのデータがすべて削除されます。   この記事を英語で表示する
記事全体を表示
Microsoft Outlook Express でスパムのメール ルールを設定するには   Outlook Express を起動します。 [ツール] > [メッセージ ルール] > [メール] の順にクリックします。「新規のメッセージ ルール」ウィンドウが表示されます。 [新規作成] をクリックします。 「1. ルールの条件を選択してください」で [件名に指定した言葉が含まれる場合] を選択します。 「2. ルールのアクションを選択してください」で [指定したフォルダに移動する] を選択します。 「3. ルールの説明」で [指定した言葉が含まれる] を選択します。 [SPAM] を入力し、[追加] をクリックしてから [OK] をクリックします。 「3. ルールの説明」で [指定したフォルダ] を選択します。 [迷惑メール] を選択し、[OK] をクリックします。「ルールの説明」で次の内容が表示されていることを確認してください。 メッセージを受信してから、このルールを適用する 件名に [SPAM] を含む場合 迷惑メールに移動する 「4. ルール名」で ルールの名前 (「SPAM」など) を入力して [OK] をクリックします。 「メール ルール」タブで「SPAM」が表示されるようになります。 受信トレイのメールにルールを適用する場合、[適用] をクリックします。 [OK] をクリックします。 参考: ホワイトリストやブラックリスト ルールなど他のメール ルールを設定した場合、ルール一覧でホワイトリストが一番上にあって、そのすぐ下にブラックリスト、そしてその後にスパムのルールが表示されていることを確認してください。[ 上へ] および [下へ] ボタンを使用してルールの順序を変更できます。   この記事を英語で表示する
記事全体を表示
Microsoft Outlook 2007 でスパムのメール ルールを設定するには   Outlook を起動します。 [ツール] > [仕訳ルールと通知] の順にクリックします。 「電子メールの仕訳ルール」タブで [新しい仕訳ルール] をクリックします。 「新しい仕訳ルールを作成する」で [受信メール用に独自の仕訳ルールを作成する] を選択し、[次へ] をクリックします。 「ステップ 1: 条件を選択してください」で [件名に 特定の文字 が含まれている場合] を選択します。 「ステップ 2: 仕訳メールの説明を編集してください」で [特定の文字] を選択します。 [件名に含まれる文字] フィールドで [SPAM] を入力し、[追加] をクリックしてから [OK] をクリックします。 [次へ] をクリックします。 「ステップ 1. アクションを選択してください」で [指定したフォルダに移動する] を選択します。 「ステップ 2: 仕訳メールの説明を編集してください」で [特定のフォルダ] を選択します。 [迷惑メール] を選択し、[OK] をクリックします。「ルールの説明」で次の内容が表示されていることを確認してください。 メッセージを受信してから、このルールを適用する [件名] に [SPAM] が含まれる場合 迷惑メールに移動する [次へ] をクリックします。 ルールに例外がないので [次へ] をクリックします。 「ステップ 1: 仕訳ルールの名前を指定してください」でルールの名前 (「SPAM」など) を入力します。 「ステップ 2: 仕訳ルールのオプションを設定してください」で [この仕訳ルールのオプションを設定してください] を選択し、[完了] をクリックします。新しいルールがルール一覧の一番上に表示されます。 ルールが適用される順序を変更する場合、ルールを選択して [ 上へ] および [下へ] ボタンを使用してください。 ルールの順序を設定したら [適用] をクリックします。 [OK] をクリックします。 スパム メールに対するルールが設定されます。     この記事を英語で表示する
記事全体を表示
Question Android デバイスでアンチセフト機能を有効にするにはどうすれば良いですか? Answer アンチセフト機能を使用できる前にデバイスでスクリーン ロックを有効にする必要があります。    Android デバイスの場合、アンチセフト機能を使用するために本製品に対してデバイス管理者を有効にする必要があります。デバイス管理者が無効な場合、アンチセフトの設定からデバイス管理者を有効にできます。    アンチセフト機能を使用するには  アプリケーションを開きます。 [アンチセフト] > [設定] の順に選択します。 アンチセフトの設定で [スクリーンロックを有効にする] を選択します。 スクリーン ロックのロック方法を指定し、[OK]/[確定] を選択します。 詳細については、デバイスのマニュアルを参照してください。 [セキュリティコードを設定する] を選択します。 セキュリティ コードを入力します。 参照: セキュリティ コードは5文字以上である必要があります。 [OK] を選択します。  アンチセフトが自動的に有効になります。    重要: デバイスを紛失した場合、Google アカウントのパスワードを変更することを強く推奨します。
記事全体を表示
Question Android デバイスで SMS アラームを有効にするにはどうすれば良いですか? Answer デバイスの SIM カードが変更されたときに SMS を別のデバイスに送るように設定できます。    SMS アラートを使用するには  アプリケーションを開きます。 [アンチセフト] > [設定] の順に選択します。 信頼済みの番号を指定します。 SIM カード変更時に SMS の送信先となる電話番号を指定します。 [OK] を選択します。 SIM カードが変更されたときに SMS が信頼済みの番号に送信されるようになります。
記事全体を表示
Question Android デバイスでアラームを鳴らすにはどうすれば良いですか? Answer デバイスを紛失した場合、遠隔からデバイスのアラームを鳴らすことができます。この機能を利用するには事前にリモート アンチセフトを設定する必要があります。    アラームが鳴ると、正しいスクリーン ロック パターン、暗証番号、またはパスワードを入力することでアラームを停止できます。また、特定の SMS をデバイスに送ることでアラームを停止することも可能です。    デバイスでアラームを鳴らすには  次の SMS をデバイスに送ります。 #ALARM#<セキュリティ コード>#<再生数> (例: #ALARM#abcd1234#5).  アラームを無効にするには  次の SMS をデバイスに送ります。 #ALARM#<セキュリティ コード>#0 (例: #ALARM#abcd1234#0).
記事全体を表示
Question Android デバイスのデータを遠隔から削除するにはどうすれば良いですか? Answer デバイスを紛失した場合、遠隔からデバイスのデータを削除ロックすることで第三者にデータがわたることを阻止できます。この機能を利用するには事前にリモート アンチセフトを設定する必要があります。    デバイスに保存されている個人情報のデータが削除されます。削除したデータを復元することはできません。    デバイスのデータを削除するには  次の SMS をデバイスに送ります。 #WIPE#<セキュリティ コード> (例: #WIPE#abcd1234). デバイスに保存されているすべてのデータが削除されます。
記事全体を表示
Question Android デバイスを遠隔からロックするにはどうすれば良いですか? Answer デバイスを紛失した場合、遠隔からデバイスをロックすることで第三者によるデバイスの利用を阻止できます。この機能を利用するには事前にリモート アンチセフトを設定する必要があります。    デバイスを遠隔からロックしたら、セキュリティ コードを入力しない限りデバイスの使用は禁止されます。    デバイスをロックするには 次の SMS をデバイスに送ります。  #LOCK#<セキュリティ コード>  (例: #LOCK#abcd1234)  デバイスのロックを解除するにはスクリーンのロック、暗証番号またはパスワードが必要となります。
記事全体を表示
Question Android デバイスの位置を調べるにはどうすれば良いですか? Answer モバイル デバイスに SMS を送ることでデバイスの位置を取得できます。    デバイスで GPS (位置情報機能) が有効になっていることを確認してください。必要に応じてデバイスのマニュアルを参照してください。    デバイスの位置を検索するには 次の SMS をデバイスに送ります。 #LOCATE#<セキュリティ コード> (例: #LOCATE#abcd1234) デバイスの位置を含めている SMS が返ってきます。    ヒント: 機能が正しく動作していることを確認するためにアプリケーションを設定した後に検証用の SMS を送ることを推奨します。     参考: Anti-Theft は位置情報データを一切保存しません。
記事全体を表示
セキュリティ機能を無効するとコンピュータが無防備になるため、無効にすることは推奨しません。すべてのプログラムを無効にする必要がある場合、次の方法で無効にできます。
記事全体を表示
この動画は、F-Secure SAFE を PC にインストールする方法について説明します。
記事全体を表示
この動画は、F-Secure SAFE を iPhone や iPad にダウンロード/インストールする方法について説明します。
記事全体を表示
この動画は、F-Secure SAFE を Android デバイスにインストールする方法について説明します。
記事全体を表示
F-Secure Internet Security のサブスクリプションは、製品または F-Secure の Web サイトから更新できます。
記事全体を表示
F-Secure Internet Security または Anti-Virus をインストールする前に次のことを確認してください。Windows が最新の状態であること。 他社の互換性のないソフトウェアをアンインストールしていること。...
記事全体を表示
次の方法で検索結果の Web サイトの評価をオン/オフにできます。
記事全体を表示
ライセンスはバックグラウンドで自動的に転送されるため、積極的に転送する必要はありません。F-Secure インターネット セキュリティのインストール時に利用できるライセンスをすべて適用した場合、サブスクリプションが最大インストール数 (使用できるライセンス)...
記事全体を表示
スケジュール スキャンを設定すると、コンピュータを使用していない時間にスキャンが自動的に開始するようにしたり、特定の時間にスキャンを定期的に実行できるようになります。
記事全体を表示
ブラウザ保護を有効にすると、危険な Web サイトに対するアクセスがブロックされます。
記事全体を表示
コンピュータにマルウェアやリスクウェアが一切存在しないことを確認したい場合、コンピュータの完全スキャンを実行してください。マルウェアスキャンとハードディスク スキャンを両方行なうため、最も長く時間がかかります。また、ルートキットによって隠されているアイテムもチェックします。
記事全体を表示
バンキング保護を有効にすると、オンライン バンキングのセッションは保護されます。銀行の Web サイトにアクセスしたりオンラインで支払いを行うと、バンキング保護が有効になり、その時点で安全とみなされる接続のみが許可されます。
記事全体を表示
バンキング保護を有効にすると、オンライン バンキングのセッションは保護されます。銀行の Web サイトにアクセスしたりオンラインで支払いを行うと、バンキング保護が有効になり、その時点で安全とみなされる接続のみが許可されます。
記事全体を表示