ブラウザ保護とは?

F-Secure の「ブラウザ保護」は、F-Secure SAFE に含まれているブラウザの拡張機能/アドオンです。この拡張機能は現在、Internet Explorer、Firefox、Chrome、および Safari で利用できます。拡張機能は F-Secure SAFE をコンピュータにインストールすると自動的にインストールされますが、ほとんどの Web ブラウザでは、選択したブラウザを初めて開くときにブラウザ保護の拡張機能/アドオンを個別に有効にする必要があります。

ブラウザで拡張機能を有効にすると、ブラウザ保護 (モバイル デバイスでは「セーフ ブラウジング]) は暗号化された (HTTPS) トラフィック (データ通信) と非暗号化 (HTTP) トラフィックを両方サポートするため、安全なブラウジングと安全なインターネット バンキングを実現できます。

ブラウザ保護は、有害な Web サイトや不審な Web サイトをブロックして、コンピュータや個人データの安全性を保証します。たとえば、望ましくない Web ページは「ブロックページ」通知でブロックできます。 また、HTTPS が使用されている場合でも検索エンジンの安全な検索モードを強制することによって、検索結果ページの各リンクの前に評価アイコンを追加できます。これは、有害な Web サイトや不審な Web サイトをクリックすることを事前に避けるために役立ちます。この機能は、Google、Yahoo、Bing! の検索エンジンで利用できます。

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
6/6
最終更新:
‎21-03-2018 06:16 PM
更新者: