バンキング保護が必要な理由

オンライン バンキング サービスは今日のオンライン社会においてごく一般的になっています。銀行は顧客データの安全性を保つため多大な投資をしています。しかし今日のサイバー犯罪者は、用心深くないユーザから機密性の高い口座情報へのアクセスを得るためのさまざまな手段を持っています。サイバー犯罪者はユーザに知られることなく情報を盗み出す方法を知っており、それに気付いた時には既に被害者となっており、手遅れなのです。

お使いのコンピュータ上でバンキング保護が有効化されている場合、本機能はサイバー犯罪者がお客様のパーソナル バンキングのデータへ進入するために使用するいくつかのテクニックを未然に防ぐレイヤーを提供します。使用される最も一般的なテクニックを以下で紹介します。

なりすまし Web サイト

サイバー犯罪者は本物のバンキング ウェブサイトに似せた偽装ウェブサイトを使用することがあります。重要なのはユーザが「偽装」サイトを本物のバンキング ウェブサイトだと信じ込ませる点にあります。そしてユーザ名とパスワードを入力するよう誘導され、結果的にサイバー犯罪者へパーソナル バンキングのデータへのアクセスを付与してしまいます。

キーロガー

キーロガー プログラムはひそかにキーボード入力を監視およびログを記録し、犯人へとその情報を送信します。もしこれが起こった場合、お客様がお使いのコンピュータは既にリスクウェアと認識されるキーロガー プログラムに感染していると思われます。この場合、リスクウェアはお使いのコンピュータ上に既に存在しています。このような状況を未然に防ぐため、定期的にスキャンをかけることをお勧めします。

スパム (迷惑メール) とフィッシング メール

フィッシング メールはもっともらしい企業より送信されているように装う詐欺メールです。メールのコンテンツは通常偽装サイトへユーザーを誘導するもの、またはユーザに本人の意思に反して、犯人がパーソナルバンキングのデータへアクセスするのに使用する個人情報を漏洩させるものです。

バンキング保護機能に関する更なる情報は「バンキング保護とは何ですか?」をご参照ください。

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
6/6
最終更新:
2 週間前
更新者:
 
ラベル(4)