キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

F-Secure KEY の要約

F-Secure KEY では、各パスワードの記録は、固有で強力なランダム暗号化キーを使用して個別に暗号化されます。各パスワードに使用される固有のキーは、PBKDF2 アルゴリズムを使用してマスター パスワードから派生したマスター暗号化キーを使用して暗号化されます。PBKDF2 は、パスワードベースのキー派生関数2を表します。

マスター パスワードとマスター暗号鍵はどこにも保存されません。暗号化キーは、製品を使用する場合にのみ有効です。ただし、マスター パスワードを忘れた場合、パスワードやデータを復元する方法がないことを意味します。

F-Secure KEY の設計原則は、ユーザの匿名性を尊重し保護することです。 また、デバイス間でデータを同期させる際にも、ユーザを追跡しません。

F-Secure KEY のサーバは F-Secure が所有し、フィンランドの法律および欧州連合 (EU) の規則に準拠した上、欧州連合内で運営しています。

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
6/6
最終更新:
‎03-09-2018 10:04 PM
更新者: