Business Suite

ソート順:
下記手順にてスキャンデーモン(fsavd)を常駐させることができます。 [CentOS6の場合] ①fsavdスクリプトファイルをコピーします。  # cp /opt/f-secure/fssp/etc/fsavd /etc/init.d ②ファイルに実行権限を付与します。  # chmod 755 /etc/init.d/fsavd ③スタートアップスクリプトとして設定します。  # chkconfig --add fsavd  # chkconfig --list fsavd ④下記コマンドでfsavdを起動します。  # /etc/init.d/fsavd start ※fssp.confにて設定変更した場合には、fssp.confを編集・保存後、fsavdを再起動する必要がございます。  # /etc/init.d/fsavd restart [CentOS7の場合] ①fsavdスクリプトファイルをコピーします。 #cp /opt/f-secure/fssp/etc/fsavd /etc/init.d ②コピーしたfsavdスクリプトに実行権限を付与します。 #chmod 755 /etc/init.d/fsavd ③/etc/systemd/system/配下にUnit定義ファイル(fsavd.service)を作成します。 ファイル名:fsavd.service ファイルの内容の記述例: # Automatically generated by systemd-sysv-generator [Unit] Documentation=man:systemd-sysv-generator(8) SourcePath=/etc/rc.d/init.d/fsavd Description=LSB: fsavd [Service] Type=forking Restart=always TimeoutSec=5min IgnoreSIGPIPE=no KillMode=process GuessMainPID=no RemainAfterExit=yes ExecStart=/etc/rc.d/init.d/fsavd start ExecStop=/etc/rc.d/init.d/fsavd stop [Install] WantedBy = multi-user.target ④下記コマンドで作成したUnitがサービスとして認識されたかを確認します。 #systemctl list-unit-files --type=service | grep fsavd ⑤サービスを有効にし起動します。 #systemctl enable fsavd #systemctl start fsavd ⑥下記コマンドでステータスを確認できます。 #systemctl status fsavd
記事全体を表示