共通トピック

ソート順:
サブスクリプションを初めて購入し、自動更新のオプションを選択した場合、サブスクリプションは失効する際に自動的に更新されます。更新の際には、ご購入時に使用したクレジット カードが使用されます。
記事全体を表示
My F-Secure ポータルでは、アカウントのパスワード、2段階認証、名前、自動更新、サブスクリプションなどアカウントに関する設定を変更できます。行う設定を選択してください。
記事全体を表示
注: Windows のバージョンによって手順に少し違いがあります。 スタート > コントロール パネル をクリックします。 [プログラムと機能] (Windows 10/8/7 の場合) または [プログラムのアンインストール] (Windows Vista の場合) をクリックします。 削除するセキュリティ製品を探し、右クリックして [削除/変更] を選択します。 ユーザ アカウント制御の確認ウィンドウで管理者の認証情報を入力し、[はい] をクリックします。 セットアップ ウィンドウが表示されたら、画面の指示に従って製品をアンインストールします。 確認されたらコンピュータを再起動して製品の完全アンインストールを完了させます。 関連情報 Mac にインストールされている競合するセキュリティソフトを手動でアンインストールするにはどうすれば良いですか? この記事を英語で表示する
記事全体を表示
注: ライセンスをデバイスから解除しても F-Secure 製品はデバイスからアンインストールされません。製品はデバイスから手動でアンインストールする必要があります。
記事全体を表示
次の方法で My F-Secure アカウントのログイン用メール アドレスを更新/変更できます。My F-Secure にログインします。 ログインしたら、[<お名前>] > [アカウントの設定] を選択します。 [F-Secure メール アドレス] フィールドにメール...
記事全体を表示
概要   この記事は、スパム メッセージ、ハム メッセージ、フィッシング メッセージをファイルに保存する方法について説明します。   説明   F-Secure はユーザが受信するスパム メッセージ、ハム メッセージ、フィッシング メッセージのサンプルの提供を歓迎します。 参考: スパム、ハムおよびフィッシング メッセージのサンプルは特定のメール アドレスに送信してください。詳細については、http://www.f-secure.com/en/web/labs_global/submit-samples/spam-submission を参照してください。   サンプル メッセージをファイルに保存する   次の方法でスパム、ハム、フィッシング メッセージをファイルに保存できます。   メール プログラムで受信したスパム、ハムまたは/およびフィッシング メッセージを開きます。 [ファイル] > [名前を付けて保存] を選択します。Microsoft Outlook を使用している場合、次の画面が表示されます。 ファイルに名前を付け (メッセージの件名がデフォルトでファイル名になります)、適当なフォルダに保存します。 ファイルを F-Secure へ送信します。 この記事を英語で表示する
記事全体を表示
「Submit a Sample (SAS) (サンプルの提出)」ページで、オンラインで見つけた不審なオブジェクトやファイルをいつでも提出できます。サンプルは当社のアナリストが分析し、必要に応じてデータベースを更新します。サンプルは以下の方法で提出できます。 「Submit a Sample (SAS) (サンプルの提出)」ページを開きます。 ファイルのサンプルを提出する場合、「ファイル サンプル」タブを選択します。[参照] をクリックしてサンプル ファイルを添付します。 URL のサンプル提出の場合、「URL サンプル」タブを選択し、[不審な URL] に URL を入力します。 [I want to give more details about this sample and to be notified of the analysis results (サンプルに関する詳細を提供し、分析結果の通知を希望)] を選択すると、追加情報を入力して提出したファイル/URL のサンプルのフィードバックを受けられます。 確認のキャプチャ コードを入力します。 [送信] をクリックします。 関連情報 パスワードで保護されている ZIP ファイルを作成する スキャン レポートをファイルに保存する スパム、ハム (正当なメール) またはフィッシング メッセージをファイルに保存する セキュリティ ソフトウェアが最新のアップデートを導入しているか確認する この記事を英語で表示する
記事全体を表示
重要: サブスクリプションは本日失効します。失効した後にデバイスに対するセキュリティ機能は無効になります。自動的に更新されるサブスクリプションをお持ちの場合でも、サブスクリプションは更新されません。
記事全体を表示
2014年8月29日現在、中国の国内から F-Secure のパターンファイル配信サーバへのアクセス制限は解除されています。しかし、中国国内事情により、今後も再度アクセス制限が行われる可能性があります。以下は、アクセス出来ない場合の対応法となります。     中国国内に F-Secure 製品を持ち込んだ場合、パターンファイルの更新は以下を検討してください。 これは、中国側で設定しているファイアウォールにより、中国国内から海外への直接アクセスが制限されているためです。F-Secure のパターンファイル配信サーバへのアクセスも、これが原因でブロックされています。   1、VPN などを使用して日本経由で更新する。 2、fsdbupdate9.exe を適時ダウンロードして実行してください。
記事全体を表示
インターネット閲覧やコンピュータでの作業時に何か異常な動作を見つけたり、不必要なポップアップが表示された場合、コンピュータ上にアドウェアが存在する可能性があります。 F-Secure の製品はコンピュータからアドウェアを自動的に削除しますが、念のためにウイルスとスパイウェアのスキャンを実行することを推奨します。 システムトレイにある製品アイコンをクリックして、ユーザ インターフェースを表示させます。 [ウイルス スキャン] をクリックしてスキャンを完了させます。 エフセキュアのソフトウェアが、アドウェアを検知しなかった場合、サンプルを送付してください。 関連情報 脅威の説明 : アドウェア エフセキュアにサンプルを送るにはどうすれば良いですか? この記事を英語で表示する
記事全体を表示
自動更新機能がキャンセルされます。サブスクリプションは有効期限が過ぎるまで有効です。
記事全体を表示
この記事では、F-Secure のすべての F-Secure エンドポイント保護製品 (クライアント セキュリティとサーバ セキュリティを含む) における除外に関する F-Secure の推奨事項について説明します。
記事全体を表示
この記事は F-Secure の次のモバイル製品に適用します。 F-Secure SAFE モバイルセキュリティ Freedome Key Booster AdBlocker F-Secure のモバイル製品はデバイスがルート化またはジェイルブレイクされていても使用できますが、その場合 F-Secure からサポートを提供することはできません。 デバイスがルート化またはジェイルブレイクされている場合、オペレーティング システムのセキュリティが低下する場合があります。そのため、F-Secure 製品が提供するセキュリティが完全に機能しない可能性もあります。 この記事を英語で表示する
記事全体を表示
F-Secure の公式電子商取引パートナー (Cleverbridge と Digital River) から F-Secure 製品を購入した場合、注文を受けた日から30日間返金保証制度をご利用いただけます。
記事全体を表示
F-Secure のユーティリティのサポートツールは、F-Secure の各種ログ、設定情報、Windows の情報などを収集し、一つのファイルに圧縮します。   サポートツールが終了しないのは、収集したファイルの中に大きなサイズのものがあり、その圧縮に時間がかかっている場合があります。   以下を調べて、大きなサイズのものがあった場合には、別フォルダに移動するなどして、もう一度サポートツールを実行してみてください。   <F-Secure のインストールフォルダ>  の中の拡張子 dmp  のファイル、 および、拡張子 log  のファイル C:\programdata\F-Secure の中の拡張子 log  のファイル Windows のイベントログ (特に Windows サーバーではセキュリティイベントログが大きくなることがあります) ただし、これらのファイルも解析に必要になる場合がございますので、圧縮などして送っていただきますようお願いします。   上記でも解決しない場合、以下の対処をしてください。   実行しているユーザーの TEMP フォルダを開く。 FSDIAG のフォルダー、および、fsdiag で始まるファイルを収集する。
記事全体を表示
セキュリティ製品は最良のものを1つ持っていれば十分です。F-Secure のセキュリティ製品はファイルを開いてスキャンするため、他のセキュリティ製品が同時に同じファイルを開いてしまうといずれかのアンチウイルス製品がファイルの処理が開放されるまで待たなければなりません。これにより、プログラムが正常に起動できない問題などが発生することもあります。 インストール中に主要ベンダーのセキュリティとファイアウォール製品は自動的にアンインストールされます。セキュリティ製品は随時アップデートされるため、自動アンインストールに対応していないものもあります。このため、F-Secure のセキュリティ製品をインストールする前に該当するセキュリティとファイアウォール製品を手動でアンインストールすることを推奨します。 関連情報 PC にインストールされている競合するセキュリティソフトウェアを手動でアンインストールするにはどうすればすれば良いですか? Mac にインストールされている競合するセキュリティソフトを手動でアンインストールするにはどうすれば良いですか? この記事を英語で表示する
記事全体を表示
注: サブユーザを削除すると、サブユーザは保護されなくなります。
記事全体を表示
My F-Secure アカウントを削除したいと思われる場合、チャットまたは電話で当社のカスタマー サポート チームに連絡してアカウントを完全に削除するよう依頼することができます。
記事全体を表示
製品が失効しているままになっている理由はいくつかあります。製品とサブスクリプションの不一致更新を行った際に最初に購入した F-Secure 製品とは異なる F-Secure 製品を選択した可能性があります。 製品がサブスクリプション サーバと同期していないF-Secure...
記事全体を表示
Microsoft Windows の「Temporary Internet Files」フォルダには画像、HTML ページ、実行ファイル、スクリプトなど、Internet Explorer を使用してユーザが Web サイトからダウンロードしたファイルを含めています。F-Secure...
記事全体を表示
この機能は PC または Mac を使用して設定することを推奨します。
記事全体を表示
My F-Secure の2段階認証を設定した後、次の手順に従ってリカバリ コードをダウンロードします。
記事全体を表示
2段階認証は、My F-Secure アカウントにセキュリティ層を追加する機能です。この追加セキュリティ機能により、第三者がユーザのパスワードを発見したとしても、ログインすることはできません。
記事全体を表示
My F-Secure の2段階認証を有効にしたが、スマートフォンにアクセスできないため、スマートフォンのモバイル認証アプリで認証コードを作成することができません。
記事全体を表示
My F-Secure アカウントの2段階認証を無効にした後、ログイン時にセキュリティ コードを入力する必要はなくなります。
記事全体を表示