F-Secure 更新サービスの URL アドレス

グローバル F-Secure コンテンツ配信ネットワークは、動的アドレッシングとトラフィック ルーティングを使用します。コンテンツ配信ネットワークは、HTTP プロトコルと HTTPS プロトコルの両方で動作します。より高速の応答とダウンロード時間を提供するために、F-Secure はサードパーティのコンテンツ配信ネットワークおよび外部のクラウド サービス (Amazon クラウドなど) も使用します。

アウトバウンド ネットワーク トラフィックを制御したい場合、F-Secure は Web プロキシ サーバを使用し、次のホスト名 使用してアクセス制御ポリシーを設定することを推奨します。

  • *.f-secure.com
  • *.fsapi.com

ソフトウェア アップデーターのデータベース

ソフトウェア アップデーターと一緒にプロテクション サービス ビジネス (PSB: Protection Service for Business) または F-Secure クライアント セキュリティ Premium を実行している場合、次のサードパーティ ナレッジベースの記事に記載されている URL アドレスのリストを許可して、ソフトウェア アップデーター データベースが正常に更新されていることを確認します: Ivanti URL 例外リスト

Rapid Detection & Response Service (RDS) と Rapid Detection & Response (RDR)

エンドポイントとバックエンド間の適切な通信を保証するために、エンドポイントは、F-Secure (* .f-secure.com および* .fsapi.com) が所有するさまざまなサブドメインに対して HTTP および HTTPS、ポート 443 を介して通信できる必要があります。また、Windows API は Digicert が発行した証明書で署名された F-Secure サービスを検証する必要があるため、digicert.com ドメインへの接続も許可する必要があります。

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
16/16
最終更新:
金曜日
更新者:
 
ラベル(1)