キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

F-Secure ウイルス&スパイウェア スキャンの機能について

アンチウイルス スキャンには2種類あります: プロトコル レベルのスキャンとファイルシステム レベルのスキャンです。

プロトコル レベルのスキャンはネットワークを介してコンピュータに入ったデータをチェックします。ファイルシステム レベルのスキャンは、一般的にコンピュータのハードディスクなどのようなコンピュータのファイル システム内に保存されたファイルをチェックします。

アンチ ウイルス スキャンは、いくつかの方法で起動することが出来ます。ファイルシステム レベルのスキャンは、ユーザがアプリケーションを開いたり、文書を保存するとき、すなわち、ファイルがアクセスされたときに開始されます。これは、オンアクセス スキャンと呼ばれています。

スケジュール スキャンは、オンデマンドでファイルをスキャンするものです。この機能は、ウイルスを発見するという点では同じですが、ファイル アクセスに基づいて自動的に起動するのではなくユーザの意思に基づき起動されます。同じことは、ユーザによって起動されるスキャンにも言えます - つまりこれは真のオンデマンド スキャンです。

 

プロトコル レベルのスキャンは、ソフトウェアの内部のファイアウォール モジュールで行われます。例えば ZIP ファイルをダウンロードする際に、ファイルはファイアウォールを経由される前にスキャンされます。ファイルは初回ダウンロード時と、ファイルがディスクへ保存されたときの2回スキャンされます。コンテンツファイルは ZIP ファイルから抽出された場合、再度スキャンされます。

 

オンアクセス スキャンは、厳密に言えば、オンデマンド スキャンの一種です。違いは、スキャンの要求者であってスキャン自体にはありません。

 

この記事を英語で表示する

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
5/5
最終更新:
‎31-05-2016 04:50 PM
更新者:
 
ラベル(1)