一時フォルダを消去する

概要

 

この記事では、マルウェアが含まれている一時フォルダを消去する方法について説明します。

 

説明

 

多くの状況で、感染ファイルとアーカイブは一時フォルダの中で見つかります。これらのフォルダは、ソフトウェアのインストール中など、短期間使用されるファイルを格納するために使用されます。これらのフォルダの場所は、次のいずれかに該当することがあります。

  • C:\Documents and Settings\<user_name>\Local Settings\Temp
  • C:\Documents and Settings\Guest\Local Settings\Temp
  • C:\Documents and Settings\Administrator\Local Settings\Temp
  • C:\Users\<user_name>\AppData\Local\Temp (Windows Vista)

<user_name> は Windows のユーザ名を示します。

 

感染の削除

 

システム ファイルと隠しファイルを含め、Windows エクスプローラがすべてのファイルを表示するように設定されていることを確認します。

  1. Windows エクスプローラの [ツール] メニューから [フォルダ オプション] を選択します。
  2. 表示」タブをクリックし、[隠しファイルとフォルダの表示] オプションを選択します。

一時フォルダを空にするには、次の手順を行ってください。

  1. 感染が検出された一時フォルダに移動します。
  2. すべてのファイルとサブフォルダを選択し、キーボードの Delete キーを押すか、[ファイル] メニューの [削除] を選択します。

警告 : ファイルを削除するときは注意してください。一時フォルダ内のファイルのみ削除することを確認してください。他のファイルを削除するとシステムを破損させる可能性があります。

 

この記事を英語で表示する

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
7/7
最終更新:
‎30-05-2016 10:24 PM
更新者:
 
ラベル(1)