キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

他の 個人向け製品

ソート順:
データ収集ポリシーと Security Cloud に関する最新情報については、次のページを参照してください。 F-Secure サービスに関する個人情報保護方針 Security Cloud 個人情報保護方針
記事全体を表示
F-Secure オンライン スキャナは、PC から危険なアイテムを検出・除去します。オンライン スキャナは、PC に問題を引き起こす可能性のあるウイルスやスパイウェアを取り除きます。コンピュータに別のセキュリティ ソフトウェアがインストールされていても機能します。
記事全体を表示
この記事では、オンライン スキャナがサポートする OS と必要なシステム要件について説明します。
記事全体を表示
F-Secure オンライン スキャナは、次の言語で利用できます。ブルガリア語、中国語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、英語、エストニア語、フィンランド語、フランス語、フランス語...
記事全体を表示
現象 Safe Anywhere MAC をインストールした状態で MAC OS をアップグレードすると、Safe Anywhere MAC が動かなくなります。 診断 OS を更新するときに、F-Secure 製品が必要なファイルが消されるためです。 解決策 Safe Anywhere MAC を一旦削除して、再インストールしてください。 ターミナルが使用できるなら以下のコマンドも使用できます。   sudo mkdir /usr/local/f-secure/fssp/var/update/
記事全体を表示
質問 競合するセキュリティ製品はどうすれば削除できますか? 回答 セキュリティ製品は最良のものを1つ持っていれば十分です。セキュリティ製品はファイルを開いてスキャンするため、他のセキュリティ製品が同時に同じファイルを開いてしまうといずれかのアンチウイルス製品がファイルの処理が開放されるまで待たなければなりません。これにより、プログラムが正常に起動できない問題などが発生することもあります。   インストール中に主要ベンダーのセキュリティとファイアウォール製品は自動的にアンインストールされます。セキュリティ製品は随時アップデートされるため、自動アンインストールに対応していないものもあります。このため、本製品をインストールする前に該当するセキュリティとファイアウォール製品を手動でアンインストールすることを推奨します。   セキュリティ製品を手動で削除する   競合するセキュリティ製品をお分かりの場合、次の方法で製品をアンインストールできることがあります。 [スタート] > [コントロール パネル] をクリックします。 [プログラムの追加と削除] をダブルクリックします。 該当するプログラムがインストールされているプログラムの一覧にある場合、そのまま削除 (アンインストール) を行います。 製品をアンインストールできない場合、製品のサポートにお問い合わせください。   以下に主要オペレーティング システムのアンインストール方法を説明します。   Windows XP からセキュリティ製品をアンインストールするには [スタート] > [コントロール パネル] の順に選択します。 [プログラムの追加と削除] をダブルクリックします。 セキュリティ製品を選択し、[変更/削除] を選択します。 確認されたらコンピュータを再起動します。 Windows Vista からセキュリティ製品をアンインストールするには [スタート] > [コントロール パネル] の順に選択します。 [プログラムのアンインストール] を選択します。 セキュリティ製品を選択し、[アンインストールと変更] を選択します。 確認されたらコンピュータを再起動します。 Windows 7/8 からセキュリティ製品をアンインストールするには [スタート] > [コントロール パネル] の順に選択します。 [プログラムと機能] をダブルクリックします。 セキュリティ製品を選択し、[アンインストールと変更] を選択します。 確認されたらコンピュータを再起動します。 詳細   F-Secure の製品をインストールした後にコンピュータが正常に起動しない場合、次の手順を行なってください。 コンピュータをセーフ モードで起動します。 F-Secure の製品を削除します。 コンピュータを再起動します。 FSDiag ファイルを作成します。詳細については、『FSDiag ファイルの作成』を参照してください。 FSDiag ファイルをの F-Secure のサポートに送ります。   この記事を英語で表示する
記事全体を表示
質問 F-Secure オンライン スキャナを使い方を教えてください。 回答 F-Secure オンライン スキャナは数クリックで簡単に使用できるツールです。   F-SecureOnlineScanner.exe ファイルをコンピュータにダウンロードします。 ファイルをクリックして実行します。F-Secure オンライン スキャナのウィンドウが表示されます。 [同意してスキャン] をクリックします。 F-Secure オンライン スキャナがコンピュータに危険なアイテムがあるかスキャンします。危険なアイテムが検出された場合、オンライン スキャナは再起動を要求する場合もあります。再起動後、スキャンが自動的に再開します。 スキャンが完了したらレポートが表示されます。オンライン スキャナは削除するアイテムをすべて自動的に隔離保存します。隔離保存されたアイテムを表示するには、オンライン スキャナを再度実行し、[隔離保存を表示] をクリックします。   この記事を英語で表示する
記事全体を表示
質問 最新のアップデートを受信しているかどうすれば確認できますか? 回答 自動更新は、F-Secure ソフトウェアをインストールすると同時に有効になります。コンピュータがインターネットに接続されているとき、F-Secure の製品は自動的に2時間ごとに最新アップデートをチェックし、毎日の更新情報をダウンロードします。   更新パッケージ全体のサイズは非常に大きいので、ダウンロード時間はインターネット接続の速度によります。コンピュータが過去7日間立ち上げられていなかった場合、すべての更新パッケージがダウンロード、およびインストールされるため、通常の更新よりも時間がかかります。   参考: できるだけ早くダウンロードを行うには、コンピュータを少なくても週に1回インターネットへ接続することを推奨します。   最新のアップデートを確認するには   最新のデータベース アップデートを確認するには   システムトレイにある製品アイコンをクリックして、ユーザ インターフェースを表示させます。 [設定] をクリックします。 [その他の設定] で [データベースのアップデート] を選択します。 バージョン番号が最も高い更新パッケージの日付とバージョンが表示されます。バージョン番号が高くても最新のアップデートであるとは限りません。   次の方法で各スキャン エンジンにインストールされている最新のアップデートを確認できます。   システムトレイにある製品アイコンを右クリックし、ポップアップ メニューから [共通の設定を開く] を選択します。 [共通の設定を開く] を選択します。「共通の設定を開く」画面が開きます。 [自動更新] で [ダウンロード] を選択します。 「ダウンロード」の一覧からエンジン名と最新アップデートのバージョンを確認できます。   参考: モデムをまたは ISDN の接続でインターネットを使用している場合、アップデートを確認するためにインターネットの接続が必要になります。   アップデートを手動で確認するには   インターネットに接続しているときに最新のアップデートが自動的に受信されますが必要に応じて最新アップデートの確認を手動で行うことができます。   システムトレイにある製品アイコンを右クリックし、ポップアップ メニューから [更新] を選択します。更新の確認画面が表示されます。 新しいアップデートが確認され、必要な場合にはアップデートがインストールされます。 この記事を英語で表示する
記事全体を表示