キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ビジネスセキュリティ

ソート順:
現在、PSB workstationのメールフィルタには下記の「送信者を許可」「送信者をブロック」登録するGUIがございます。 こちらの機能は、メール送受信時において動作しておりません。
記事全体を表示
以下の手順を実施します。       ftp://ftp.f-secure.com/support/tools/debugtools/ にアクセスし、     最新バージョンの「fsdbgtools_.exe」をダウンロードします。     ダウンロードしたファイルを実行し、インストールします。     F-Secure Debugging Toolsを起動します。         F-Secure Debugging Toolsの画面が表示されます。    Update Debug Files Onlineをクリックします。   ※オフライン環境にツールを実行する場合、 手順1.のURLに、デバッグバイナリをダウンロードしてから、「Update Debug Files Locally」をクリックし、ファイルを指定してください。   6.デバッグログを取得したいコンポーネントにチェックを入れます。※1 7.「ApplyChanges」をクリックします。   8.事象が発生していることをご確認します。     9.診断情報を取得します。     10.デバッグを停止するには、チェックされたコンポーネントを外して、「ApplyChanges」をクリックします。※1 11.デバッグツールをアンインストールします。再起動が必要です。   ※1:チェックするコンポーネントについて スキャン関連 : Scanner Manager/Gatekeeperと Gatekeeper Driver (CS12.x, PSB Wks 12.01, SS12.x) Ultralight ProviderとGKH (CS13.x) 自動更新関連 : Automatic Update Agent (CS12.x, PSB Wks 12.01, SS12.x) AUA (CS13.x) ブラウザ保護関連 : Network Interceptor Framework ファイアウォール関連 : Firewall (再起動必須)  
記事全体を表示
質問 必要なファイルが F-Secure のリアルタイムスキャンで誤検知されて、アプリケーションが使用できません。どうしたらいいですか? 回答 リアルタイムスキャンの除外設定をしてください。   GUI を開いて、右下 ”設定" をクリックします。 コンピュータ > ウイルスとスパイウェア を開きます。 右ペイン下部の ”除外したオブジェクトを表示” をクリックします。 オブジェクトのタブを開き、”オブジェクトを除外” にチェックを入れます。 "追加” をクリックしてオブジェクト選択画面を開きます。 必要なファイル、もしくは、フォルダを選択し「OK」をクリックします。 ※フォルダを選択した場合、そのフォルダ配下が全て除外されます。 オブジェクトがリストに追加されます。 「OK」ですべての画面を閉じます。     こちらも参照してください。 スキャンから除外するファイルにワイルドカードを使用する方法  
記事全体を表示
 PSBworkstation のアンインストールを行ってもいくつかのレジストリエントリが端末に残存する事がございます。それらのレジストリエントリに対し、一部の他社セキュリティ関連ソフトが競合製品が存在していると判断してしまう事がございます。 下記に現在確認されている対策をご紹介させていただきます。これらを必要に応じてご実施ください。また、当作業はオペレーションシステムの動作に大きく影響を与える可能性がございます。作業の際にはシステム復元ポイントの作成と、レジストリエントリのバックアップを行う事をお勧めいたします。尚、2 と 3 の作業は自己責任でのご実施となります事をご了承ください。 アンインストールツールの実施(サポートツール) 下記の順でお試しください。 Windows通常起動状態での実施 Windowsセーフモード起動状態での実施 特定のF-secure レジストリエントリの削除 他社製品のインストールを試みた歳、弊社の残存レジストリを検知する事がございます。その場合、検知されたレジストリエントリを直接削除します。 スタートボタンの「検索ボックス」でregedit を検索し、実行するとレジストリエディタが開きます。   →  目的のレジストリエントリまでツリーを展開し、右クリックメニューから削除を行います。 再起動後に他社製品のインストールを試みます。   F-secure レジストリエントリの全削除 下記のレジストリエントリ削除コマンドを管理者権限で起動したコマンドプロンプトから実行します。下記は、弊社環境の標準的な Windows7PC において、アンインストールツール実施後にも残存していたレジストリエントリとなります。     reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Enum\Root\LEGACY_F-SECURE_GATEKEEPER" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Enum\Root\LEGACY_F-SECURE_GATEKEEPER\0000" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Enum\Root\LEGACY_F-SECURE_HIPS" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Enum\Root\LEGACY_F-SECURE_HIPS\0000" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Enum\Root\LEGACY_FSNI" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Enum\Root\LEGACY_FSNI\0000" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Enum\Root\LEGACY_FSNI\0000\Control" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Anti-Virus" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Anti-Virus for Microsoft Exchange" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Anti-Virus for Microsoft SharePoint" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Application" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Browsing Protection" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Content Scanner Server" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure DeepGuard" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Device Control" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Internet Shield" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Management Agent" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Network Filter" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Policy Manager Proxy" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Software Updater" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Spam Control" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure-F-Secure Anti-Virus" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\fsni" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\fsni\Enum" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\fsni\Instances" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\services\fsni\Instances\FSCC" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\Enum\Root\LEGACY_F-SECURE_GATEKEEPER" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\Enum\Root\LEGACY_F-SECURE_GATEKEEPER\0000" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\Enum\Root\LEGACY_F-SECURE_HIPS" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\Enum\Root\LEGACY_F-SECURE_HIPS\0000" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\Enum\Root\LEGACY_FSNI" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\Enum\Root\LEGACY_FSNI\0000" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Anti-Virus" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Anti-Virus for Microsoft Exchange" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Anti-Virus for Microsoft SharePoint" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Application" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Browsing Protection" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Content Scanner Server" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure DeepGuard" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Device Control" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Internet Shield" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Management Agent" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Network Filter" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Policy Manager Proxy" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Software Updater" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Spam Control" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure-F-Secure Anti-Virus" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\fsni" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\fsni\Instances" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\fsni\Instances\FSCC" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_F-SECURE_GATEKEEPER" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_F-SECURE_GATEKEEPER\0000" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_F-SECURE_HIPS" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_F-SECURE_HIPS\0000" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_FSNI" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_FSNI\0000" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_FSNI\0000\Control" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Anti-Virus" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Anti-Virus for Microsoft Exchange" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Anti-Virus for Microsoft SharePoint" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Application" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Browsing Protection" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Content Scanner Server" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure DeepGuard" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Device Control" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Internet Shield" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Management Agent" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Network Filter" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Policy Manager Proxy" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Software Updater" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure Application-F-Secure Spam Control" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\eventlog\Application\FSecure-FSecure-F-Secure Anti-Virus" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\fsni" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\fsni\Enum" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\fsni\Instances" /f reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\fsni\Instances\FSCC" /f  
記事全体を表示
一部のネットワークスキャナ(複合機)においてスキャンデータを直接コンピュータに送信する通信が、ファイヤーウォール機能で阻害される場合がございます。その場合にファイヤーウォール設定を変更する方法を解説します。   タスクトレイからf-secureのアイコンをクリックします。 「設定」をクリックします。 「ネットワーク」→「ファイヤーウォール」を開ます。 使用中のファイヤーウォールプロフィールを「オフィス/プリンタ/ファイル共有」に変更します。「OK」をクリックします。  →  一般的なネットワークスキャナであれば、上記手順でスキャンデータの取込が可能です。※上記でも通信ができない場合、別途ポート開放が必要である可能性がございます。下記の手順に従って、ネットワークスキャナ(複合機等)のIPアドレスを許可する事でスキャナが利用可能となります。 タスクトレイのアイコンをクリックし、「設定」→「ネットワーク」→「ファイヤーウォール」画面で「追加」をクリックします。 ファイヤーウォールルール名を入力し「次へ」をクリックします。 「カスタム設定」を選択し、「編集」をクリックします。 タイプを「IPアドレス」に変更し、アドレスに「スキャナのIPアドレス」を入力、「リストに追加」をクリックすると「アドレスリスト」に追加されます。 「次へ」をクリックします。 サービス一覧が表示されます。 「All IP Traffic」をチェックし、「方向」のアイコンをクリックし双方向(両向き矢印)に変更します。 「次へ」をクリックします。 警告タイプを「警告を表示しない」に変更します。 「次へ」をクリックします。 確認画面が表示されます。 「完了」をクリックします。 設定画面を閉じて、スキャン操作を行ってください。 他のルールと競合する場合、追加されたルールをドラッグアンドドロップで優先順位を変更できます。上位のルールが優先されます。 → 
記事全体を表示
 PSBwk のパターンファイル更新通信において TLS 暗号化通信が失敗する件について   2018年1月末より特定ネットワーク環境下においてパターンファイルアップデート通信が失敗する症状が報告されおります。   [ 影響範囲 ] PSBworkstaion  サポートバージョン https://www.f-secure.com/ja_JP/web/business_jp/support/supported-products   [ 発生事象 ] PSBwks からのパターンファイル更新接続時、 TSL 暗号化通信の開始に失敗し、パターンファイルをダウンロードできない。   [ 原因 / 対処 ] 当症状はWindowsAPI の暗号化通信を担当する機能が、弊社製品に設定されているプロキシを参照できず、プロキシサーバ接続が必須である状況下でも直接弊社サーバへの直接接続を試み、通信に必要な認証を受ける事ができない事に起因します。そのため、プロキシを介さない直接インターネットアクセスを制限している環境やタイムアウト設定が短く設定されているネットワーク環境においては暗号化通信が失敗する事がございます。 暗号化通信は、通信に必要な認証情報のキャッシュ期限が切れると再度暗号化通信による認証を試みます。こちらは Windows の仕様とエンドユーザ様のネットワーク制限によるものとなり、弊社製品側では根本解決が難しい問題となります。 なお、本症状は弊社 PSB サーバの AmazonWebService(AWS) 移行 (2018/1/31) に前後して報告されており、当初は AWS サービスとの因果関係を含め調査を続けておりました。しかしながら調査の結果、当事象は AWS に起因するものではなく、 Windows システム内部の暗号化通信通信が原因である事が確認されました。 当症状に対し、弊社から提案できる対処方法は、下記の3 点となります。   Firewall/Proxy での HTTPS 接続タイムアウト設定をより長いものとする。 Proxy を経由しない直接接続を Firewall で許可する。 許可できない場合、 下記の現在確認されているAmazonWebService で利用されているドメインへの接続を限定的に許可する。 システムプロキシを設定する。 【 WinHTTP プロキシ設定手順】 インターネットエクスプローラーに正しいプロキシ設定が行われている事が前提となります。 1. 管理者権限でコマンドプロンプトを起動する 2.WinHTTP のプロキシ設定を実施する     netsh winhttp import proxy source=ie 【実行例】 現在の WinHTTP プロキシ設定 : プロキシ サーバー:  proxy.gtn:3128 バイパス一覧      :  (省略) 3.PC を再起動します。
記事全体を表示
弊社アンチウイルスソフトウェアのインストールができない場合、下記のトラブルシュートをお試しください。(当手法は不特定のインストールエラーに対応しています。) 手法1 下記のトラブルシュートを実施した後、再度インストールをお試しください。   弊社アンインストールツールの実施 https://www.f-secure.com/ja_JP/web/business_jp/support/support-tools ※PSB Computer Protectionとそれ以外の製品用アンインストールツールがございます。 ※Server製品についてはアンインストールツールを公開しておりません。サポートまでお問い合わせください。 ※再起動が必須となります。 ブラウザやメールソフトウェア等のインターネット利用ソフトウェアを終了 ブラウザのキャッシュを削除 競合ソフトウェアの削除 「競合製品の存在」を確認する手法 ※上記手法が困難である場合、コントロールパネル内の「プログラム一覧」から確認します。 インストーラファイルの差し替え インストーラファイルをダウンロード/コピーし直してください。 ※ClientSecurity製品でMSI/JARインストーラを使用している場合、ライセンス情報をお確かめください。弊社製品はメジャーバージョン毎に別のライセンスキーを使用します。 ユーザの変更 “管理者権限を持ったユーザのみ”がログインしている状態にします。 Msconfig MsconfigでWindows以外のソフトウェアを停止した状態でのインストール  Msconfigによるサービス停止手順     手法2 手法1以降もインストールエラーが継続する場合、下記のトラブルシュートを実施した後、再度インストールをお試しください。   Tempフォルダ内の削除 Windowsのテンポラリファイルの削除を行ってください。破損した一時ファイルが原因となり、インストールエラーを引き起こしている可能性がございます。 ※ファイルの場所 C:\WINDOWS\Temp C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Temp MicrosoftUpdateの実施 現在公開されているMicrosoftUpdateの適用をお願いします。 手法3 手法2以降もインストールエラーが継続する場合、下記のトラブルシュートを実施した後、再度インストールをお試しください。   msiinstallerの再登録 下記の手順で作業を実施してください。 プログラムとファイルの検索ボックスに msiexec /unreg と入力し、[OK] をクリックします。 プログラムとファイルの検索ボックスに msiexec /regserver と入力し、[OK] をクリックします。 再インストールしてください システムファイルの修復 下記URLを参考にシステムファイルの修復を実施してください。 (Windows標準のコマンドについては自己責任でのご利用となります) http://support.microsoft.com/kb/929833/ja 手法3以降もインストールエラーが継続する場合、OS 自体のトラブルやネットワーク依存の問題(クラウド製品の場合)が考えられます。該当するものがある場合、これらをお試しください。   システムの修復インストール/システムの復元等によるシステム安定化後のインストール プロキシを介さないネットワーク環境下でのインストール ActiveDirectryや監査ソフトウェア管理環境から外れた状態でのインストール
記事全体を表示
パターンファイルリセットfsaua-reset は、F-Secure 自動更新エージェント (FSAUA: Automatic Update Agent) をリセットするツールです。コンピュータ上の旧パターンファイルを一式削除し、 新たにパターンファイルを取得することでウイルス定義ファイルを最新の状態に更新します。 対象製品バージョン エフセキュア クライアントセキュリティ 12.xx エフセキュア サーバ セキュリティ Ver 12.xx エフセキュア プロテクションサービスビジネス(PSB) ワークステーション 12.xx エフセキュア ポリシーマネージャーサーバ12.xx コンピュータ保護 対象OS 当該製品がサポートするすべてのオペレーティングシステム 以下の手順で実行してください。 1.下記URLから【FSAUA-reset ツール】のダウンロードボタンをクリックし、 次のページにfsaua-reset.exeをダウンロードします。 https://www.f-secure.com/ja_JP/web/business_jp/support/support-tools 2.ダウンロードした fsaua-reset.exe を管理者として実行。 3.コマンドプロンプト画面が起動し、リセットの実行をYES/NOで確認してくるので、Y を入力。 ※しばらく経つと、自動的にコマンドプロンプト画面は閉じます。 上記の手順を実行した後に、パターンファイルがリセットされて、改めて自動的に 更新する作業を行います。なお、パターンファイル更新には、時間がかかる事がございます。 予め、ご了承頂きます様お願い致します。 ポリシーマネージャーサーバ13.xの場合は、自動更新エージェントがなくなり、新しい配信プロトコルGUTS2に変更されるため、パターンファイルのリセットする方法は、以下の手順となります。 1.C:\Program Files (x86)\F-Secure\Management Server 5\data\guts2フォルダを削除します。 2.ポリシーマネージャサーバのサービスを再起動します。
記事全体を表示
PSBにより集中管理を行っているPCにパーツ入れ替えが発生した際、入れ替え対象のパーツにより必要となる対処が異なります。集中管理にて使用している個体認識IDが変更される為です。      ・パーツの入れ替え     システムボード(マザーボード)以外のパーツ(CPU、メモリー、HDD等)の場合は、操作は不要です。     パーツ交換後、PCを再起動することで、以前の環境のまま動作します。          システムボードを入れ替えた場合は、デバイスのIDが変わるため、管理ポータルでの操作が必要となります。     1.管理ポータルへログインします。     2.「デバイス」を選択し、修理対象のデバイスを選択します。     3.画面下側にメニューが表示されますので、そこから「デバイスを消去」を選択します。     4.該当のデバイスが画面から消去されたことを確認します。     5.PCを起動します。     6.暫くするとポータル上に「不明なデバイス」として認識され、更に時間が経過するとホスト名で登録されます。        
記事全体を表示
 Q コマンドラインベースでのスキャン実施時、リターンコードを取得したい。 ------------------------------------------------------------------------- A 以下のようなBatファイルを作成し実行すると確認できます。(ユーザ名:TESTUSERの場合) cd C:\Program Files (x86)\F-Secure\Anti-Virus fsav.exe C:\Users\TESTUSER\Desktop\test160310\ /all /archive /list /report=C:\Users\TESTUSER\Desktop\repo.txt echo %errorlevel%
記事全体を表示
 Q サイレントアンインストール方法について教えてください。 ------------------------------------------------------------------------- A 以下の通り、アンインストールツールにパラメータオプションを付与し実行してください。 1 - UninstallationTool.exe -使用許諾書に同意する必要あり・再起動のGUI画面が表示される 2 - UninstallationTool.exe -a --nogui -使用許諾書に同意する必要あり・GUIは表示されず自動的に再起動 3 - UninstallationTool.exe -a --nogui --noreboot -使用許諾書を同意する必要あり・GUIは表示されず再起動もされません 4 - UninstallationTool.exe -s -a --nogui -完全にサイレントで動作し自動的に再起動します 5 - UninstallationTool.exe -s -a --nogui --reboot-delay=60 -完全にサイレントで動作し60秒後に自動的に再起動します 6 - UninstallationTool.exe -s -a --nogui --noreboot -完全にサイレントで動作し再起動されません
記事全体を表示
以下のリンクから PSB ポータル管理者ガイド がダウンロードできます。   PSB管理ポータルガイド_1.pdf PSB管理ポータルガイド_2.pdf PSBワークステーション管理ガイド(Windows).pdf PSBワークステーション管理ガイド(MAC).pdf PSB_Wks_Win利用者ガイド.pdf PSB_CP_Win利用者ガイド.pdf PSB導入ガイド.pdf PSB_Wks_Mac利用者ガイド.pdf PSBサーバー用クライアント.pdf FREEDOMEforBusinessインストールガイド.pdf ファイアウォール設定ガイド_ProfileEditer.pdf ファイアウォール設定ガイド_Client.pdf
記事全体を表示
[影響する製品/環境] PSB Workstation Security 12.X, CS Premium 12.X (Windows10環境でのみ発生) [問題] 以下の条件を全て満たした場合に、再起動時に「INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE」と いうメッセージと共に、ブルースクリーンが発生することを確認しています。 1.ソフトウェアアプデートを有効にしている 2.Update後に再起動を行わずに運用している [原因] これは、Microsoftが発表したパッチ内に、PCの再起動前に重複した適用を行うと 動作異常が発生するものが存在した事に起因します。 [対策] 日本時間2017年6月16日にソフトウェアアップデーターが参照する弊社 バックエンドシステムにて修正を行いました。 お客様側でのホットフィックス適用は不要です。また、追加の作業は不要です。 [補足事項] 弊社側の修正により当事象への対処は完了いたしましたが、 WindowsUpdateの適用を複数のシステムを使って運用すると 今回の現象のように重複適用が発生し動作の安定性が保証されません。 ソフトウェアアップデートによるWindowsUpdate適用を行っている場合、 Windows側のアップデートは停止する等の措置をお願いします。        
記事全体を表示
Question スケジュールスキャンをポリシーマネージャから設定しましたが、クライアントのGUI上に表示されません。 Answer これは ポリシーマネージャの仕様です。 スケジュールスキャンは、GUI からの設定とポリシーマネージャの設定の2つが別々に設定できるようになっています。 そのため、ポリシーマネージャの設定は GUI 上の設定を変更しません。 スケジュールスキャンは Windows のタスクスケジューラに登録されますので、クライアント上で確かめるには タスクスケジューラを管理者権限で開いて確かめてください。 タスク名は、ポリシーマネージャからの設定の場合は、スケジュールタスクの”名前”、GUI からなら "Scheduled scanning task"  となります。
記事全体を表示
スケジュールスキャンは、ローカルシステム権限で動作します。このため、EFS  (暗号化ファイルシステム) の設定では複合化できない場合があり、スケジュールスキャンは動作しません。 EFS を使用している場合には、正しく複合化できる各ユーザー権限で個別にマニュアルスキャンを実行してください。
記事全体を表示
スケジュールスキャンをランダムな時刻にスタートさせたい場合は、以下のように設定してください。   ポリシーマネージャコンソール > ポリシー > F-Secure アンチウイルス x.xx  > 設定 > スケジューラ > スケジュールタスク  を開く スケジュール パラメータ に以下のように記入する /t(開始時刻) /tr(ランダムの間隔)   例:  午前1時から、午前4時までの間でスタートさせたい場合 /t01:00  /tr03:00   詳しくはポリシーマネージャコンソールの右下ペインにヘルプが表示されますので参照してください。   この機能はクライアントセキュリティ アンチウイルスワークステーションバージョン 11.50 以降、およびサーバセキュリティ 10.50 以降で有効です。 また、ポリシーマネージャコンソールからでないと設定できません。
記事全体を表示
「F-SecureGatekeeper」とは、ウィルススキャン実行時にファイルのハンドリングを行う為のモジュールです。 下記イベントログは、サーバ/クライアント端末のリソース負荷が高いときに出力されます。     このエラーの要因は、スキャンすべきファイルを他のアプリけーションが ハンドリングしてたり、サーバ負荷が高い場合(例:データのバックアップやリストア作業中、多くのアプリケーションやサービスを起動していた場合、 またパターンファイルの更新量が多かった場合 等々)、スキャンエンジンがスキャン対象のファイルハンドリングを行えない場合などに記録されます。 Gatekeeperエラーが数回程度Windowsログに出力されている場合には一時的なマシーン負荷によるものなので問題はありませんが、 継続的に出力されている場合には、FSDIAG診断情報を取得頂き、弊社サポートセンターまでお問い合わせください。   FSDIAG診断情報の取得方法は、 こちらのリンクをご参照ください。      
記事全体を表示
回答 強制アンインストールツールは、「プログラムの追加と削除」から正常に製品がアンインストールできなかった場合などに、製品を正常にOSからアンインストールするための補助ツールです。 (実行すると プログラムの追加と削除/アンインストールのリストからも削除されます)   アンインストールを完了するにはコンピュータを再起動する必要があります。 必ず使用中のアプリケーションを終了してから実行してください。   【注意】ポリシーマネージャサーバがインストールされているサーバで実行した場合はポリシーマネージャサーバとデータベースを削除します。   事前に必ずデータベース(h2db)をバックアップしてください。  参考: ポリシーマネージャ管理者ガイド ※システム保護のため、アンインストール後にWindowsファイアウォールが有効になります。   [強制アンインストールツール の使用方法] 下記のリンクから強制アンインストールツールのzipファイルをダウンロードします。    強制アンインストールツール(ZIPファイル)            強制アンインストールツール(実行ファイル) ダウンロードしたzipファイルを開き、Zipフォルダ内の UninstallationTool.exe をダブルクリックして実行します。 Zipフォルダの警告「このアプリケーションは、このフォルダーにある他の圧縮ファイルに依存している可能性があります…」が表示されましたら、そのまま[実行]を選びます。 セキュリティの警告「このファイルを実行しますか?」が表示されましたら、発行元が F-Secure Corporation であることを確認し、[実行]を選びます。 License Agreement(英文)の画面が表示されます。 内容を確認し、上の[I accept the terms in the license agreement]をチェックして、[Next]をクリックします。 Uninstallation Tool の画面が表示されます。 [Start]をクリックすると、全てのF-Secure製品について削除を行います。削除には数分から十数分かかることがあります。 終了すると再起動を促す画面が表示されます。 [Restart] をクリックしてPCを再起動してください。 ( アンインストールを完了するには再起動が必要です )
記事全体を表示
Question 未更新のセキュリティアップデートが検出(スキャン)されるタイミングは、いつですか。 Answer 製品のインストール直後、また、インストール以降は、端末の起動時と、起動後24時間が経過した時点で、 スキャンが実行されます。 管理ポータル - [コンピュータ]タブ - 「処理」ボタンから、「使用中のプロフィールに対してソフトウェアのアップデート をスキャンする」を実行して、任意のタイミングでスキャンを実行することも可能です。
記事全体を表示
Question ソフトウェアアップデータで、未更新のセキュリティアップデートが検出(スキャン)されました。 どう対応すればいいでしょうか。 Answer セキュリティアップデートの更新(インストール)の処理は、初期状態では、クライアント端末側で、手動で実行頂く 仕様となっています。 管理ポータルからの処理を実行する場合は、[プロフィール] タブからプロフィールエディタを起動し、「ソフトウェア アップデータ」欄の「自動インストールの設定」を有効にして、プロフィールを配布してください。指定したスケジュール に沿って、自動的に更新(インストール)が実行されます。   また、「自動インストールの設定」が有効な場合は、以下手順にて、指定したスケジュール以外のタイミングでも、 直接、更新(インストール)を実行することが可能です。   ・管理ポータル - [コンピュータ]タブ – [ソフトウェアアップデータ]から、セキュリティアップデートの種類、  対象のコンピュータを選択し、[Install]をクリックすることで、端末ごとに更新(インストール)処理を実行する  ことができます。   ・管理ポータル - [コンピュータ]タブ – [ソフトウェアアップデータ]のコンピュータ一覧から、コンピュータ名をクリック  し、詳細情報を表示させます。  ソフトウェアアップデータの項目から、セキュリティアップデートを選択し、 [Install] をクリックすることで、  個別に更新(インストール)処理を実行することができます。   ・管理ポータル - [ソフトウェアのアップデート] タブから、セキュリティアップデートを選択します。    「アップデートをインストールする」を選択すると、該当する全てのコンピュータに一括で更新(インストール)処理  を実行できます。    「選択したコンピュータにアップデートをインストールする」を選択すると、対象のコンピュータを選択した上で、  一括で更新(インストール)処理を実行できます。    「感染したコンピュータを表示する」を選択すると、対象のコンピュータの一覧が表示されます。  
記事全体を表示
ポータルから以下の操作を行ってください。   コンピュータタブを選択 スキャンしたいコンピュータにチェックを入れる ”処理” をクリックする プルタブメニューから、”使用中のプロフィールに対してソフトウェアのアップデートをスキャンする" を選択する クライアントのGUIからは操作できません。デフォルトではPCが起動されるとスキャンを行いますので、P Cを再起動してください。
記事全体を表示
プロフィールエディタにおいて、「インストールの進捗をエンドユーザに通知する」 を "yes" に設定すると、ユーザには以下のように表示されます。     これをクリックすると詳細が確認できます。 以下の例は Firefox のアップデートです。
記事全体を表示
以下のスキャナーマネージャ更新により、イベントID [1]のF-Secure Gatekeeperエラー多発している現象の報告がありました。   F-Secure Scanner Manager Update 2016-12-14_01   この問題について、以下のスキャナーマネージャ更新がリリースされ、問題を修復しました。   F-Secure Scanner Manager Update 2017-02-01_01   対象製品:サーバセキュリティ11.x,12.x 、PSBワークステーション12.x   スキャナーマネージャが更新されても、事象がまだ継続する場合、診断情報(FSDIAG)を取得し、 サポートセンターまでお問い合わせください。   サポートリクエスト      
記事全体を表示
質問 スケジュールスキャンをプロフィールエディターから設定しましたが、クライアントの GUI 上に表示されません。確認方法を教えてください。 回答 これは PSB の仕様です。 スケジュールスキャンは、GUI からの設定と、ポータルのプロフィールエディターの設定の二つが独立して別々に設定できるようになっています。 そのため、ポータルの設定は GUI 上の設定を変更しません。   スケジュールスキャンは Windows のタスクスケジューラに登録されますので、クライアント上で確かめるには、タスクスケジューラを管理者権限で開いて確かめてください。 タスク名は、ポリシーマネージャからの設定の場合は、スケジュールタスクの ”Name”、GUI からなら "Scheduled scanning task"  となります。
記事全体を表示
PSB 10.50より以下の新機能が追加されました。 クライアントからアンインストールを行えないようにする機能の追加 これを有効にすると、コンピュータのコントロールパネルからF-Secureのソフトウェアが削除できなくなります。 削除するようにするには、これを無効にしたプロフィールを配布するか、"F-Secure 管理エージェント" のサービスを停止して実行します。   この機能はデフォルトでは無効にされています。 旧ポータルにて(https://psb3.sp.f-secure.com)、有効にするためには、プロフィールエディターをフルモードで使用する必要があります。 フルモードはサービスプロバイダのユーザーに限られていて、通常の企業アカウントユーザー様では使用できま せん。   この機能を有効にするためには、以下2箇所を変更してください。   1、F-Secure Management Agent > Settings > User Interface > Allow local unistallation of F-Secure products  = Do not allow local uninstallaion 2、F-Secure Management Agent > Settings > Communications > Host Configuration Mode  = Networked   設定されている場合に削除しようとすると以下のようなダイアログが表示されます。   新しいポータル(https://apac.psb.f-secure.com)にて、プロフールエディターから一般設定> ローカルでの F-Secure 製品の アンインストールを許可 の設定を変更します。
記事全体を表示
質問 スパムと判定されたメールの件名に文字列を追加する方法はありますか。 回答 デフォルトでは、この機能は無効となっています。 有効にするためには、プロフィールエディターをフルモードで使用する必要があります。 フルモードはサービスプロバイダのユーザーに限られていて、通常の企業アカウントユーザー様では使用できません。   この機能を有効にするためには、 F-Secure Spam Control > Setting > E-Mail Scanning > Modify Spam Message Subject を Yes にして、さらに 鍵アイコンをクリックしてロックに変更(確定)にしてください。 追加する文字列は F-Secure Spam Control > Setting > E-Mail Scanning > Spam Message Subject Prefix で変更してください。  
記事全体を表示
PSB 10.50より以下の新機能が追加されました。 RMM(Remote management module)の組み込み これは WMI(Windows Management Instrumentation)の機能を利用して、サードパーティ製のソフトウェアあるいはスクリプトなどを利用して、PSB Workstation Security をコントロールすることを可能にします。   この機能はデフォルトでは無効にされています。 有効にするためには、プロフィールエディターをフルモードで使用する必要があります。 フルモードはサービスプロバイダのユーザーに限られていて、通常の企業アカウントユーザー様では使用できま せん。
記事全体を表示
ソフトウェアアップデータで不具合がある場合、以下のツールで詳細なトレースログの取得をお願いする場合があります。 (例:既に更新されているのに、ソフトウェアアップデータでは更新されていないとされるなど)   Shavlik 社の解析ツールの使用 Shavlik は、ソフトウェアアップデータの、元になるデータの提供先です。 こちらで DIAG ツールがありますので、これを使ってログを採取してください。   DIAG ツールのファイルはこちらから取得してください。   「Gathering a DPD Trace」 http://community.shavlik.com/docs/DOC-22997 (残念ながら英語版しかありません。)    Steps の 1. で  DPDTrace.zip を取得して、適当な場所で展開してください。 (実行する前に "F-Secure の設定" > "ネットワーク" > "アプリケーション通信制御" は「無効」の設定にしておくことをお勧めします。設定が有効の場合、DPDTrace のアクセスをブロックしようとします)   コマンドプロンプトから以下のように実行してください。 DPDTrace.bat {MACHINE_NAME} {ADMIN_USER_NAME} {PASSWORD} {PATCHTYPE}   例えば、マシン名が testmachine、Admin 管理者ユーザ名が admin、 パスワードが password  なら以下のようなコマンド行になります。     DPDTrace.bat  testmachine   admin  password  9 DPDTrace ツールが正常に終了すると、展開したフォルダ中の HFCLI フォルダにログを書き込みます。 注意:ファイルサイズは通常は約 20 ~ 30 MB 位になります。もしファイルサイズが小さすぎる場合は失敗している可能性があります。 HFCLI フォルダの中に、TraceA や ErrorA などのログが残っていますので、これらの中のエラー内容を確認し、必要な対応を行ってから、もう一度実行してください。   HFCLI フォルダが正常に取れたら、その HFCLI フォルダをすべて圧縮してください。     さらに、以下のレジストリの収集をお願いします。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Pro ducts HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing\Packages HKLM\SOFTWARE\Classes\Installer\Patches 以下も参照してください。 「Batch File For Obtaining Registry Exports For Detection Related Issues」 https://community.shavlik.com/docs/DOC-23819   こちらを開くと、ツール Get_Registry_Exports.zip が取得できます。ただし、このツールについてはサポート対象外です。 また、その時点でのサポートツールで FSDAIG ファイルも取得してください。 FSDIAGファイルの作成
記事全体を表示
ポリシーにおいて、"インストールの通知"  を "はい" に設定すると、ユーザには以下のように表示されます。     これをクリックすると詳細が確認できます。 以下の例は Firefox のアップデートです。
記事全体を表示
ソフトウェアアップデーターがサポート(対応)しているソフトウェア一覧は、以下のリストを参照してください。   サポートソフトウェア一覧
記事全体を表示
Question ソフトウェアアップデータの機能概要 Answer ソフトウェアアップデータは、ご利用のOSやアプリケーションが最新の状態に保てるよう、クライアント端末の未更新 のセキュリティアップデートを検出し、管理ポータルを通して、管理担当者様による集中管理を可能にしたツールです。   一般的なご利用手順としては、以下を想定しています。   1 弊社プロテクションサービスビジネスワークステーションをインストールください。  インストール後の初期設定では、未更新のセキュリティアップデートが自動的に検出(スキャン)されますが、  更新(インストール)は実施されません。   2 弊社製品のインストール後、該当のコンピュータが管理ポータルに登録されます。  管理ポータルにログインし、[プロフィール]タブからプロフィールエディタを起動ください。  「ソフトウェアアップデータ」を選択し、以下の内容を設定した上で、プロフィールを配布ください。    ・ソフトウェアアップデータの有効/無効   ※サードパーティ製の資産管理ツール等にて管理される場合は、本設定にて、ソフトウェアアップデータを    無効にして頂くことができます。    ・自動インストールの設定   ※初期設定では無効になっており、セキュリティアップデートの検出(スキャン)のみが有効になっています。    管理ポータルから、セキュリティアップデートの更新(インストール)を実行したい場合は、本設定を有効として    ください。設定したスケジュールに沿って、自動的に更新(インストール)が実行されます。   ※「アップデートのインストール時に通知」を選択すると、セキュリティアップデートの更新時に、クライアント側    に、アップデートを示すメッセージが表示されるようになります。    ・スキャンから特定のアップデートを除外する   ※初期設定では、Microsoft Security tools が、スキャン対象から除外されています。    除外対象に、セキュリティに関連しない更新や、サービスパックを追加することができます。   3 スキャンが実行され、未更新のセキュリティアップデートが検出された場合、管理ポータルへ結果が送信   されます。   スキャン結果は、管理ポータル - [コンピュータ]タブ – [ソフトウェアアップデータ]の項目から確認できます。   4 自動インストールの設定が有効な場合は、定められたスケジュールに沿って、自動的にセキュリティアップ   デートが更新(インストール)されます。   管理ポータル - [コンピュータ]タブ – [ソフトウェアアップデータ]から、セキュリティアップデートの種類、   対象のコンピュータを選択し、[Install]をクリックすることで、端末ごとに更新(インストール)処理を実行する   こともできます。   5 コンピュータ名をクリックし、詳細情報のソフトウェアアップデータの項目から、個々の端末の、更新状況が   確認できます。   セキュリティアップデートを選択し、[Install] をクリックすることで、個別に更新(インストール)処理を実行する   こともできます。   6 [ソフトウェアのアップデート] タブからは、未更新のセキュリティアップデートごとに、複数のコンピュータに  一括でインストール処理を実行することができます。   参考   ソフトウェアアップデータを無効にしたい。   ソフトウェアアップデータで、未更新のセキュリティアップデートが検出(スキャン)されました。どう対応すればいいでしょうか。   未更新のセキュリティアップデートが検出(スキャン)されるタイミングは、いつですか。   管理ポータルから、セキュリティアップデートの検出(スキャン)や、更新(インストール)の処理を実行した場合、結果が管理ポータルに反映されるまで、どれくらい時間がかかりますか。   管理ポータルからセキュリティアップデートの更新(インストール)処理を実行しましたが、2時間以上経過しても、重大(クリティカル)な更新や、重要な更新が残ったままです。どう対応すべきでしょうか。
記事全体を表示
Adobe Reader XI は Adobe Reader X の機能強化版になります。そのため、Adobe Reader XI はソフトウェアアップデーターの対象とはなっておりません。 Adobe Reader X においてアップデートがあった場合は対象になります。
記事全体を表示
プロフィールより "Notify end-user about installation progress" を Yes に設定すると、ユーザには以下のように表示されます。       これをクリックすると詳細が確認できます。 以下の例は Firefox のアップデートです。  
記事全体を表示
Windows OS の評価版を使用されている場合、ソフトウェアアップデータは、その OS の更新の検査をすることができない場合があります。 (インストールされているサードパーティのソフトウェアの検査はできます。) 正規版にアップグレードして使用してください。
記事全体を表示
ソフトウェアアップデータのデータがいつ更新されたものかを確認するためには、以下のファイルを開いて確認してください。   C:\ProgramData\f-secure\FSOFTUPD\scan\latest-scan-result.xml   この中の、 XMLRevisionDate ="YYYY -MM-DD を参照してください。  
記事全体を表示
現象 ソフトウェアアップデータで、以下の MSWU-538 がインストールできない(ダウンロードできない)場合があります。   セキュリティ情報番号:MSWU-538 ( 更新名:Error message when you query the "Win32_Product" class after you install applications by using Microsoft Windows Installer (MSI) 4.5 together with the "Per-User" option in Windows Server 2003 and in Windows XP: "0x80041001 - Generic failure") 診断 MSWU-538 に関しては例外的に Microsoft がダウンロード URL を用意しておりません。そのためにソフトウェアアップデータではダウンロードができません。 解決策 Microsoft からお客様ご自身で HOTFIX ファイルを入手していただく必要があります。   PSB ポータルをご利用のお客様の場合は、該当する ”更新名” をクリックして、Microsoft の WEBペ ージを開いて、”Hotfix Download Available" より HOTFIX を入手してください。   サーバーセキュリティの場合は、「WEBコンソール>サーバー保護>ソフトウェアアップデーター>インストール」を開いて、該当する ”アップデートの情報” をクリックしてください。   ポリシーマネージャをご利用のお客様は、「ソフトウェアアップデートのタブ>該当する ”アップデートの情報”」をクリックしてください。
記事全体を表示
Adobe Reader の更新には、前回インストールしたときのインストールファイルが必要になります。 これは通常 C:\ProgramData\Adobe\Setup\{AC76BA86-7AD7-1041-7B44-AB0000000001}  に残されています。  このファイルがなくなっている、もしくは、何らかの異常が見られる場合には更新ができません。   対処法 一旦、Adobe Reader を削除して、Adobe 社より最新版をインストールしてください。    
記事全体を表示
ディープガードの「高度なモニタリングを有効にする」オプションを有効にすると、不審なプロセスに監視用の DLL を埋め込みます。これによりディープガードの検出率を向上します。   残念ながら、プログラムによっては、この DLL によって問題が発生するものがあります。 このため、 ディープガードの「高度なモニタリングを有効にする」オプションを設定した環境で、 ソフトウェアや PC に問題がある場合には、このオプションを無効にして様子を見てください。
記事全体を表示
以下は必ず F-Secure テクニカルサポートのアドバイスの下で行ってください。   [FSMIRROR.DLL のログ]    1.  レジストリキーを開く    (32ビットOS) [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Data Fellows\F-Secure\FWES]     (64ビットOS) [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Data Fellows\F-Secure\FWES]   2. 次の値を作成する "debuglevel", DWORD, 20 dec = 14 hex [ES ドライバーのログ] レジストリキー [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\FSES] を開く 次の値を作成する  "debuglevel", DWORD, 20 dec = 14 hex 次の値を作成する "debuglog", STRING, c:\fses.log  システムをリブートし、詳細デバッグログを有効にします。   現象が再現したことを確認し、FSDIAG ファイルと C:\fsaves.txt, C:\fses.log を収集してください。   注意: ESドライバーのログ、fses.log はパス名を変更できますが、FSMIRROR.DLLのログ fsaves.log は固定です。
記事全体を表示
Windows Vista、Windows 7 で ネットワーク探索を有効にするためには添付するドキュメントを参照してください。
記事全体を表示
現象 ディープガードであるプログラムを誤検知した場合、データを修正して誤検知対応した後もそのプログラムに対する誤検知が続く場合があります。 診断 ディープガードはクラウド上のデータとローカル PC 上のキャッシュデータの両方を用いて判断します。データ修正後も誤検知が続く場合には PC 上のキャッシュデータが更新されていない可能性があります。 解決策 PC 上のキャッシュデータは 24 時間でクリアされますので、それまでお待ちいただくか、コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行してキャシュデータを削除してください。   "<F-Secureのインストールフォルダ>\ORSP Client\orspdiag.exe"  --cache-clear   Yes/No を問われますので、Y を入力して実行してください。   実効例:   c:\Program Files (x86)\F-Secure\ORSP Client\orspdiag --cache-clear You're about to clear the ORSP client cache, are you sure? [y[es]/n[o]]: y Clearing ORSP client cache... Done. c:\Program Files (x86)\F-Secure\ORSP Client>
記事全体を表示
競合製品の検出はサードパーティ製のソフトウェアを使用しています。 以下の URL  の Web ページ (英文)  で公開しています。   https://www.opswat.com/products/oesis-framework/supported-applications   上記を開いて、各プラットフォームで確認してください。  
記事全体を表示
原則的に、プロテクションサービスビジネス (PSB) の製品は、インターネットへの接続、および、弊社サーバーへの接続が必要です。一時的に接続できないような場合は問題ありませんが、常時オフライン環境で使用するような環境では、PSB 製品ではなく、弊社クライアントセキュリティなどを検討してください。
記事全体を表示
この記事では、エフセキュアのアンチウイルス製品でワイルドカードを使用して特定のファイルをスキャンから除外する方法について説明します。   バックグラウンド情報   こ の機能はスキャナ マネージャ 9.40.15490 9.40.15490 に対する更新として導入されたもので、2010年5月にリリースされました。エフセキュア アンチウイルスのインストールは、エフセキュア自動更新エージェント (AUA) を使用して通信路経由でこの更新を自動的に受け取ります。   ここで説明する情報は、クライアント セキュリティ 8と9、アンチウイルス ワークステーション 8と9、アンチウイルス Windows サーバ 8と9 のようにすべての8シリーズ クライアントと9シリーズ クライアントに適用されます。   ワイルドカードを使用するときに満たす必要のある条件   除外するときにワイルドカードを使用する場合は、(エスケープ文字として) バックスラッシュを2回入力する必要があります: 「\\」。パス名の中に含まれるすべてのスラッシュは、この方法でエスケープ処理する必要があります。   パス名では大文字小文字の区別はありません。リアルタイム スキャンの場合は、デバイス名を使用します。例 :   *\\HarddiskVolume1\\*\\eicar.com。   リアルタイム スキャンはドライブ文字を認識しません。ドライブ文字をデバイス名にマップするには、管理者としてコマンドラインから fltmc volumes を実行します。 fltmc ユーティリティは、オペレーティング システムに付属しています。   \\Device\\HarddiskVolume1 を使用すると、サーバが「Device」、共有が「HarddiskVolume1」であるネットワークの除外と競合します。したがって、ローカルの除外はアスタリスク (*) で開始してください。   マ ニュアル スキャンの場合は、ドライブ文字のみを使用します。例 : C:\\*\\eicar.com。この状況では、デバイス名は機能しません。1文字のワイルドカード (?) を使用する場合は、除外を必ずアスタリスクで開始してください。例 : *\\eica?.com。   ドライブ文字を含む従来の除外も、リアルタイム スキャンでは引き続きサポートされています。例 : C:\eicar\eicar.com は、除外の中でワイルドカードが使用されて いない ことを想定します。   使用例   次のフォルダ構造の中にあるすべての .ini ファイルをリアルタイム スキャンから除外するためにワイルドカードを使用する例 :   C:\Documents and Settings\\User1\\MyApplication\ C:\Documents and Settings\\User2\\MyApplication\ ... C:\Documents and Settings\\UserNN\\MyApplication\   解決策 A : *\\HarddiskVolume1\\documents and settings\\*\\MyApplication\\*.ini 解決策 B : *\\documents and settings\\*\\MyApplication\\*.ini   例 1 *eicar* *\\MyFolder\\* *\\MyFolder\\Subfolder\\* *eica?.com *car.com   参考: *eicar* は、文字列「eicar」を含む任意のフォルダ または その中にあるファイルに一致します。この指定がフォルダ名に一致する場合は、サブフォルダも含めそのフォルダの中にあるすべてのものが除外されます。   例 2 マニュアル スキャンでは、デバイス名を認識しません。リアルタイム スキャンのみが認識します。 リアルタイム スキャンのみ: *\\harddiskvolume1\\virus*\\eicar.com リアルタイム スキャンのみ: *\\harddiskvolume1\\documents and settings\\*\\CADS\\*.ini マニュアル スキャンのみ: C:\\*\\eicar.com   例 3 誤り : a) *\\MyFolder\MySecondFolder\MyFiles*.exe b) MyFile12?.exe   正しい : a) *\\MyFolder\\MySecondFolder\\MyFiles*.exe (スラッシュにエスケープ文字を追加する必要がある) b) *MyFile12?.exe (任意の1文字を示すワイルドカード (?) を使用する場合、先頭にアスタリスク (*) を追加する必要がある)
記事全体を表示
現象 製品のインストールが途中で失敗した、と表示されます。 診断 Windows のアプリケーションイベントログに以下のようなログが残っているときがあります。 イベントの種類: エラー イベント ソース: MsiInstaller イベント カテゴリ: なし イベント ID: 10xx 説 明: 製品: <F-Secure製品名> - <製品名バージョンなど> をインストールできませんでした。エラー コードは 1603 です。   弊社のインストーラは Windows Installer を利用してインストールを行っておりますが、このサービス自体に問題がある可能性があります。(MSI とはWindows Installerサービスを利用するパッケージのことです) 解決策 以下を実行してみてください。   1、システム ファイル チェッカーの使用   問題の PC で、sfc /SCANNOW を実行してみてください。ファイルの問題なら解消されます。   詳しくはこちらを参照して下さい。   http://support.microsoft.com/kb/929833/ja    2、Windows Installer サービスの再登録   管理者権限でコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行します。   msiexec /unreg   続けて以下のコマンドを実行します。   msiexec /regserver     PC を再起動して、もう一度インストールを試してください。   3、Microsoft が提供する修正ツールを適用してみてください。        こちらを参照してください。   https://support.microsoft.com/ja-jp/help/17588/fix-problems-that-block-programs-from-being-installed-or-removed   
記事全体を表示
Question Windowsにおいて、CPU 使用率が高い場合、何を調べたらいいでしょうか? Answer 実際にどのプロセスのCPU使用率がどのように推移していくか、また、いつ、あるいは、何がきっかけでCPU使用率が高くなるのかを明確にさせておく必要があります。このために、Windowsにある「パフォーマンスモニター」でプロセスのCPU使用率のログを取ってください。 これがあれば、F-Secureのどのプロセスなのか、あるいは他のソフトウェアとの関連性が認められるのか、おおよその見当がつけれます。 パフォーマンスモニターは一般的なWindowsのツールなので、このツールの使い方に関しては、Microsoftにご確認いただくか、あるいはネット上で検索していただければ、ツールの使い方をご確認できます。 おおよその使い方としては、Windowsサーバーなら    サーバーマネージャ > ツール > パフォーマンスモニター を起動して、    データコレクター セット > ユーザー定義  を開いて、    操作>新規作成>データコレクターセット で新しいセットを作りましょう。 目的は「どのプロセスがどう推移していくか」なので、テンプレートから作成する場合は、”System Performance” を使用するのが一般的です。。 ただし、このテンプレートの場合、停止条件が「全体の期間=1分」、つまり。1分しか動きません。このため、作成後にプロパティから適当な値に変更する必要があります。 この設定でのパフォーマンスモニターを動かした状態で現象の再現が確認できた場合、データコレクタセットを停止して、そのログを確認してください。 弊社に相談する場合は、このログ情報以外に、サポートツールにてFSDIAGファイルの取得と、お客様で現象の再現が認められた時刻、CPU使用率が高くなった時刻の情報を添えてください。
記事全体を表示
この記事では、エフセキュア アイコンについて説明します。システム トレイ アイコンは、現在の製品ステータスを表します。ステータス ページ アイコンは、プログラムとそのセキュリティ機能のステータスを示します。   システム トレイ アイコンが示すもの   Windows のシステム トレイにあるエフセキュアのアイコンをマウス オーバすると、 ステータス アイコンとそれぞれの意味   アイコン ステータス できること 本製品が正常に動作していることを示します。コンピュータは保護されています。 コンピュータを通常のように利用できます。 本製品がダウンロードを実行していることを示します。ダウンロードが完了した時点で、コンピュータは保護されます。 本製品が最新の更新をダウンロードおよびインストールしています。ダウンロードが完了するまで、お待ちください。 エラーが発生し、コンピュータが完全に保護されていません。 マウス ポインタをアイコンに合わせると、エラーの原因を確認できます。必要に応じて、コンピュータを再起動します。 警告。保護機能 (例 : リアルタイム スキャン) が無効になっている、または本製品が古くなっていることを示します。コンピュータは完全に保護されていません。 マウスポインタをシステム アイコンの上に置くと、ステータスのヒントが表示されます。現在無効になっているこの機能を有効にするか、製品の更新をチェックしてください。 参考: たとえば、ハード ドライブのデフラグ処理中、システム機能のなかにダウンロードを伴うものがありそれが停止中になるため、このアイコンが表示されることがあります。 重大な警告を示します (アイコンが点滅)。 パターン ファイルとスパイウェア定義ファイルがしばらくの間更新されていない場合に表示されます。パターン ファイルとスパイウェア定義ファイルをできるだけ早く更新してくだし。 本製品がアンロード (コンピュータのメモリから開放され、コンピュータが保護されていない状態) されていることを示します。 ステータス アイコンを右クリックして、[再ロード] を選択します。 ペアレント プロファイルが有効です。 インターネットを制限なくアクセスできます。 アイコンがない 本製品がインストールされていない、またはエラーが発生したために起動が失敗したことを示します。 コンピュータを再起動します。アイコンが表示されない場合、本製品を再インストールしてください。   全体の保護ステータスを表示する   「ステータス」画面では、インストールされている機能とそのステータスを確認できます。   [ステータス] ページを開くには、メイン ページの [ ステータス ] をクリックします。   各機能の横にあるアイコンからプログラムのステータスと関連のコンポーネントを確認できます。   ステータス アイコン ステータス 説明 OK コンピュータが保護されています。機能が有効になっており、正常に動作していることを示します。 情報 特定の機能で特別なステータスが発生していることを示します。 特定の機能がアップデートされるときなどにアイコンが表示されます。 警告 コンピュータが完全に保護されていないことを示します。 たとえば、ウイルス定義が古い可能性がある、機能のステータスに注意が必要、または、ファイアウォールがすべてのインターネット トラフィックをブロックするよう設定されているなどです。 エラー コンピュータが保護されていないことを示します。 たとえば、ライセンスが切れている、ファイアウォールがすべてのトラフィックを許可するよう設定されている、重要な機能が無効になっている、または製品がエラー状態であるなど。 オフ 機能が無効になっていることを示します。
記事全体を表示