キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ビジネスセキュリティ

ソート順:
 PSBwk のパターンファイル更新通信において TLS 暗号化通信が失敗する件について   2018年1月末より特定ネットワーク環境下においてパターンファイルアップデート通信が失敗する症状が報告されおります。   [ 影響範囲 ] PSBworkstaion  サポートバージョン https://www.f-secure.com/ja_JP/web/business_jp/support/supported-products   [ 発生事象 ] PSBwks からのパターンファイル更新接続時、 TSL 暗号化通信の開始に失敗し、パターンファイルをダウンロードできない。   [ 原因 / 対処 ] 当症状はWindowsAPI の暗号化通信を担当する機能が、弊社製品に設定されているプロキシを参照できず、プロキシサーバ接続が必須である状況下でも直接弊社サーバへの直接接続を試み、通信に必要な認証を受ける事ができない事に起因します。そのため、プロキシを介さない直接インターネットアクセスを制限している環境やタイムアウト設定が短く設定されているネットワーク環境においては暗号化通信が失敗する事がございます。 暗号化通信は、通信に必要な認証情報のキャッシュ期限が切れると再度暗号化通信による認証を試みます。こちらは Windows の仕様とエンドユーザ様のネットワーク制限によるものとなり、弊社製品側では根本解決が難しい問題となります。 なお、本症状は弊社 PSB サーバの AmazonWebService(AWS) 移行 (2018/1/31) に前後して報告されており、当初は AWS サービスとの因果関係を含め調査を続けておりました。しかしながら調査の結果、当事象は AWS に起因するものではなく、 Windows システム内部の暗号化通信通信が原因である事が確認されました。 当症状に対し、弊社から提案できる対処方法は、下記の3 点となります。   Firewall/Proxy での HTTPS 接続タイムアウト設定をより長いものとする。 Proxy を経由しない直接接続を Firewall で許可する。 許可できない場合、 下記の現在確認されているAmazonWebService で利用されているドメインへの接続を限定的に許可する。 システムプロキシを設定する。 【 WinHTTP プロキシ設定手順】 インターネットエクスプローラーに正しいプロキシ設定が行われている事が前提となります。 1. 管理者権限でコマンドプロンプトを起動する 2.WinHTTP のプロキシ設定を実施する     netsh winhttp import proxy source=ie 【実行例】 現在の WinHTTP プロキシ設定 : プロキシ サーバー:  proxy.gtn:3128 バイパス一覧      :  (省略) 3.PC を再起動します。
記事全体を表示
 弊社製品は他社アンチウイルスソフトやインターネット接続制限ソフト等により、正常動作を妨げられる事がございます。当記事では診断情報(FSDIAG)を利用し、端末内に競合製品が存在するか?を確認する手法をご紹介させていただきます。(*1) [前提条件] 正規表現の基礎知識 サポート ツール (FSDIAG)で取得した診断情報。 https://www.f-secure.com/ja_JP/web/business_jp/support/support-tools Grep検索が可能なテキストエディタ ※当記事ではSakuraエディタ 2.2.0.1を使用します。 http://sakura-editor.sourceforge.net/htmlhelp/HLP000001.html [手法] Sakuraエディタを起動し、解凍した診断情報の” <FSDIAG>\win\registry\reg_uninst.log”を開きます。 ※インストールソフトウェアの情報は、” FSDIAG 解凍フォルダ\win\registry” フォルダにレジストリ情報として格納されています。 Sakuraエディタのメニューから”Grep”を開きます。 「サブフォルダからも検索する」「正規表現」にチェックを入れます。 「ファイル」を「*.*」に変更します。 「条件」欄にキーワード(後述)を入力し、検索を行います。 「現フォルダ」をクリックします。 同フォルダ/配下のフォルダに存在する該当するキーワードを持ったファイルと、その行が一覧表示されます。 ※この場合、AVASTがレジストリエントリ内に確認されました。 何も見つからない場合、 後述の検索キーワードの順番で、より広域の検索キーワードを使用し、インストールソフトのリストを表示させてください。そのリストを目視(*4)することで、未知の競合ソフトを確認します。 [Grep検索キーワード] 下記のリスト内のどれかを含む(*2) Spyware|Guard|Virus|Mcafee|Kingsoft|Norton|Symantec|Trend|kaspersky|Bitdefender|AVG|CloudSecurity|PANDA|AVAST|PhishWall|Netizen|PHISHCUT|Web Shelter|i-フィルタ|Baidu Security|Rapport|RapidBoot|Fastboot|Smart Security|Family Security|AdAware|Ad-Aware|safety|SKYSEA|CATSecurity|AhnLab|ALYac|Avira|Comodo|G DATA|gred AntiVirus|NOD32|PC Matic|Sophos|ZERO|Virus Buster|Webroot Spy Sweeper|Flets virus clear Displayname(*3)を含んで、MicrosoftUpdate/F-secure/System3/Driver関係を含まない。 ^.*(?!.*Microsoft.*)(?!.*更新.*)(?!.*修正.*)(?!.*ドライバ.*)(?!.*f-secure.*)(?!.*system32.*)(?!.*Driver.*)(?=.*Displayname.*).*$ Displaynameを含んで、Microsoftを含まない。 ^.*(?=.*Displayname.*)(?!.*Microsoft.*).*$ Displaynameを含む。 ^.*(?=.*Displayname.*).*$  (*1)弊社製品インストール時に競合製品検査は行われておりますが、弊社製品インストール後にそれらのソフトインストールが行われる事がございます。 (*2)当リストはサポートで頻繁に競合の可能性があるソフトとして報告されるソフト群となります。全ての競合製品を網羅してはおりませんので予めご了承ください。また、これらのソフトが存在していても設定により機能競合が発生しない場合もございます。 (*3) Displaynameはレジストリに記載されるソフトウェア名記述に使われます。 (*4) reg_uninst.log はインストールソフト一覧、それ以外のファイルは関連レジストリのログとなります。
記事全体を表示
PSBにより集中管理を行っているPCにパーツ入れ替えが発生した際、入れ替え対象のパーツにより必要となる対処が異なります。集中管理にて使用している個体認識IDが変更される為です。      ・パーツの入れ替え     システムボード(マザーボード)以外のパーツ(CPU、メモリー、HDD等)の場合は、操作は不要です。     パーツ交換後、PCを再起動することで、以前の環境のまま動作します。          システムボードを入れ替えた場合は、デバイスのIDが変わるため、管理ポータルでの操作が必要となります。     1.管理ポータルへログインします。     2.「デバイス」を選択し、修理対象のデバイスを選択します。     3.画面下側にメニューが表示されますので、そこから「デバイスを消去」を選択します。     4.該当のデバイスが画面から消去されたことを確認します。     5.PCを起動します。     6.暫くするとポータル上に「不明なデバイス」として認識され、更に時間が経過するとホスト名で登録されます。        
記事全体を表示
 Q コマンドラインベースでのスキャン実施時、リターンコードを取得したい。 ------------------------------------------------------------------------- A 以下のようなBatファイルを作成し実行すると確認できます。(ユーザ名:TESTUSERの場合) cd C:\Program Files (x86)\F-Secure\Anti-Virus fsav.exe C:\Users\TESTUSER\Desktop\test160310\ /all /archive /list /report=C:\Users\TESTUSER\Desktop\repo.txt echo %errorlevel%
記事全体を表示
以下のリンクから PSB ポータル管理者ガイド がダウンロードできます。   PSB管理ポータルガイド_1.pdf PSB管理ポータルガイド_2.pdf PSBワークステーション管理ガイド(Windows).pdf PSBワークステーション管理ガイド(MAC).pdf PSB_Wks_Win利用者ガイド.pdf PSB_CP_Win利用者ガイド.pdf PSB導入ガイド.pdf PSB_Wks_Mac利用者ガイド.pdf PSBサーバー用クライアント.pdf FREEDOMEforBusinessインストールガイド.pdf ファイアウォール設定ガイド_ProfileEditer.pdf ファイアウォール設定ガイド_Client.pdf
記事全体を表示
影響する製品 Server Security 12.10/12.11 Email and Server Security 12.10/12.11 PSB Server Security 12.10/12.11 PSB Email and Server Security 12.10/12.11 症状 WEBコンソールが正常に表示されず、InternetExplorerにおいて空白として表示される。 回避策 当記事に添付されている"main.php"をダウンロードし、症状が発生している端末において、 下記のフォルダに格納されている"main.php"と置き換えを行います。 <F-Secure Installation folder>\Web User Interface\forms\common\main.php 根本解決 次期のバージョンにて当症状を解消いたします。 内部参照情報 CTS-99132 
記事全体を表示
Question 未更新のセキュリティアップデートが検出(スキャン)されるタイミングは、いつですか。 Answer 製品のインストール直後、また、インストール以降は、端末の起動時と、起動後24時間が経過した時点で、 スキャンが実行されます。 管理ポータル - [コンピュータ]タブ - 「処理」ボタンから、「使用中のプロフィールに対してソフトウェアのアップデート をスキャンする」を実行して、任意のタイミングでスキャンを実行することも可能です。
記事全体を表示
Question ソフトウェアアップデータで、未更新のセキュリティアップデートが検出(スキャン)されました。 どう対応すればいいでしょうか。 Answer セキュリティアップデートの更新(インストール)の処理は、初期状態では、クライアント端末側で、手動で実行頂く 仕様となっています。 管理ポータルからの処理を実行する場合は、[プロフィール] タブからプロフィールエディタを起動し、「ソフトウェア アップデータ」欄の「自動インストールの設定」を有効にして、プロフィールを配布してください。指定したスケジュール に沿って、自動的に更新(インストール)が実行されます。   また、「自動インストールの設定」が有効な場合は、以下手順にて、指定したスケジュール以外のタイミングでも、 直接、更新(インストール)を実行することが可能です。   ・管理ポータル - [コンピュータ]タブ – [ソフトウェアアップデータ]から、セキュリティアップデートの種類、  対象のコンピュータを選択し、[Install]をクリックすることで、端末ごとに更新(インストール)処理を実行する  ことができます。   ・管理ポータル - [コンピュータ]タブ – [ソフトウェアアップデータ]のコンピュータ一覧から、コンピュータ名をクリック  し、詳細情報を表示させます。  ソフトウェアアップデータの項目から、セキュリティアップデートを選択し、 [Install] をクリックすることで、  個別に更新(インストール)処理を実行することができます。   ・管理ポータル - [ソフトウェアのアップデート] タブから、セキュリティアップデートを選択します。    「アップデートをインストールする」を選択すると、該当する全てのコンピュータに一括で更新(インストール)処理  を実行できます。    「選択したコンピュータにアップデートをインストールする」を選択すると、対象のコンピュータを選択した上で、  一括で更新(インストール)処理を実行できます。    「感染したコンピュータを表示する」を選択すると、対象のコンピュータの一覧が表示されます。  
記事全体を表示
ポータルから以下の操作を行ってください。   コンピュータタブを選択 スキャンしたいコンピュータにチェックを入れる ”処理” をクリックする プルタブメニューから、”使用中のプロフィールに対してソフトウェアのアップデートをスキャンする" を選択する クライアントのGUIからは操作できません。デフォルトではPCが起動されるとスキャンを行いますので、P Cを再起動してください。
記事全体を表示
プロフィールの設定 > ソフトウェアアップデータ > インストール後に再起動する の設定がありますが、、Windows サーバー OS の場合、インストールを完了しても自動的に再起動は行わない仕様となっています。
記事全体を表示
現象 ディープガードであるプログラムを誤検知した場合、データを修正して誤検知対応した後もそのプログラムに対する誤検知が続く場合があります。 診断 ディープガードはクラウド上のデータとローカル PC 上のキャッシュデータの両方を用いて判断します。データ修正後も誤検知が続く場合には PC 上のキャッシュデータが更新されていない可能性があります。 解決策 PC 上のキャッシュデータは 24 時間でクリアされますので、それまでお待ちいただくか、コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行してキャシュデータを削除してください。   "<F-Secureのインストールフォルダ>\ORSP Client\orspdiag.exe"  --cache-clear   Yes/No を問われますので、Y を入力して実行してください。   実効例:   c:\Program Files (x86)\F-Secure\ORSP Client\orspdiag --cache-clear You're about to clear the ORSP client cache, are you sure? [y[es]/n[o]]: y Clearing ORSP client cache... Done. c:\Program Files (x86)\F-Secure\ORSP Client>
記事全体を表示
原則的に、プロテクションサービスビジネス (PSB) の製品は、インターネットへの接続、および、弊社サーバーへの接続が必要です。一時的に接続できないような場合は問題ありませんが、常時オフライン環境で使用するような環境では、PSB 製品ではなく、弊社クライアントセキュリティなどを検討してください。
記事全体を表示