ビジネスセキュリティ

ソート順:
 下記手順にて、ポリシーマネージャプロキシのUIDをリセットすることができます。 [Linux版PMPの場合] ①fspmsを停止します。 #/etc/init.d/fspms stop ②h2dbとfspms.jksを削除します。 #rm -rf /var/opt/f-secure/fspms/data/h2db #rm -rf /var/opt/f-secure/fspms/fspms.jks ③TLS証明書を再作成します。 #./opt/f-secure/fspms/bin/fspmp-enroll-tls-certificate Enter Policy Manager user to authorize certificate enrollment: Enter password: ※ポリシーマネージャコンソールからポリシーマネージャサーバへアクセスするときのユーザ、パスワードを入力します。 ④fspmsを起動します。 #/etc/init.d/fspms start  ※新しいh2dbが作成され新しいUIDが付与されます。  ※PMPをポリシーマネージャの管理下に登録後、ポリシーマネージャコンソール(ステータス-ホストのプロパティ)からUIDを確認することができます。   [Windows版PMPの場合] ①fsms(ポリシーマネージプロキシサービス)を停止します。 ②以下のディレクトリにアクセスし、h2dbとfspms.jksを手動で削除します。 c:\Program Files (x86)\F-Secure\Management Server 5\data\h2db c:\Program Files (x86)\F-Secure\Management Server 5\data\fspms.jks ③fspmp-enroll-tls-certificate.batを実行し、TLS証明書を再作成します。 c:\Program Files (x86)\F-Secure\Management Server 5\bin\fspmp-enroll-tls-certificate.bat Enter Policy Manager user to authorize certificate enrollment: Enter password: ※ポリシーマネージャコンソールからポリシーマネージャサーバへアクセスするときのユーザ、パスワードを入力します。 ④fsmsを起動します。 ※新しいh2dbが作成され新しいUIDが付与されます。 ※PMPをポリシーマネージャの管理下に登録後、ポリシーマネージャコンソール(ステータス-ホストのプロパティ)からUIDを確認することができます。  
記事全体を表示
HTTPプ ロキシ設定ファイルは、サーバのデータ フォルダにあります。 Windows C:\Program Files (x86)\F-Secure\Management Server 5\data\fspms.proxy.config Linux /var/opt/f-secure/fspms/data/fspms.proxy.config 新しい設定を適用するには、ポリシー マネージャ サーバのサービスを再起動する必要があります。 注:バージョン13.xでは、1つのアドレスのみが設定できます。複数のHTTPプロキシがサポート対象外となります。バージョン12.xにて、fsaua.cfgに複数のHTTPプロキシを設定されていた場合、バージョン13.xへアップグレードする際に、最初のプロキシのみが移行されます。
記事全体を表示