キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ビジネスセキュリティ

ソート順:
ポリシーマネージャで集中管理を行っているPCにパーツ入れ替えが発生した際、入れ替え対象のパーツにより必要となる対処が異なります。集中管理にて使用している個体認識IDが変更される為です。      ・マイナーパーツの入れ替え     システムボード(マザーボード)以外のパーツ(CPU、メモリー、HDD等)の場合は、操作は不要です。     パーツ交換後、PCを再起動することで、以前の環境のまま動作します。     システムボードを入れ替えた場合は、デバイスのIDが変わります。     インストールイメージ作成時、IDの指定にノード名以外を指定している場合は、下記操作が必要です。     1.ポリシーマネージャコンソールへログインします。     2.ドメインツリーより該当のホストを選択します。     3.右クリックし、削除を選択します。     4.PCを起動します。     5.コンソール画面の「保留中」に上がってきますので、元のドメインへインポートしてください。     6.ホストは一定時間(標準で10分)経過すると、ポリシーを読み込みます。   
記事全体を表示
質問 隔離保存されたファイルを検体受付に調査依頼する際に、どのように送付すればいいですか。 回答 以下の手順に従い、隔離保存されたファイルをご送付します。   【手順】 ■Client Security/PSB wks/PSB Computer Protection/その他のWindows製品 1.タスクトレイのf-secureアイコンをクリックし、コントロール画面を表示 2.「設定」ボタンをクリックし、設定画面を表示 3.「ウイルスとスパイウェアスキャン」をクリック 4.「リアルタイムスキャンを有効にする」のチェックを解除 5.「隔離保存フォルダを開く」をクリック 6.隔離処理されているファイルの一覧が表示されます。 7.復元するファイルを選択し「復元」ボタンをクリックします。 8.選択されたファイルが「パス名」記載の位置に復元されます 9.「閉じる」→「OK」でアクションセンタを閉じます 10.パス名の場所に移動し、復元されたファイルを暗号化ZIP圧縮します。(パスワード:infected) 11.【重要】手順4で解除したチェックを再度チェックしてリアルタイムスキャンを有効化して下さい 12.検体窓口まで検体ファイルを送付してください。     【手順】 ■ServerSecurity の場合 1.WEBコンソールから、コントロール画面を表示 2.「リアルタイムスキャン」をクリックし、設定画面移動 3.「リアルタイムスキャン」のスイッチをクリックしオフに設定 4.「保存して適用」をクリック 5.「ファイルの隔離保存データベース」ボタンをクリックし、設定画面を表示 6.「隔離保存コンテンツ」欄で、復元するファイルのチェックボックスをチェック 7.「復元」ボタンをクリック 8.選択されたファイルが「パス名」記載の位置に復元されます 9.パス名の場所に移動し、復元されたファイルを暗号化ZIP圧縮します。(パスワード:infected) 10.【重要】手順3で解除したスイッチを再度オンにしてリアルタイムスキャンを有効化して下さい 11.検体窓口まで検体ファイルを送付してください。   【手順】 ■ツールを使用する場合 1.下記のURLから、隔離保存された検体を取得するツールをダウンロードします。 ftp://ftp.f-secure.com/support/tools/fsdumpqrt/fsdumpqrt.exe 2.管理者権限で、fsdumpqrt.exeを実行します。 3.コマンドプロンプト画面に、「Press any key to continue with default option..」が表示され、 キーボードのEnterのキーを押します。 4.キーボードの "E" キーを押します。 5.任意のキーを押し、終了します。 6.管理者アカウントのデスクトップにmalware_samples.zipが作成されます。     上記の方法で取得できない場合、回避策として以下の手順で取得してくだい。  【手順】 1.フォルダオプションにて隠しフォルダを表示する設定とします。 2.エクスプローラを開き、下記のフォルダまで展開します。   C:\ProgramData\f-secure\Quarantine\Repository 3.TARというフォルダを右クリックにてプロパティを開きます。 4.セキュリティタブを開き、[追加]ボタンを押します。 5.everyone と入力し、[OK]ボタンを押します。 6.Everyoneが選択された状態で、下部の「Everyoneのアクセス許可」にて  フルコントロールの許可にチェックを入れ、[OK]ボタンを押します。 7.下記フォルダごとパスワード付ZIPファイルにしてください。  (パスワードは infected でお願いします。) C:\ProgramData\f-secure\Quarantine\ 8.作成したZIPファイルを弊社までお送りください。 9.検体送付後はセキュリティタブで作成したユーザ:"Everyone"を削除してください。   上記で作成されたファイルを弊社の検体受付までご送付ください。 宛先: japan-samples@file-samples.f-secure.com   参照URL 「検体送付手順について教えてください」 https://community.f-secure.com/t5/共通トピック/FSDIAG-ファイルを作成するにはどうすれば良いですか/ta-p/91737
記事全体を表示
 Q コマンドラインベースでのスキャン実施時、リターンコードを取得したい。 ------------------------------------------------------------------------- A 以下のようなBatファイルを作成し実行すると確認できます。(ユーザ名:TESTUSERの場合) cd C:\Program Files (x86)\F-Secure\Anti-Virus fsav.exe C:\Users\TESTUSER\Desktop\test160310\ /all /archive /list /report=C:\Users\TESTUSER\Desktop\repo.txt echo %errorlevel%
記事全体を表示
この記事では、隔離保存フォルダからアイテムを復元する方法について説明します。   隔離保存フォルダの復元ツールについて   隔離保存フォルダの復元ツール ( unquar.exe ) は、誤って隔離保存されたファイルを復元するために使用されます。   また、アンインストール ツールで製品が削除された後に隔離保存されたフォルダを完全に削除するためにも使用できます。   誤検知の後、隔離保存フォルダからファイルを復元する   エフセキュアの製品がインストールされ、リアルタイム スキャンが有効な場合、最新のパターン ファイルがインストールされていることを確認してください。 Unquar.exe は ftp://ftp.f-secure.com/support/tools/unquar/unquar.exe からダウンロードできます。   unquar.exe を c:\temp\ などの一時フォルダにコピーします。 コマンド プロンプトを開きます。 Windows XP の場合、 スタート メニューから [ ファイル名を指定して実行 ] を選択し、[ 名前 ] フィールドに cmd を入力して [ OK ] をクリックします。 Windows Vista/7 の場合、 スタート メニューで cmd を入力して [ OK ] をクリックします。 コマンド プロンプトで一時フォルダに移動します。たとえば、 c:\temp\ に移動する場合、 cd c:\temp\ を入力して Enter を押します。 隔離保存したアイテムを表示するには a) 検出名: unquar.exe -m recovery -i Trojan:W32/F-Secure_testfile.A 指定した種類のマルウェアを表示します (この例では Trojan:W32/F-Secure_testfile.A) b) 隔離保存した日付: unquar.exe -m recovery -d 2011.04.15-2011.04.16 指定した日付/期間に隔離保存したマルウェアを表示します (この例では 2011/4/15~2011/4/16)。日付の形式は YYYY.MM.DD-YYYY.MM.DD で指定されます。 アイテムを復元するには 参考: 隔離保存されたファイルの中にはマルウェアが含まれているものもありますので、復元するファイルが正しく選択されていることを確認してください。ファイルの安全性に確信がない場合、エフセキュアのサポートにご連絡ください。 a) 検出名: unquar.exe -m recovery -i Trojan:W32/F-Secure_testfile.A --doit 指定した種類のマルウェアを隔離保存フォルダから解除します (この例では Trojan:W32/F-Secure_testfile.A)。 b) 隔離保存した日付: unquar.exe -m recovery -d 2011.04.15-2011.04.16 --doit 指定した日付/期間に隔離保存したマルウェアを表示します (この例では 2011/4/15~2011/4/16)。日付の形式は YYYY.MM.DD-YYYY.MM.DD で指定されます。 対象のファイルが元の場所に移動され、関連するレジストリの設定も復元されます。 参考: スクリプトの使い方がよくわからない場合、エフセキュアのサポートにご連絡ください。 削除モード   ツールを使用して隔離保存フォルダそのものを削除することもできます。隔離保存フォルダは厳密な ACL によって保護されているため、通常は削除することができません。.ツールによって、ACL が無効になり、対象のコンテンツが再帰的に削除されます。   隔離保存フォルダを削除するには   unquar.exe を c:\temp\ などの一時フォルダにコピーします。 コマンド プロンプトを開きます。 Windows XP の場合、 スタート メニューから [ ファイル名を指定して実行 ] を選択し、[ 名前 ] フィールドに cmd を入力して [ OK ] をクリックします。 Windows Vista/7 の場合、 スタート メニューで cmd を入力して [ OK ] をクリックします。 コマンド プロンプトで一時フォルダに移動します。たとえば、 c:\temp\ に移動する場合、 cd c:\temp\ を入力して Enter を押します。 unquar.exe -del を実行します   詳細   unquar.exe をコマンド プロンプトでパラメータなしで実行すると、ツールのパラメータに関するヘルプが表示されます。
記事全体を表示
この記事では、制限のあるユーザが ilaunchr.exe を実行してエフセキュアの製品をインストールする方法について説明します。   runas コマンドを使用する   ilaunchr.exe の中に、認証情報をバイパスするための内蔵パラメータがありませんが、 runas コマンドを使用して実行可能ファイルを実行できます。例 :   runas /user:domain\admin "c:\ilaunchr.exe c:\cs.jar" runas /user:domain\admin "c:\ilaunchr.exe c:\cs.jar /f"   エフセキュアの既存のインストールが存在している場合は、 /f を使用してインストールを強制することもできます。   コマンドを実行した直後にパスワードを要求されます。インストールを完全にサイレントで実行することはできません。
記事全体を表示
ポリシーマネージャバージョン12がインストールされているマシンに、サーバーセキュリティバージョン11をインストールすると、以下のようなエラーが表示されます。   ポリシーマネージャからインストールした場合   MSIパッケージでインストールされた場合   ポリシーマネージャとサーバーセキュリティで共有しているコンポーネントの F-Secure Unistallは、すでにポリシーマネージャにより最新版になっているためのエラーです。動作には支障ありませんので、このまま使用できます。   詳しく確認するためには、 c:\windows\fssetup.log を参照します。 F-Secure Uninstall がインストールされないログは以下のようになります。   1 15/06/16 15:27:41 { WriteSilentSetupResultCode(200,The installation of some components failed: F-Secure Uninstall 10.00: Newer version is installed.;,次のソフトウェアのインストールに失敗しました: F-Secure Uninstall 10.00) 1 15/06/16 15:27:41 Writing result code [200] to Registry... 1 15/06/16 15:27:41 Succeed. 1 15/06/16 15:27:41 Writing result code description [The installation of some components failed: F-Secure Uninstall 10.00: Newer version is installed.;] to Registry... 1 15/06/16 15:27:41 Succeed. 1 15/06/16 15:27:41 Writing result code simple description [次のソフトウェアのインストールに失敗しました: F-Secure Uninstall 10.00] to Registry... 1 15/06/16 15:27:41 Succeed. 1 15/06/16 15:27:41 } WriteSilentSetupResultCode(200,The installation of some components failed: F-Secure Uninstall 10.00: Newer version is installed.;,次のソフトウェアのインストールに失敗しました: F-Secure Uninstall 10.00) 1 15/06/16 15:27:41 } SilentFinalResult()     これ以外のなんらかのエラーログが見られる場合はサポートに連絡してください。    
記事全体を表示