キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ビジネスセキュリティ

ソート順:
これはHigh Sierra以降で導入された新しいセキュリティ機能が影響しております。 Computer Protection for Mac build 16230以降をインストール後に、「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」-「一般」タブにてF-Secureのソフトウェアを許可してください。 ※上記手順はリモートアクセスで実行するのではなく、必ず対象コンピュータローカル(管理者権限アカウント)で実行してください。 上記手順でも解決しない場合、以下の手順を1つずつ実行し、機能が有効になるかどうかを確認してください。 [手順①] 1)システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「プライバシー」>「アクセサビリティ」を確認し、サードパーティアクセサビリティソフトウェア(BetterTouchTool、MagicPrefs等)を削除、若しくは無効化 2)「セキュリティとプライバシー」>「プライバシー」>「一般」画面を表示 3)「許可」ボタンをクリック [手順②] 1)「システム環境設定」>「キーボード」>「ショートカット」>フルキーボードアクセスを有効化に変更 2)「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「一般」タブを表示 3)キーボードのTabキーでフォーカスを「許可」ボタンにに合わせる 4)キーボードのスペースキーを押す [手順③] リカバリモードで"spctl kext-consent"のコマンドを使用し、F-SecureチームIDを許可されたkextデベロッパーリストに追加 F-secureチームID: 6KALSAFZJC [参考情報] https://developer.apple.com/library/content/technotes/tn2459/_index.html#//apple_ref/doc/uid/DTS40017658-CH1-TNTAG4
記事全体を表示
・本製品のご利用にはポリシーマネージャVer12.30以降が必要です。   ・ポリシーマネージャコンソールからインストールパッケージをエクスポート後に、ファイル名を変更しないで下さい。インストールパッケージのファイル名を変更すると、ライセンス認証に失敗したり、ポリシーマネージャに登録ができない等の事象が発生致します。 (インストールに必要な情報がインストーラーのファイル名の中に埋め込まれています。)   ・キーコード認証のために弊社クラウドへの接続を行ないますので、インターネットへの接続環境が必須となります。   ・本製品ではMacの自動プロキシ検出/自動プロキシ構成(.pac)をサポートしておりませんため、この機能を利用している場合はライセンス認証が行なえません。プロキシの設定については手動で設定いただく必要がございます。        
記事全体を表示