ビジネスセキュリティ

ソート順:
F-Secure Linux セキュリティをインストールする前に、Linux ディストリビューションによっては特定のソフトウェア パッケージのインストールや設定を必要とするものがあります。ここでは、最も一般的な設定と解決方法を説明します。
記事全体を表示
Linux セキュリティ  フルエディション ver10.xx から ver11.0xxへのアップグレードにおいて、アップグレードに先立ち、32bit 互換パッケージのインストールが必要となる場合があります。以下の KB を是非ご一読下さい。   Linux セキュリティ ver 11.xx をインストールする前のチェックリスト   【アップグレード作業】  以下にアップグレード作業の手順をご説明します。    ①.製品インストーラー及びマニュアルを以下サイトよりご入手して下さい。 https://www.f-secure.com/ja_JP/web/business_jp/downloads/linux-security/latest   ②.事前の設定ファイルバックアップ ※ このバックアップは、アップグレードに問題が生じ、切り戻しが必要になった際に利用する可能性 があるものとなります。通常は利用いたしません。   Linuxセキュリティフルエディションのみがインストールされている場合: # /etc/init.d/fsma stop # /etc/init.d/fsaua stop # tar cpsf <backup-filename>.tar /etc/init.d/fsma /etc/init.d/fsaua /etc/opt/f-secure /var/opt/f-secure /opt/f-secure # /etc/init.d/fsaua start # /etc/init.d/fsma start   Linuxセキュリティフルエディション及びポリシーマネージャの共存環境の場合: # /etc/init.d/fsma stop # /etc/init.d/fsaua stop # /etc/init.d/fspms stop # tar cpsf <backup-filename>.tar /etc/init.d/fsma /etc/init.d/fsaua /etc/opt/f-secure /var/opt/f-secure /opt/f-secure # /etc/init.d/fsaua start # /etc/init.d/fsma start # /etc/init.d/fspms start   /etc/logrotate.d/fs-linux-security で、ログローテートの設定している場合にはこのファイルもバックアップ取得をお勧めします。   現運用で、弊社製品のファイアウォール機能を利用しているかどうかの確認には、次のコマンドの出力が Fi rewall -   ENABLED または DISABLED かで判定します。              # /opt/f-secure/fsav/sbin/fschooser     「DISABLED」でご利用頂いてります場合は、上書きアップグレード時に nofirewall オプションを付与してインストールして下さい。   ③.バージョン 11.xxのインストール (ファイアウォール機能利用の有無により、以下いずれか) # ./fsls-<version>.<build> # ./fsls-<version>.<build> nofirewall   【参考マニュアル】 https://download.f-secure.com/corpro/ls/current/fsls-11.10-adminguide-jpn.pdf P15 3.5 アップグレード P16 3.6 カスタムインストール   ※ver10.xx及びver11.xxのライセンスキーコードが異なりますので、 アップグレード時にver11.xx用のライセンスキーコードの入力が必要となります。   ※ インストール後に fsav-config コマンドを実行する場合も、nofirewall オプションを指定してください。nofirewall オプションの付与が無い場合はファイアウォール機能が動作してしまいますのでご注意下さい。   ※ログローテートの設定は /etc/logrotate.d/fs-linux-security を参照して再度設定して下さい。   ④ . OSの再起動 ※インストール終了時に、ver11.xx のリアルタイムスキャン用カーネルドライバのコンパイルが行なわれますが、このドライバは OS の再起動がされるまでロードされません。 アップグレードを完了させるには OS 再起動が必要です。  # shutdown -r now   ⑤.バージョンの確認方法 # fsav --version F-Secure Linux Security version 11.xx  build xxx       ←  バージョンが 11.xxであることを確認     【緊急時のバージョンの切り戻し手順】  バージョン 11.xx アップグレード後に何らかの問題が生じ、元のバージョンに切り戻す場合は以下作業を実施します。   <Linuxセキュリティフルエディションのみがインストールされている場合>   ①.バージョン 11.xx のアンインストール # /opt/f-secure/fsav/bin/uninstall-fsav   ②.以下コマンドにて関連ディレクトリを削除 # rm -rf /opt/f-secure /etc/opt/f-secure /var/opt/f-secure   ③.OS再起動  # shutdown -r now   ④.切り戻しバージョンをインストール(ファイアウォール機能利用の有無により、以下いずれか) # ./f-secure-linux-security-<version>.<build> # ./f-secure-linux-security-<version>.<build> nofirewall    同様に fsav-config コマンドを実行する場合も、nofirewall オプションを指定してください。nofirewall オプションの付与が無い場合はファイアウォール機能が動作してしまいますのでご注意下さい。(ファイアウォール機能利用の有無により、以下いずれか)   # /opt/f-secure/fsav/fsav-config # /opt/f-secure/fsav/fsav-config nofirewall   ⑤.バックアップより設定ファイルの上書きコピー # /etc/init.d/fsma stop # /etc/init.d/fsaua stop # cd / # rm -rf /var/opt/f-secure # tar xpsf <backup-filename>.tar # /etc/init.d/fsaua start # /etc/init.d/fsma start   ※ バックアップ/リストアは同一バージョン間で行なって下さい。 ver11.xx のバックアップを ver10.xx で利用する (またはこの逆) ことはサポート外となります。   ※ ver10.xx のままで稼動し続け、ver10.xx の EOL を過ぎてしまった場合には、その後のパターンファイルの適用が失敗する可能性が御座います。 これはローカルからパターンファイルの取得動作が停止するわけでは無く、弊社内サーバにて行なわれるパター ンファイルの整合性検査範囲から ver10.xx が外されますためとなります。 このため、EOL 以降いつの時点で事実上ご利用頂けなくなりますかのご案内は難しくなっております。   <Linuxセキュリティフルエディション及びポリシーマネージャの共存環境の場合>   ①.ポリシーマネージャ及び Linux セキュリティフルエディションのアンインストール   アンインストール手順  # rpm -e f-secure-policy-manager-server  # /opt/f-secure/fsav/bin/uninstall-fsav  # rpm -e f-secure-policy-manager-console    ②.以下コマンドにて関連ディレクトリを削除 # rm -rf /opt/f-secure /etc/opt/f-secure /var/opt/f-secure   ③.OS再起動  # shutdown -r now   ④.Linuxセキュリティフルエディション(旧バージョン)及びポリシーマネージャの再インストール   Linuxセキュリティフルエディション(旧バージョン)の再インストール: (ファイアウォール機能利用の有無により、以下いずれか) # ./f-secure-linux-security-<version>.<build> # ./f-secure-linux-security-<version>.<build> nofirewall   fsav-config コマンドを実行する場合も、同様にファイアウォール機能利用の有無によるnofirewallの指定が必要となります。   # /opt/f-secure/fsav/fsav-config # /opt/f-secure/fsav/fsav-config nofirewall   ポリシーマネージャの再インストール: # rpm -Uvh fspmaua-<バージョン>.<ビルド>.i386.rpm # rpm -Uvh fspms-<バージョン>.<ビルド>.i386.rpm # rpm -Uvh fspmc-<バージョン>.<ビルド>.i386.rpm ※64ビット環境であれば、64ビットのパッケージ(x86_64)のパッケージをご使用ください。 ※Linuxセキュリティとの共存環境で利用する場合は、64ビット環境であってもfspmauaについては32ビット版をご使用下さい。(Linuxセキュリティは32ビットアプリケーションとして動作し、fsauaはLinuxセキュリティとポリシーマネージャで共有されるため。)   ⑤.旧バージョンでのバックアップより設定ファイルの上書きコピー # /etc/init.d/fsma stop # /etc/init.d/fsaua stop # /etc/init.d/fspms stop # cd / # rm -rf /var/opt/f-secure # tar xpsf <backup-filename>.tar # /etc/init.d/fsaua start # /etc/init.d/fsma start # /etc/init.d/fspms start   ※ Linuxセキュリティフルエディション及びポリシーマネージャの自動更新エージェントのパッケージ(AUA)が共通のものとなります。 ※ 自動更新エージェントのパッケージ (AUA) をアンインストールするにはポリシ―マネージャサーバ(PMS)のパッケージを事前にアンインストールする必要がございます。
記事全体を表示
対象製品: アンチウイルス PC / アンチウイルス ワークステーション 10.x / アンチウイルス ワークステーション 11.x / クライアント セキュリティ 10.x / クライアント セキュリティ 11.x / クライアント セキュリティ 11.x Premium / インターネット セキュリティ 2013 / インターネット セキュリティ 2014 / インターネット セキュリティ 2015   削除の上級オプション   手動アンインストール   製品のインストールが失敗した場合、製品の手動アンインストールを行う必要がある場合があります。次の方法でソフトウェアを手動で完全に削除できます。 F-Secure の関連サービスを停止します。 次のレジストリ キーを削除します。 # HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Data Fellows # HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\BackWeb (if present) # HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\F-Secure コンピュータを再起動します。 再起動後、F-Secure のインストール フォルダを削除します。 製品を再インストールします (必要な場合)。 fsuninst を使用して削除する   fsuninst.exe プログラムを使用してソフトウェアをモジュール別に削除することができます。このプログラムは F-Secure\uninstall ディレクトリに格納されています。   F-Secure インターネット セキュリティ 2010 および PSC 9x に必要なコマンドライン: fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Anti-Virus" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure NAC Support" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure HIPS" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Gemini" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure ORSP Client" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Gadget" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure ISP News " -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure NRS" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure ExploitShield" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Internet Shield" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure E-mail Scanning" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Spam Scanner" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Spam Control" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Anti-Spyware" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Anti-Spyware Scanner" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Protocol Scanner" -a F-Secure インターネット セキュリティ 2009 および PSC 8 に必要なコマンドライン: fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Anti-Virus" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure HIPS" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Pegasus Engine" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Gemini" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Internet Shield" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure E-mail Scanning" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Web Filter" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Spam Scanner" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Spam Control" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Anti-Spyware" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Anti-Spyware Scanner" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Protocol Scanner" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"News Service" -a F-Secure クライアント セキュリティ (バージョン8.x) に必要なコマンドライン: fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Anti-Virus" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure HIPS" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Pegasus Engine" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Gemini" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Internet Shield" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure E-mail Scanning" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Web Filter" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Spam Scanner" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Spam Control" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Anti-Spyware" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Anti-Spyware Scanner" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Protocol Scanner" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"News Service" -a F-Secure アンチウイルス サーバ/ワークステーション (バージョン8.x) に必要なコマンドライン: fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Anti-Virus" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Anti-Spyware" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"F-Secure Anti-Spyware Scanner" -a fsuninst.exe /UninstRegKey:"News Service" -a F-Secure アンインストール ツールを使用して削除する   F-Secure アンインストール ツールを使用する際には細心の注意が必要です。次のことに留意してください。   F-Secure ソフトウェアが危険な場所 (c:\、c:\windows または c:\program files) に直接インストールされた場合、このツールは F-Secure ソフトウェアを削除できません。これは、F-Secure のソフトウェアがインストールされているディレクトリに含まれている他のファイルも削除されるための仕様です。 このツールはインストールされているすべての F-Secure 製品を削除するため、F-Secure ポリシー マネージャ、F-Secure アンチウイルス Microsoft Exchange および F-Secure アンチウイルス Windows Server のインストールに使用する際には注意してください。ポリシー マネージャをアンインストールし、バックアップされていない場合、すべてのクライアントを再インストールする必要があります。 このツールはキー、ドメインの構成およびポリシー マネージャに関連する他の設定をすべて削除した上で他の製品も削除します。 すべてのポリシーはデジタル署名され、使用前に確認されるため、キーと commdir (通信) ディレクトリのバックアップは不可欠です。 アンインストール ツールはリスクがあるため、最後の手段としてのみ使用してください。   アンインストール ツール パッケージは次の URL からダウンロードできます: ftp://ftp.f-secure.com/support/tools/uitool/UninstallationTool.zip .   RPM を使用して Linux から削除する   この方法は、パッケージ マネージャ (RPM、DPKG) を使用せずに F-Secure のインストール フォルダを削除した場合に使用してください。この方法でアンインストールを実行した場合、パッケージ マネージャは対象製品が削除されてなく、インストールされた状態であると認識するため、製品の再インストールができない場合があります。次の方法でこの問題を解消できます。   インストールされている RPM パッケージを判別する: rpm -qa | grep f-secure rpm -qa | grep fsav 次のコマンドを実行してパッケージを削除します。 rpm -e --noscripts (各パッケージに実行します。) 最後に、製品のインストール ディレクトリを削除します。 rm -rf /var/opt/f-secure/fsav rm -rf /var/opt/f-secure/fsma rm -rf /etc/opt/f-secure/fsav rm -rf /etc/opt/f-secure/fsma rm -rf /opt/f-secure/fsav rm -rf /opt/f-secure/fsma   この記事を英語で表示する
記事全体を表示
現象 Linux セキュリティ フルエディションで Web 管理画面へのリモートアクセスログイン時、ユーザー認証後下記エラーで管理画面が表示されない。   【エラー内容】 org.millstone.base.event.ListenerMethod$MethodException Cause: java.lang.UnsatisfiedLinkError: /opt/f-secure/fsav/tomcat/jpam/libjpam.so: libpam.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory         at org.millstone.base.event.ListenerMethod.receiveEvent(ListenerMethod.java:392)         at org.millstone.base.event.EventRouter.fireEvent(EventRouter.java:173)         at org.millstone.base.ui.AbstractComponent.fireEvent(AbstractComponent.java:762)         at org.millstone.base.ui.Button.fireClick(Button.java:293)         at org.millstone.base.ui.Button.changeVariables(Button.java:176)         at org.millstone.webadapter.HttpVariableMap.handleVariables(HttpVariableMap.java:581)         at org.millstone.webadapter.WebAdapterServlet.service(WebAdapterServlet.java:497)         at javax.servlet.http.HttpServlet.service(HttpServlet.java:803)         at org.apache.catalina.core.ApplicationFilterChain.internalDoFilter(ApplicationFilterChain.java:269)         at org.apache.catalina.core.ApplicationFilterChain.doFilter(ApplicationFilterChain.java:188)         at org.tuckey.web.filters.urlrewrite.UrlRewriteFilter.doFilter(UrlRewriteFilter.java:304)         at org.apache.catalina.core.ApplicationFilterChain.internalDoFilter(ApplicationFilterChain.java:215)         at org.apache.catalina.core.ApplicationFilterChain.doFilter(ApplicationFilterChain.java:188)     ...   【環境】 RedhatLinux 6.0(64bit) 診断 以下パッケージ不足によるエラー pam-1.1.1-8.el6.i686.rpm audit-libs-2.1-5.el6.i686.rpm cracklib-2.8.16-4.el6.i686.rpm libselinux-2.0.94-5.el6.i686.rpm db4-4.7.25-16.el6.i686.rpm 解決策 不足パッケージのインストールにより改善します。   ※本環境(RedhatLinux 6.0(64bit))では # yum install pam # yum install libpam.so.0
記事全体を表示