キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Redhat/CentOS Ver7.x環境にてOS再起動時Linuxゲートウェイのサービスが起動しない

質問


Redhat/CentOS Ver7.x環境にてOS再起動時Linuxゲートウェイのサービスが起動しない

回答

[現象]
IGKを「/」パーティション以外にインストールした場合、またはRedhat/CentOS Ver7.2で
/etc/init.d/<SERVICE>にてsymlinkが利用されている場合、OS側のバグの影響によりOS再
起動したときにLinuxゲートウェイのサービスを起動することができません。

 

[ワークアラウンド]
"/etc/rc.d/rc.local"ファイルに実行権限を付与し、下記コマンドを追記することで回避
することが可能です。

 

cd /opt/f-secure/fsigk/; make start

 

※上記ファイルパス(/opt/f-secure/fsigk/)はLinuxゲートウェイのインストールディレ
 クトリとなります。デフォルトパス以外にインストールされている場合はパスを置き換
 えて記載願います。

 

[OSのバグ情報]
Bugzilla 1212569
Bugzilla 1285492

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎17-08-2016 11:37 AM
更新者:
 
ラベル(2)