キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Linux ポリシーマネージャ利用時に、fspms が高負荷になる場合があります

質問

Linux ポリシーマネージャ利用時に、ポリシーマネージャサーバのレスポンスが悪く、fspms が高負荷の状態になっていた。

回答

ポリシーマネージャサーバ側で fspms の利用するヒープサイズの設定変更をする事で回避が可能のケースが多々御座います。

 

以下手順でヒープサイズの拡張をお試し下さい。

 (デフォルト設定では最大1GBとなります。)

【手順】

 ①下記ファイルを編集

  /etc/opt/f-secure/fspms/fspms.conf


 ②「additional_java_args=」に値を設定し、保存します。

 (2GBに変更する場合の変更例)

  変更前:additional_java_args=""

  変更後:additional_java_args="-Xmx2048M"

  ※上記設定項目に既に別の設定が記述されている場合、""内にスペース区切りで追記して下さい。

  設定例:additional_java_args="[設定1] [設定2] [設定3]"


 ③fspmsを再起動
  # service fspms restart

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
15/15
最終更新:
‎09-11-2018 01:49 PM
更新者:
 
ラベル(1)