Linux ゲートウェイ 5.20 へのバージョンアップ時に引き継がれない設定について

質問

Linux ゲートウェイバージョン 4 シリーズから 5.20 へのバージョンアップ時に、設定が引き継がれない項目について教えて下さい。

回答

回答

以下設定につきましては、バージョンアップ後にデフォルトの状態に戻ります。

 

■アップデートサーバの設定を変更されている場合

バックアップを取得したfsaua_config-templateファイルより必要な設定を/opt/f-secure/fsigk/fsaua/etc/fsaua_config-template に貼り付けて下さい。

 

■スキャン動作の設定

上記設定に関しては直接編集を推奨しておりません。ご利用の環境の特性で特別な設定がされているような場合、旧設定ファイル

   /install_path/fssp/etc/fssp-template.conf

の該当箇所を、

   /opt/f-secure/fsigk/fssp/etc/fssp-template.conf

に貼り付けて下さい。

 

■カスタム SPAM 設定

アップグレード時にリネームされる以下ファイルが既存のお客様設定となります。

  /opt/f-secure/fsigk/conf/spam/custom.txt.rpmorig

  /opt/f-secure/fsigk/conf/spam/files.txt.rpmorig

上記ファイルの内容をそれぞれ custom.txt と files.txt に貼り付けて下さい。

5.20 のデフォルト設定が必要ない場合は、リネームにて上書き対応して頂けます。

 

■WEBUIへのログインパスワード

アップグレード時に既存のログインパスワードが引き継がれませんので、

デフォルトパスワード(admin)以外の場合には手動によるパスワードの

再設定を実施して頂く必要があります。

 

再設定の方法:

デフォルトのパスワード(admin)でWEBUIへのログイン後に左側にある

「管理パスワード」の項目を選択し、パスワード変更を行って下さい。

 

■ログローテートの設定

既存の設定ファイル

  /etc/logrotate.d/logrotate.virusgw

のローテート設定内容を、新しいテンプレート

  /opt/f-secure/fsigk /misc/logrotate.fsigk

と比較・編集後、新しいテンプレートより /etc/logrotate.d/ に設置して下さい。

ログファイルの上位パスは既存の install_path (デフォルト: /home/virusgw/) から /opt/f-secure/fsigk/ へ変更となります。

 

以下の KB もご参照下さい。

 

Linux ゲートウェイのログのローテーションの注意

 

★変更した設定の反映にはサービスの再起動が必要です。

  # cd /opt/f-secure/fsigk

  # make restart

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
8/8
最終更新:
‎17-08-2016 11:39 AM
更新者:
 
ラベル(3)