Linux ゲートウェイの Bspam サーバへの接続動作と設定

質問

Linux ゲートウェイの Bspam サーバへの接続動作と設定を教えて下さい。

回答

Linux ゲートウェイの Bspam サーバへの接続動作と設定の関連はバージョンにより異なります。

 

Bspam 動作を有効にするには、それぞれのバージョンの設定ファイル (virusgw.ini/fsigk.ini) にて以下が設定されている必要があります。

v4.x, v5.10 は webUI にて以下の設定が変更可能です。

 

v5.00 以前: spam_commtouch=yes と [smtp/pop] spam_check=yes

v5.10      : [smtp/pop] spam_check=yes のみ ※spam_commtouch=yes には未依存

 

いずれのバージョン、いずれの設定の場合も、fsasd (スパムスキャンデーモン) 起動時には、サービス初期化のため 1 分程度の間 Bspam サーバへの接続試行を致します。

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎17-08-2016 10:53 AM
更新者:
 
ラベル(1)