Linux ゲートウェイで Bspam エンジンの動作状態を確認したい

質問

Linux ゲートウェイで Bspam エンジンの動作状態を確認する方法を教えて下さい。

回答

以下コマンドにて確認可能です。

 

# cd インストールディレクトリ/databases/commtouchunix.xxxxxxxxxx

# python fsbspamd-test.py --stats インストールディレクトリ/fsasd-socket

 

※xxxxxxxxxxはタイムスタンプとなります。最新のものにcdして下さい。

 

出力例:

{"format_id":"fsbspamd stats 1.0","pid":31077,"cwd":"/opt/f-secure/fsigk/databases/commtouchunix.1411454529","uptime":814.624,"curr_conn_count":1,"xact_begin":196,"xact_end":195,"spam_count":8,"error_count":0,"avg_scan_duration":2.516,"max_scan_duration":5.041}

 

上記では、1 通の平均スキャン時間が 2.516 秒、最大で 5.041 秒となります。

 

上記出力がされない場合、初回の Bspam 適用後の動作が不完全の可能性があります。

以下コマンドにてサービス再起動後、改めてご確認下さい。

 

# cd インストールディレクトリ

# make restart

 

※数秒間の遅延が生じます。

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎17-08-2016 10:54 AM
更新者:
 
ラベル(1)