キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Linuxポリシーマネージャバージョンアップ後の切り戻し手順について

Linuxポリシーマネージャバージョンアップ後に何らかの問題が生じ、元のバージョンに切り戻す場合は以下作業を実施します。

[注意事項]
※バージョンアップ前に既存バージョンにて下記ファイルをバックアップしてください。
 また、下記ファイルのバックアップはfspmsサービスを停止したうえで実行して下さい。
・/var/opt/f-secure/fspms/data/h2db/fspm.h2.db
・/etc/opt/f-secure
※バージョンアップ後の設定ファイルをバージョンアップ前の環境で利用することはサポート外となります。
※上記手順はポリシーマネージャのみがインストールされた環境を前提とした手順となります。同サーバにLinuxセキュリティもインストールされている場合は、Linuxセキュリティに関しても再インストールいただく必要がございます。手順の詳細についてはサポートまでお問い合わせください。

[バージョンアップ後の切り戻して順]
①現バージョンをアンインストール
 ※アンインストールコマンドについては各バージョンの管理者ガイドをご参照ください。

②下記ディレクトリを手動で削除
 ・/opt/f-secure
 ・/etc/opt/f-secure
 ・/var/opt/f-secure

③切り戻しバージョンをインストール
 ※インストールコマンドについては各バージョンの管理者ガイドをご参照ください。

④fspmsサービスを停止してバックアップしたファイルをリストア

⑤fspmsサービスを起動

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
4/4
最終更新:
金曜日
更新者:
 
ラベル(1)