キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Linuxセキュリティ Ver 11.00 のホットフィックス 1 について

以下の手順で、Linux セキュリティ 11.00 にホットフィックス 1 の適用が可能です。

本ホットフィックス 1 は Java の脆弱性に対するものであり、Java を version 8 update 74 にアップデートします。その他に、セキュリティの改善及び修正も含まれております。

作業の実施前には必ずホットフィクスのリリースノート (英語) もご確認下さい。
※以下、ホットフィックスのダウンロード URL 及びリリースノートとなります。

  ホットフィックスのダウンロード URL:
  https://download.f-secure.com/corpro/ls/current/fsls-11-hf1.tar.gz

  リリースノート (英文) の URL:
  http://download.f-secure.com/corpro/ls/current/fsls-11-hf1-readme.txt

● Linux セキュリティ 11.00(コマンドラインエディション/フルエディション/PSB 版)

   1. パッチをダウンロードし、解凍して下さい。

   2.解凍ディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行します。
  # ./fsls-11-hf1.sh

   3.以下の方法でホットフィックスの適用状況を確認可能です。

  <Linuxセキュリティフルエディション/PSB版の場合>

     適用前:

  ● Javaのバージョン情報
    [root@localhost ~]# /opt/f-secure/fsav/java/bin/java -version
    java version "1.8.0_66"
    Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_66-b17)
    Java HotSpot(TM) Client VM (build 25.66-b17, mixed mode)

  ● 「Anti-Virus CLI Command line client」のバージョン情報
              [root@localhost ~]# fsav --version
              F-Secure Linux Security version 11.00 build 79

             F-Secure Anti-Virus CLI Command line client version:
             F-Secure Anti-Virus CLI version 1.0  build 0060  

  適用後:

  ● Javaのバージョン情報 
    [root@localhost ~]# /opt/f-secure/fsav/java/bin/java -version
    java version "1.8.0_74"
    Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_74-b02)
    Java HotSpot(TM) Client VM (build 25.74-b02, mixed mode)

      ※Java のバージョンが 「1.8.0_74」 と表示されていれば、
             ホットフィックスは正常に適用されています。

  ● 「Anti-Virus CLI Command line client」のバージョン情報  
             [root@localhost ~]# fsav --version
             F-Secure Linux Security version 11.00 build 79

             F-Secure Anti-Virus CLI Command line client version:
             F-Secure Anti-Virus CLI version 1.0  build 0064

          ※バージョン情報が「version 1.0 build 0064」と表示されていれば、
              ホットフィックスは正常に適用されます。  
   
  <Linuxセキュリティコマンドラインエディションの場合>
  
     適用前:

  ● 「Anti-Virus CLI Command line client」のバージョン情報
        [root@localhost ~]# fsav --version
             F-Secure Linux Security version 11.00 build 79

             F-Secure Anti-Virus CLI Command line client version:
             F-Secure Anti-Virus CLI version 1.0  build 0060

  適用後:

  ● 「Anti-Virus CLI Command line client」のバージョン情報
              [root@localhost ~]# fsav --version
              F-Secure Linux Security version 11.00 build 79

              F-Secure Anti-Virus CLI Command line client version:
              F-Secure Anti-Virus CLI version 1.0  build 0064

      ※バージョン情報が「version 1.0 build 0064」と表示されていれば、
          ホットフィックスは正常に適用されます。

※注意事項

    1. 本ホットフィックスの内容は、標準の Oracle 社の提供物と同等です。本ホットフィックスはエフセキュア製品で提供し、エフセキュア製品でのみ使用されているプライベートな Java  のみをアップデートします。システム上の他の Java 環境には影響はありません。


    2. 本ホットフィクス適用に伴い WebUI サービスの再起動が行われますが、システム再起動の追加作業は不要です。普段WebUIを無効にして運用しており本ホットフィックスを適用する場合は、WebUIを一時的に有効にしたうえで本ホットフィックスを適用して下さい。


    3. 本ホットフィックスのJava 8 を利用するためには GNU C ライブラリ (glibc) バージョン 2.4 以降が必要となります。


    4. 本ホットフィックスの適用が失敗しました場合には、変更されたファイルをバックアップからリストアされますので、手動による切り戻し作業を実施する必要はございません。


    5. 本ホットフィックスを適用しますと、新しいコンポーネントを製品内で再構築させるために「/opt/f-secure/fsav/fsav-config」を実行します。これにより、Web ブラウザで受理されるべきリモートWebアクセス用の新しい証明書が作成されます。以前の設定は全て引き継がれます。

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
12/12
最終更新:
‎18-08-2016 03:48 PM
更新者: