Linuxゲートウェイ5.xx へバージョンアップ後の切り戻し手順について

 Linuxゲートウェイ Ver 5.xx からVer5.xx へバージョンアップ後に何らかの問題が生じ、元のバージョンに切り戻す場合は以下作業を実施します。

 

【既存設定のバックアップ】

# cd /opt/f-secure/fsigk

# tar zcvf conf-bak.tgz conf/

# cp conf-bak.tgz <バックアップ先ディレクトリ>

※バージョンアップ実施前に、必ず設定ファイルをバックアップする必要がございます。

※バージョンアップ後の設定ファイルをバージョンアップ前の環境で利用することはサポート外となります。

 

【切り戻し手順】

①.現バージョンをアンインストールします。

デフォルトのインストールディレクトリが「/opt/f-secure/fsigk」です。

# cd <インストールディレクトリ>

# make uninstall

* rpm パッケージでインストールしていた場合、以下のコマンドも実施します。

# rpm -e fsigk

 

②.切り戻しバージョンをインストール

・rpmパッケージを使用して製品をインストールするには

# rpm -Uvh fsigk-XXX.i386.rpm

 

・tar.gzパッケージを使用して製品をインストールするには

# tar -zxvf fsigk-XXX.tar.gz

# cd fsigk-XXX/

# make install

 

③.conf ディレクトリをアップグレードの前にバックアップしたものと差し替えます。

# cd <インストールディレクトリ>

# mv conf conf-orig

# cp <バックアップ先ディレクトリ>/conf-bak.tgz .

# tar zxvf conf-bak.tgz

 

④.サービスの再起動を行います。

# cd <インストールディレクトリ>

# make restart

 

 

※補足情報※

バージョン 4.xx から5.xx へアップグレード後に、元のバージョンへの切り戻し手順については、以下のURLからダウンロードできる「IGKバージョンアップガイド(Ver4.06以降→Ver5.xx)」の「3. Ver4 差し戻し手順」をご参考下さい。

https://community.f-secure.com/t5/エンドポイント-セキュリティ/Linux製品に関するドキュメント/ta-p/84424

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎19-10-2018 11:53 AM
更新者:
 
ラベル(1)