Linuxゲートウェイでの第三者中継防止(受信先ドメイン)の設定について

 例えば、メールを「your_domain1.com」と「your_domain2.com」への送信のみに制限する場合、/opt/f-secure/fsigk/conf/fsigk.iniファイルにあるacl_rcptフィールドで設定を有効にし、smtp_rcptフィールドで設定を適用するドメインを指定します。

/opt/f-secure/fsigk/conf/fsigk.ini
acl_rcpt=yes
smtp_rcpt=your_domain1.com your_domain2.com

上記設定は下記コマンドを実行することによりsmtp_rcpt=の値がhosts.allowファイルに反映されます。
# /opt/f-secure/fsigk/libexec/fsigk-reload.sh

また、受信先ドメインの設定を行なうと、設定したドメイン以外へのメール送信が行なえなくなり、LAN設定にて指定されたネットワーク(ホスト)からのみ他ドメインへのメール送信が許可されます。「192.168.1.xxx」または「192.168.2.xxx」から他のドメイン宛に送信を許可するには、Web管理画面のSMTP>LAN設定から、「LAN設定」を有効にし、「LAN内のホストとネットワーク」にIPアレスを設定して[保存してロード]をクリックし設定を反映させて下さい。

LAN内のホストとネットワーク:192.168.1.0/255.255.255.0
                            192.168.2.0/255.255.255.0

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
8/8
最終更新:
‎18-05-2017 04:28 PM
更新者:
 
ラベル(1)