FSC-2015-2 のセキュリティパッチを当てるには 【Linuxゲートウェイ】

質問

Linux ゲートウェイに FSC-2015-2 のセキュリティパッチを当てる手順を教えて下さい。

回答

製品のバージョン毎に以下の手順でパッチ作業が可能です。
作業の前には必ず各パッチのリリースノート(英語)もご確認下さい。

 
●Linux ゲートウェイ5.xx

1. パッチをダウンロード、解凍して下さい。
2. 解凍ディレクトリに移動し、以下コマンドを実行します。-i  はインストールディレクトリを指定します。
# ./fsigk-5.xx-hf1.sh -i /opt/f-secure/fsigk
※上記はデフォルトインストールパスでご利用の場合のコマンド例です。
3. 以下各ファイルのサイズで、パッチ作業完了の確認が可能です。

パッチ前 (5.20)
-rwxr-xr-x. 1 root root 445236 Nov 10 23:50 /opt/f-secure/fsigk/fsaua/bin/fsaua
-rwxr-xr-x. 1 root root 193752 Nov 10 23:50 /opt/f-secure/fsigk/fsaua/bin/fsauasc
パッチ後
-rwxr-xr-x. 1 root root 387172 Mar 25 09:14 /opt/f-secure/fsigk/fsaua/bin/fsaua
-rwxr-xr-x. 1 root root 174996 Mar 25 09:14 /opt/f-secure/fsigk/fsaua/bin/fsauasc

オリジナルの fsaua および fsauascはカレントディレクトリにfsaua.BAK  および fsauasc.BAK  として保存されます。

 

注意:

本セキュリティパッチ適用に伴うシステムの再起動や、Linux ゲートウェイの各サービスの再起動は不要です。

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
4/4
最終更新:
‎17-08-2016 10:36 AM
更新者: