ポリシーマネージャWindows版ver12.00で発生する「Trying to read data over limit」エラーについて

ポリシーマネージャWindows版ver12.00にて、fspms-webapp-errors.log に「Trying to read data over limit」エラーが大量に出力され続ける場合があります。

出力例:
ERROR [com.fsecure.fspms.hostmodule.HostInterfaceHandler] - Error while handling host request
com.fsecure.fspms.hostmodule.ReadingOverLimitException: Trying to read data over limit

ポリシーマネージャWindows版ver12.00では、アップロードデータの最大値(1MB=1048576バイト)が設定されており、ホストからポリシーマネージャサーバへのステータス情報の送信時にデフォルトの最大値を超えた場合にエラーが発生します。

本事象が発生している場合には、以下のような影響が確認されております。

● ポリシーマネージャコンソール側で一部のステータス情報が正常に表示されない

● ポリシーが反映されているにも関わらず、ポリシーマネージャコンソール側の表示にはポリシーが最新ではない旨の情報が表示されるなど

対処方法としては、下記の手順でホストからのアップデートデータの最大値設定を変更(例えば、10MB=10485760バイト)することで、本事象を解消する事が出来ます。

【手順】
1.レジストリエディタを開きます。
 [スタート]>[ファイル名を指定して実行]をクリックし、regeditと入力し[OK]を押しますとレジストリエディタが開きます。

2."HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE(Wow6432Node)\Data Fellows\F-Secure\Management Server 5まで展開します。

3.additional_java_argsを右クリックから修正を選び、「値のデータ」欄に以下の通りに入力します。("-"マイナスも含めて入力します)

 例:最大値設定=10MBとする場合
 -DmaxUploadedPackageSize=10485760

4.ポリシーマネージャサーバのサービス再起動を実施します。
 [スタート]>[コントロールパネル]>[管理ツール]>[サービス]を開き、一覧より"F-Secure ポリシーマネージャサーバ"を右クリックから再起動を選び、再起動を実施します。

 ※コマンドプロンプトを管理者権限で起動し、以下の順にコマンドを実行する事でもサービス再起動が行えます。

  NET STOP FSMS
  NET START FSMS

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎08-09-2016 10:29 AM
更新者: