ポリシーマネージャーのWEBレポート機能のログファイルの肥大化

現象

ポリシーマネージャーを利用していますが、ログファイルのサイズが大きくなり、ディスク圧迫や定義ファイルの更新負荷等が発生しないか心配です。

診断

WEB レポート機能関連のログファイル(fspmwr.error.log) が極端に大きい場合、同時にオープンできるファイルディスクリプタの数が足りない事が原因で、下記のエラーメッセージが多数出力されている場合があります。

WEB レポートで使用するデフォルトの値は「1024」になっております。

 

<エラーメッセージ>
2010-11-05 18:57:56.955::WARN: EXCEPTION
java.io.IOException: Too many open files

解決策

WEB レポートをご利用いただかない場合は、該当機能を無効にしますと、今回のエラーが出力されなくなります。

 

<WEB レポート機能を無効にする方法>
以下のように「/etc/opt/f-secure/fspms/fspms.conf」の設定ファイルを編集してください。

 

 変更前:  WebReportingEnabled="true"
 変更後:  WebReportingEnabled="false"

 

WEB レポート機能を使用している場合は、「/etc/init.d/fspms」のファイル中に下記「ulimit -n」を追加することで、PMSで扱えるオープンファイルの数を変更することができます。

 

----例----
### END INIT INFO
ulimit -n 50000
# Source function library.
if test -f /etc/rc.d/init.d/functions ; then
------------

 

設定の変更後、変更内容を有効にするために fspms サービスの再起動が必要です。

 

service fspms restart

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
9/9
最終更新:
‎09-11-2018 03:42 PM
更新者:
 
ラベル(1)