キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ポリシーマネージャプロキシ(PMP)でのUIDリセット手順について

 下記手順にて、ポリシーマネージャプロキシのUIDをリセットすることができます。

[Linux版PMPの場合]
①fspmsを停止します。
#/etc/init.d/fspms stop

②h2dbとfspms.jksを削除します。
#rm -rf /var/opt/f-secure/fspms/data/h2db
#rm -rf /var/opt/f-secure/fspms/fspms.jks

③TLS証明書を再作成します。
#./opt/f-secure/fspms/bin/fspmp-enroll-tls-certificate
Enter Policy Manager user to authorize certificate enrollment:
Enter password:
※ポリシーマネージャコンソールからポリシーマネージャサーバへアクセスするときのユーザ、パスワードを入力します。

④fspmsを起動します。
#/etc/init.d/fspms start
 ※新しいh2dbが作成され新しいUIDが付与されます。
 ※PMPをポリシーマネージャの管理下に登録後、ポリシーマネージャコンソール(ステータス-ホストのプロパティ)からUIDを確認することができます。

 

[Windows版PMPの場合]

①fsms(ポリシーマネージプロキシサービス)を停止します。

②以下のディレクトリにアクセスし、h2dbとfspms.jksを手動で削除します。

c:\Program Files (x86)\F-Secure\Management Server 5\data\h2db

c:\Program Files (x86)\F-Secure\Management Server 5\data\fspms.jks

③fspmp-enroll-tls-certificate.batを実行し、TLS証明書を再作成します。

c:\Program Files (x86)\F-Secure\Management Server 5\bin\fspmp-enroll-tls-certificate.bat

Enter Policy Manager user to authorize certificate enrollment:
Enter password:
※ポリシーマネージャコンソールからポリシーマネージャサーバへアクセスするときのユーザ、パスワードを入力します。

④fsmsを起動します。

※新しいh2dbが作成され新しいUIDが付与されます。
※PMPをポリシーマネージャの管理下に登録後、ポリシーマネージャコンソール(ステータス-ホストのプロパティ)からUIDを確認することができます。

 

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎14-11-2018 10:59 AM
更新者: