キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ポリシーマネージャをポリシーマネージャプロキシとして利用する方法

ポリシーマネージャサーバ12.10、12.20は、ポリシーマネージャプロキシとして利用することが可能になります。

 

※ポリシーマネージャサーバ12.30以降は、以下の設定はデフォルト有効となっているため、設定する必要なくポリシーマネージャプロキシとして使用可能です。

 

以下の手順で設定を変更します。

 

1.ポリシーマネージャサーバ側にて、「F-Secureインストールフォルダ\FSAUA.PM\conf」にあるserver.cfgをメモ帳で開きま、「allow_bwserver_to_serve_bwproxy_requests = FALSE」を

「allow_bwserver_to_serve_bwproxy_requests = TRUE」に変更し、上書き保存します。

 

2.F-Secureポリシーマネージャ更新サーバのサービスを再起動します。

 

クライアントを上記のポリシーマネージャ(ポリシーマネージャプロキシ)を通して、

パターンファイルを取得する設定方法は以下となります。

 

1.メインのポリシーマネージャコンソールにログインします。

 

2.設定したいクライアント・グループをドメインツリーから選択します。

 

3.アンチウィルスモードにて、「設定」>「自動更新」を選択します。

 

4.プロキシ項目にて、「追加」ボタンをクリックし、上記の手順に設定されたポリシーマネージャ

(ポリシーマネージャプロキシ)サーバ機のIPアドレスを入力し、「OK」をクリックします。

 

5.ポリシーを配布します。

 

6.クライアント側に反映されましたら、設定画面>その他の設定>ポリシーマネージャプロキシの項目にて、ポリシーマネージャプロキシのアドレスが追加されます。

 

 

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
4/4
最終更新:
‎22-08-2017 10:53 AM
更新者: