キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ソフトウェアアップデータの機能概要

Question

ソフトウェアアップデータの機能概要

Answer

ソフトウェアアップデータは、ご利用のOSやアプリケーションが最新の状態に保てるよう、クライアント端末の未更新

のセキュリティアップデートを検出し、管理ポータルを通して、管理担当者様による集中管理を可能にしたツールです。

 

一般的なご利用手順としては、以下を想定しています。

 

1 弊社プロテクションサービスビジネスワークステーションをインストールください。

 インストール後の初期設定では、未更新のセキュリティアップデートが自動的に検出(スキャン)されますが、

 更新(インストール)は実施されません。

 

2 弊社製品のインストール後、該当のコンピュータが管理ポータルに登録されます。

 管理ポータルにログインし、[プロフィール]タブからプロフィールエディタを起動ください。

 「ソフトウェアアップデータ」を選択し、以下の内容を設定した上で、プロフィールを配布ください。

 

 ・ソフトウェアアップデータの有効/無効

  ※サードパーティ製の資産管理ツール等にて管理される場合は、本設定にて、ソフトウェアアップデータを

   無効にして頂くことができます。

 

 ・自動インストールの設定

  ※初期設定では無効になっており、セキュリティアップデートの検出(スキャン)のみが有効になっています。

   管理ポータルから、セキュリティアップデートの更新(インストール)を実行したい場合は、本設定を有効として

   ください。設定したスケジュールに沿って、自動的に更新(インストール)が実行されます。
  ※「アップデートのインストール時に通知」を選択すると、セキュリティアップデートの更新時に、クライアント側

   に、アップデートを示すメッセージが表示されるようになります。

 

 ・スキャンから特定のアップデートを除外する

  ※初期設定では、Microsoft Security tools が、スキャン対象から除外されています。

   除外対象に、セキュリティに関連しない更新や、サービスパックを追加することができます。

 

3 スキャンが実行され、未更新のセキュリティアップデートが検出された場合、管理ポータルへ結果が送信

  されます。

  スキャン結果は、管理ポータル - [コンピュータ]タブ – [ソフトウェアアップデータ]の項目から確認できます。

 

4 自動インストールの設定が有効な場合は、定められたスケジュールに沿って、自動的にセキュリティアップ

  デートが更新(インストール)されます。

  管理ポータル - [コンピュータ]タブ – [ソフトウェアアップデータ]から、セキュリティアップデートの種類、

  対象のコンピュータを選択し、[Install]をクリックすることで、端末ごとに更新(インストール)処理を実行する

  こともできます。

 

5 コンピュータ名をクリックし、詳細情報のソフトウェアアップデータの項目から、個々の端末の、更新状況が

  確認できます。

  セキュリティアップデートを選択し、[Install] をクリックすることで、個別に更新(インストール)処理を実行する

  こともできます。

 

6 [ソフトウェアのアップデート] タブからは、未更新のセキュリティアップデートごとに、複数のコンピュータに

 一括でインストール処理を実行することができます。

 

参考

 

ソフトウェアアップデータを無効にしたい。

 

ソフトウェアアップデータで、未更新のセキュリティアップデートが検出(スキャン)されました。どう対応すればいいでしょうか。

 

未更新のセキュリティアップデートが検出(スキャン)されるタイミングは、いつですか。

 

管理ポータルから、セキュリティアップデートの検出(スキャン)や、更新(インストール)の処理を実行した場合、結果が管理ポータルに反映されるまで、どれくらい時間がかかりますか。

 

管理ポータルからセキュリティアップデートの更新(インストール)処理を実行しましたが、2時間以上経過しても、重大(クリティカル)な更新や、重要な更新が残ったままです。どう対応すべきでしょうか。

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
12/12
最終更新:
‎05-04-2017 03:49 PM
更新者: