キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

エフセキュア アンチウィルス Linux ゲートウェイにおけるスパムフィルタリング用のリアルタイム ブラックリスト (RBL) の使用について

注意:

この記事は、エフセキュア アンチウィルス Linuxゲートウェイ バージョン 4.xx またはバージョン 5.xx を使用しているお客様が対象となります。
スパムフィルタリング機能を使用しており、リアルタイム ブラックリスト (RBL) を有効にしている場合には、この記事を必ずお読みください。

リアルタイム ブラックリスト(RBL:Real time black list)は、スパムに関連するコンピュータまたはネットワークのアドレスを公開するために使用されています。RBLを有効にしますと、スパムフィルタリング機能はRBLを使用してスパムメッセージを検出するようになります。ソースIPアドレス(SMTPを使用した場合)と受信したヘッダフィールドのIPアドレスがRBLサーバに登録されているメールはスパムとして検出されます。

現在、新規インストールされたアンチウィルスLinuxゲートウェイでは、RBLによるスパム検査オプションはデフォルトでオフになっています。また、RBLのサービスは、デフォルトで「Spamhaus」及び「SpamCop」というサードパーティベンダーを参照するように設定されています。ここで、必要に応じて、ユーザーがこれらのサービスを追加または削除することができます。しかしながら、RBLサーバの使用前に、それぞれの使用条件をお読み頂き、予め同意していただく必要がございます。これは、アンチウィルスLinuxゲートウェイ バージョン5.22 まで使用されている以下のデフォルト・サーバーに対しても同様です。

      sbl-xbl.spamhaus.org:http://www.spamhaus.org/organization/dnsblusage/
      bl.spamcop.net:https://www.spamcop.net/

現在、「Spamhaus」については、無料サービスと商用サービスの2種類を提供しております。お客様は慎重に使用条件を評価し、無料でご利用の対象となるか否かを判断する必要がございます。

「SpamCop」については、基本的に無料で使用できます。

アンチウィルスLinuxゲートウェイの将来のリリースでは、これらのデフォルト・サーバーの情報を製品の設定から削除し、代わりに管理者ガイドに推奨として記載するように変更する予定です。


参考
Using Real-time Blackhole Lists for spam filtering in F-Secure Internet Gatekeeper
https://community.f-secure.com/t5/Business/Using-Real-time-Blackhole-Lists/ta-p/73422

Pricing & Product Info

For product info and pricing please go to the F-Secure product page

バージョン履歴
改訂番号
8/8
最終更新:
‎17-08-2016 11:35 AM
更新者:
 
ラベル(3)