スパムのカスタムフィルタで「一致オプション」の設定が正常に反映されない。

上記不具合によりインターネットゲートキーパー(Linuxゲートウェイ)のWebUIからの設定が正常に反映されません。
ご迷惑おかけして申し訳ございませんが、下記のワークアラウンドによりご対応お願い致します。

 

[影響があるバージョン]

Ver5.20~Ver5.40

 

[手順]
1. 以下の設定ファイルを編集
/opt/f-secure/fsigk/conf/spam/custom.txt

 

2. 一致オプションの設定を以下のように追加して保存
<例:一致オプションを何も選択していない状態>
BLACK from IGNORECASE [email protected]
(※デフォルトの場合は”大文字小文字を区別”をしないようにIGNORECASEのパラメータが入っております)

 

<例:一致オプションにて”先方一致”のみ選択している状態>
BLACK from IGNORECASE,HEADMATCH [email protected]

 

<例:一致オプションにて”先方一致”と”大文字小文字を区別”を選択している状態>
BLACK from HEADMATCH [email protected]

 

※各一致オプションのパラメータ名※
先方一致→HEADMATCH
後方一致→TAILMATCH
大文字小文字を区別→IGNORECASE
不一致→NOT
「AND」および前回のルール→AND
「AND」およびMIMEパートの前回のルール→AND_SAMEPART

 

3. サービス再起動
# cd /opt/f-secure/fsigk/; make restart

 

Sign In or Register to comment.