ディープガードの「高度なモニタリングを有効にする」とは

ディープガードの「高度なモニタリングを有効にする」オプションを有効にすると、不審なプロセスに監視用の DLL を埋め込みます。これによりディープガードの検出率を向上します。

 

残念ながら、プログラムによっては、この DLL によって問題が発生するものがあります。 このため、ディープガードの「高度なモニタリングを有効にする」オプションを設定した環境で、ソフトウェアや PC に問題がある場合には、このオプションを無効にして様子を見てください。

Sign In or Register to comment.