ポリシーマネージャで使用している Java のヒープサイズの変更について

現象

ポリシーマネージャで動作が重い、またはポリシーマネージャが反応しないときがある。

診断

<F-Secureのインストールフォルダ>\Management Server 5\logs\fspms-webapp-error.log

   java.lang.OutOfMemoryError: Java heap

というエラーが出ている場合があります。

Java のヒープサイズが不足しています。

解決策

デフォルトでの Java ヒープサイズは 512 MB になっています。

これを 1024 MB にしてみてください。

 

[変更方法]

1. 以下のレジストリキーを開く

 

32bitOS

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Data Fellows\F-Secure\Management Server 5]

 

64bitOS

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Data Fellows\F-Secure\Management Server 5]

 

2. レジストリ java_args  を以下のように変更する

 

    -Xms64M -Xmx1024M

    (書式は Java の仕様に準じていますので、詳しくは Java の仕様も参照してください)

 

3. Windows のサービスから、"F-Secure ポリシーマネージャサーバ" を再起動する

 

[変更された値の確認方法]

<F-Secureのインストールフォルダ>\Management Server 5\logs\fspms-service.log

に以下のようにログが残ります。

 

<日付>    [INFO]    jetty startCommand = "C:\Program Files (x86)\F-Secure\Management Server 5\jre\bin\java.exe" <途中省略> -Xms64M -Xmx1024M <以下略>

 

 

 

Sign In or Register to comment.