Linux ゲートウェイの FTP プロキシで、パッシブモードがうまく動作しない

質問

Linux ゲートウェイの FTP プロキシで、パッシブモード (PASV) で利用しようとすると、ログインはできるが、その後のコマンドが動作しない。

回答

一般的に、FTP は 21 番ポートを制御ポートとして利用、20 番ポートをデータ転送ポートとします。

パッシブモードの場合、クライアントからの PASV 要求を受け、FTP サーバとクライアントが 20 番のデータ転送ポートに換わるデータ転送ポートを定めます。

Linux ゲートウェイはポート番号決定をモニタし、該当ポートの転送データをスキャン致しまして、両者間で定めたポート番号の制御等を行う機能は御座いません。

 

パッシブモードで FTP 接続は可能だが、その後の ls コマンド等がタイムアウトするような場合、該当マシン、または経路上の FW の設定により該当ポートが塞がれている可能性が高いです。

Sign In or Register to comment.