Linux Security 64 (LS64) インストール時のGUI環境について

LS64のインストール/運用の際、PolicyManagerのインストール/GUI操作が必須となっております。

PolicyManagerはGUIを利用したソフトウェアである為、CUI環境のLinuxにインストールを行った場合、PolicyManagerの操作ができません。その場合、PolicyManagerコンソールを別のGUI環境OSのにインストールする事ができます。

※WindowクライアントOSでも、PolicyManagerコンソールはインストール可能です。

 

PolicyManagerコンソールのみのインストールは、PolicyManagerのインストーラから行えます。

https://www.f-secure.com/jp-ja/business/support-and-downloads

 

 

PMConsole.PNG

※「ポリシーマネージャコンソール」のみにチェックを入れてください。

 

 

 

Option.PNG

インストールの完了後、ポリシーマネージャコンソールを起動し、「編集」から、ポリシーマネージャサーバをインストールしたサーバのアドレスとポート番号を入力し、ログインを行ってください。

 

 

 

なお、ポリシーマネージャコンソールとポリシーマネージャサーバは、標準でTCPポート8080の通信を行います。ファイヤーウォール等で通信がブロックされていない事をご確認ください。

Sign In or Register to comment.