Linux Security 64(LS64)のインストール時のエラー/注意事項

This discussion has a more recent version.

Linux Security 64(LS64))のインストール時PolicyManager(PM)からのダウンロードが発生します。そのため、インターネットに接続していない環境でPMを利用する場合は、PMを新規インストール後に隔離モードに設定し、パターンファイルデータベースのアップデート完了後にLS64のインストールを実行してください。
(インストール直後のPMにはLS64のインストールに必要なファイルを持ち合わせていない為)
また、PMを通常モードで利用する場合も、PMが正常にインターネット接続できていないとLS64は下記ログを出力し、インストールが完了しません。

2019-07-01 18:07:14 fsguts2.c:2329[7] unable to fetch header information, error 115 (operation in progress)
2019-07-01 18:07:14 fsguts2.c:2033[7] unable to fetch the header information for channel 'linuxsecurity-1200-linux-x86_64' version 1561635139, error 115 (operation in progress)


 

更に、LS64のインストールはHTTP Proxyに対応していません。そのため、インストール時のHTTP ProxyがPMとの間に存在している場合、インストール時の必要コンポーネントの取得に失敗します。PMへの直接接続を許可した状態でのインストール/運用をお願いいたします。当記事の記載内容は、2020年2月6日時点での制限事項となります。

 

---------------

スタンドアロンインストール機能により、PMが存在しない環境においても、LS64のインストールが可能となりました。ただし、HTTPプロキシには対応しておりませんので、後述の更新サービスに必要なURL/プロトコルについての直接インターネット接続を許可してください。

https://community.f-secure.com/t5/共通トピック/Linux-Security-64-LS64/ta-p/121642

(2020年2月21日時点)

---------------

 

インターネット接続に必要なURL/プロトコルについては下記ナレッジベースをご参照ください。
https://community.f-secure.com/t5/ビジネスセキュリティ/F-Secure-更新サービスの-URL-アドレス/ta-p/107575

Sign In or Register to comment.