F-Secure SENSE 使用時の Web サイト アクセスに関する問題

F-Secure SENSE を設定すると、ブラウザ保護機能により、F-Secure Security Cloud で安全でないと分類された URL にユーザやデバイスがアクセスすることを阻止できます。

以下は、一般的なユーザの表示動作です。
  • 暗号化されていないプロトコル (HTTP など) で Web サイトにアクセスしようとすると、SENSE がブロック ページを表示します。
  • TLS (HTTPS リンク) を使用して接続要求が行われた場合、SENSE はブロック ページにリダイレクトできません。ただし、アドレスはブロックされ、Web サイトにアクセスできないと表示されます。

上記の場合、ユーザは SENSE アプリのイベント リストにイベント (アドレスがブロックされている) が表示されます。また、SENSE アプリのホーム画面が黄色に変わります。ユーザがブロック イベントを表示すると、ホーム画面が青色に戻ります。

SENSE アプリのホワイトリスト登録機能は開発中で、準備ができた時点でアップデートとして提供されます。

Web サイトが誤って分類されていると思われる場合、F-Secure に報告することができ、当社のアナリストが分類の問題を確認し、必要に応じて修正します。

Sign In or Register to comment.